人間バンザイ!

2017年05月14日

50代から考える、老いのこと、仕事のこと、死ぬこと、etc.

私より人生の先輩方からは「まだ若いのに」と言われそうですが、この頃、老いのこと、仕事のこと、死ぬことなどについて考えることが多くなりました。
それにはこんな背景があります。
私は昨年の5月に現住地に引っ越してきてちょうど1年が経ちますが、以前住んでいた地と比べるとある点において大きな違いがあり、それは外で見かける住民の世代層がかなり違うことです。
現住地ではとにかく老人をよく見かけるのです。
まるで高齢者の割合が多い明日の日本社会の姿を見ている感じです。
そして、私がこの地にやって来て常連になった居酒屋は、未亡人の女将さんをはじめ常連のお客さんの多くが60代以上で、お店で飛び交う話題には、病気、健康、老後の生活、年金、収入、死のことなどがよく出てきます。
こういう環境に身を置いていると、自然に自分自身の老いのこと、仕事のこと、死ぬことなどを考えるようになったのです。

このお店にやってくる人はそれぞれいろんな境遇にあって、話を聞いているだけでも自分の今後の人生の参考になります。
先日、こんな話を聞きました。
常連さんの一人が今年大手電機メーカーで定年を迎えるらしいのですが、会社に再雇用制度があるものの、本人は長年の勤め人人生に疲れたらしく定年で辞めようと考えていると女将さんや他の常連さんに話したらしいのです。
それを聞いた女将さんや常連さんたちは、口々に「継続して勤めることができるなら勤められるだけ勤めたほうがいい。何か思い入れの強いやりたいことがあるなら別だけど、今のご時世において60代での再就職なんてなかなかできないし、それに長い老後の人生を考えると生活費的に有利になる選択をしたほうが賢明だよ」とアドバイスしたと聞きました。
続きを読む

yoron at 16:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年04月09日

私が一人飲みにはまった理由、それはこんな・・・

df734bb4.jpg
(一人で飲みながら何を思う)
私は40代になってから酒場での一人飲み(一人だけでお店に入って飲むスタイル)を覚え、以来今日まで多くの場合一人飲みをしています。
一人飲みを始めた当初はいろんなお店を経験したくてあちこちのお店をハシゴしたりして飲み歩いていましたが、現在は金銭的貧乏という事情、またそういう飲み歩きに飽きたこともあって特定のお店だけで時々飲むという感じになりました。
一人飲みといっても、私の場合はお店には一人で入るのですが、お店の中では店主、常連さんや初めてお会いした他のお客さんと会話することも多く、そういう点では一人で寡黙に飲んでいるわけではないんです。

で、私が何でこういう飲み方にはまっているかというと、年をとって中年の域に達してから自分の境遇についていろいろ考えるようになり、利害関係のない他人の身の上話などに耳を傾けながらそれらを自分の今後の生き方の参考にしたいという思いが強くなり、それには一人飲みが一番いいスタイルだからなんです。
友人・知人や職場の同僚と飲みに行くとその人たちとだけしか話せないし、場合によっては仕事絡みの愚痴っぽい話題ばかりになって発展性がないからです。
会社勤めの人で職場関係者とよく飲みに行く人ならわかると思いますが、飲みながらの話題はだいたい仕事絡みのことかお互いの関心事ネタが多いですよね。
その点、一人飲みで酒場でしか会わない人との会話ではなかなか聞けない話題に出会えたりするものです。
続きを読む

yoron at 10:36|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年04月02日

日々思うことはあれど、時間だけは淡々と過ぎていく

農道一本道
(50代、いろいろ思うことあり)
これまでの仕事人人生を振り返ってみると、進路的には自分の中ではわりと進みたい方向へ進んできた人生だったのかなと思います。
50歳あたりまではそんな感じで進んできて、50代になってからは、「さて、人生も折り返しを過ぎて後半(下り坂)になり、今後はどういう人生を送っていこうか」という思いを抱きながら、その思いに添う新しい仕事に就いて残り人生を過ごそうとしている感じです。
一旦、それまでの仕事人人生をリセットしたといったところでしょうか。
で、選んだのが飲食に関わる仕事。
健康意識が高まったので食生活に興味を持ち、食に関する勉強をしているうちに、食べるだけでなく作るほうにも興味を持つようになり、そこから飲食の仕事を選んだという流れです。

私の知り合いの中にも同世代(50代)で新しい道に進もうとしてる(進んでいる)人がそこそこいます。
定年を待たずに勤務先を辞め、これまでの仕事人人生で培ったノウハウ・スキルを生かして独立自営の道を選んだ人もいます。
私の場合、幸いなことに、年老いた両親の面倒は実家にいる姉が見てくれているのでそういう面での負担はなく、加えて独身で扶養家族がいないので気ままに好きな生き方ができています。
自分自身が年老いて病気になったり身動きできなくなることへの不安がないわけではりませんが、今のところは元気だし自分のことは自分でどうにかできているので、まぁ、幸せなんだと思います。
とはいえ、今後の生き方に明確な道筋が見えているわけではないので、今は毎日いろんなことを思いながら過ごしています。
日々思うことはあれど、時間だけは淡々と過ぎていく今日この頃です。
同世代の皆さん、今どんなことを思いながら過ごしていますか?

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログ<br>
<br><br clear=
yoron at 09:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年02月20日

気持ちを切り替える工夫は大事、それは自分にしかできない

2009洗濯船お花見(新宿御苑)3(桜の花)
(ほら、春はもう目の前に)
この数ヶ月、毎日「寒いなぁ」と思いながら過ごしていましたが、この頃、外を歩いていると春の訪れが近いことを感じさせる光景をよく目にするようになりました。
春、生命の芽吹きの季節、涼しくて気持ちよく過ごせる季節、卒業式やら入学式やら入社式やら新年度のスタートやら何かとけじめのイベントの多い季節。
個人的には四季の中で一番好きな季節です。
このタイミングで環境変化があったり、何かを始める人も多いかもしれませんね。

実は私自身、環境に変化が出てきそうです。
昨年から今年にかけて振り返ってみると、昨年3月に勤務先を辞めてその後半年間の無職生活をしました。
この間に新居に引っ越して、新しい人生を切り拓いていくための準備をしました。
そして、9月頃から仕事探しを始め、ちょっとした縁のおかげで10月から新しい仕事に就きました。
ただ、この仕事は仕事量に波があり、今年に入ってから急激に仕事量が減ったためさすがに収入面で支障をきたし、やむをえず今月に入ってから新しい仕事を探し始めました。
その結果、何とか次の仕事が見つかったので、やっと毎週仕事ができる環境に身を置くことができそうです。
私が好きな季節の到来前というタイミングで、何となく幸先の良さを感じています。

それはそうと、自分を活性化させモチベーションを上げるために、気持ちを切り替える工夫は大事です。
こればっかりは他人にはなかなかできないので、自分自身でやる必要があります。
仕事上でいろんな切り替えがあったにしても(例えば年度変わりとか、組織改正・人事異動とか)、働く側にしてみると、いつも通り職場に出勤して就業時間内は仕事して、仕事が終わったら帰るだけというサイクルは同じでしょうから、例えば、心機一転で頑張ろうと思ったら、自分なりに何か工夫をする必要があります。
それは仕事でなくても遊びでもいいんです。
花見の時期は仲間たちと大いに花見の宴を楽しもうとか(私はかつて花見イベントを掛け持ちして何回も楽しんだことがあります)、自己啓発のために何かやろうとか。
さぁ、春到来のタイミングであなたも気持ちを切り替えてみませんか?

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログ<br><br clear=
yoron at 08:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年01月28日

人生は選択と決断の連続、それによって得られたものに満足できる部分があればそれでいいと思う

IMGP4516
(人生は選択と決断の連続)
私は現在52歳、独身(結婚歴なし)、一人暮らし、ついでに言うと、仕事はパートタイムの非正規社員でわずかな収入による貧乏暮らし。
これまで多くの人から「なぜ結婚しないのですか?」とか「結婚したいと思ったことはないのですか?」と度々聞かれてきましたが、率直に言って結婚したいと思ったことは何度もあり、結婚したいと思った相手もいましたが(片思いが多かったけど)、恥ずかしがり屋で行動力もなかったのでその機会を逃し続けてきたのかもしれません。
ただ、今になってみると、結婚していなくてよかったと思うことも多々あります。
結婚していないから自由に恋愛ができるし、パートナーや家族によって行動が制限されることもありません。
自分が稼いだお金は自分だけで使い道を決められるし、いつ何時どう使おうが自分勝手にできます。

仕事は、若い頃は安定性、確実性を求めて大企業を選びましたが、年とともに次第に人生一度きりなのだから自分のやりたいことをやりたいという思いが強くなり、安定性、確実性を捨ててまで自分の内なる思いを実現する生き方を選択しました。
これは先程の結婚の話とも大きく関係があると思いますが、生活面で厳しくなる環境に身を置くことができているのは、家族がいない身軽さもあるからでしょう。
現在は金銭的には貧乏暮らしながらも、自分の思いのまま人生を送れているという充実感があり、精神面では満足できる部分があるような気がします。

結局のところ、人生は選択と決断の連続であり、それによって得られたものに満足できる部分があればそれでいいのではないかと思います。
ないものねだりばかりしていたら常に不満足状態でいなければならないし、そんな人生はつまらないですよね。
自分の人生は他人のものじゃなく自分だけのものなんだし、どの道を選択するかを決めるのは自分だし、その道で何かあった時どうするか決断するのも自分、その主体性が自分にあれば、きっと何かを得られるはずだし、その得られたものに満足できる部分があると思うわけです。
あなたは、これまでの人生を振り返った時、自分がした選択と決断によって何かを得ているという思いはありますか?
そして、その得たものによって満足できている部分はありますか?

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログ<br>
<br><br clear=
yoron at 09:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年12月30日

年の瀬に、人生の波について考えてみた

農道一本道
(人生に波ってあるよね?)
今年の10月下旬から勤め出した飲食店の仕事は、昨日が仕事納めで今日から新年の3日まで年末年始の休暇に入りました。
今年は3月に勤めていた和食店を退職し、5月に新居に引っ越し、半年間の無職期間を経て再度仕事に就くという何かと環境変化の多かった1年でした。
今の仕事はやっと2ヶ月経ったところでまだ新人状態から抜け出せていませんが、まったく未経験の飲食業の仕事に就いて3年目でやっと希望に近い仕事が経験できている気がします。
最初の1年目は、とにかく飲食業というものを経験してみることに主眼を置き、2年目は基本の基本を学ぶことに主眼を置き、3年目の現在は料理やドリンクを作る、接客を学ぶということに主眼を置いています。
『石の上にも三年』なんてよく言いますが、最初は仕事がきつい上に給料も安く、人間関係もいいとは言えない環境だったので私にはこの仕事は向いていないのではと少し悩んだ時期もありましたが、今はやっと仕事の面白さに気付きやりがいを感じているところです。

仕事人としてはこんな現状ですが、これまでの人生を振り返ってみると、いろんな波がある(あった)ような気がします。
きっと、人生の波は誰にでもあるんでしょうね。
20代から30代にかけては、自分の存在感を高めるために何かをガムシャラにやっていました。
仕事に多大な時間を割いていたこともあるし、趣味のネット活動に熱中していたこともあります。
人脈拡大こそが仕事人には有益とばかりに社外のいろんな会合に参加しては名刺交換をして知り合いを増やした時期もありました。
何かに対し積極的になろうとしていたのが若い頃の私でした。
しかし、40代になってからは、やや自分の限界に気付くようになり、自分らしい生き方をしたいと思うようになりました。
そこからは仕事観も変わるようになり、自分がやりたい仕事は何だろうか、その仕事に就くにはどうしたらいいのだろうかと考えるようになりました。
そして、40代の後半からは自分の考えを実行に移す段階になり、50歳目前で調理専門学校に入学し、それを機にそれまでとはまったく違う仕事に就きました。

また、人脈拡大のために知り合いを増やしていくことに疑問を持ち、最近は、仕事など普段の行動の中で出会う人以外に出会いをわざわざ求めるというスタイルをやめました。
ここ数年の経験を通してわかったことは、人間、何かに関心を持って生きているとその方向で自然にいろんな出会いがあるということです。
新しい仕事に就けば自ずと新しい人間関係ができるし、新しい趣味を持てばその延長で同じ仲間に出会えます。
無理していろんな会合に参加して知り合いを増やしても名刺交換だけで終わっている関係があることを考えれば、自然の流れの中での出会いのほうが長続きもするし有益なんですよね。
他にも50代になって変わったことは、40代まで飲みまくっていたお酒をかなり減らし、今はたまに自宅で軽く飲むか、付き合いで飲むぐらい、というふうに飲酒スタイルが変わったことでしょうか。
今の生活スタイルは、自分らしい生き方を追い求めながら、精神的に落ち着きマイペースで過ごすという感じですかね。
あなたは、この年の瀬にこれまでの人生を振り返りながら何か思うことはありますか?

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログ<br><br clear=
yoron at 10:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年11月20日

他人の視線を気にしながら生きるなんてバカバカしい、自分の価値観で生きれば気分は楽だ

私が住んでいる東京都北区という街は、一説によれば独自の価値観を持つ人が多く住んでいる街なんだとか。
そんなことを知らずこの街に引っ越してきたのが今年の5月で居住歴はかれこれ半年になりますが、この説を聞いて何だか嬉しくなりました。
なぜなら、今の私にはピッタリだからです。
男52歳、独身、一人暮らし、転職を繰り返し、低収入の仕事で貯金も少なく貧乏生活、他人から見たらやや哀れな生き方に見えるかもしれませんが、本人はささやかな幸せを感じながら日々生きています。
かつては何かにつけ他人の視線が気になったものですが、最近はほとんど気にならなくなりました。
学生時代の友人の多くは、結婚し、子供の親になっている人も多く、仕事も安定し、一見人並の生活をしています。
そんな友人の中には、私にこんなことを言う人もいます。
「お前も結婚しろよ」、「安定した仕事のほうが将来のためには賢明だぞ」と。
若い頃なら私もこの考え方を受け入れ、そういう方向で人生を歩みたいと望んだかもしれません。
しかし、今はそんなのはどうでもいいじゃん!って感じです。

そもそも、私の知る限りにおいても、結婚したけど離婚したり、結婚生活も長くなるにつれくたびれてしまっている人がいたり、夫婦仲がうまくいかず不倫に走ったり、子供のことで気苦労が絶えないとボヤく人がいたり、勤務先で活躍できず悶々として日々を送っていたり、安定していたはずの勤務先をリストラされてしまった人がいたり、会うと仕事上の不平不満ばかり口にする人がいたり、自分より立場の弱い人を見下す態度をとる寂しい大人になっている人がいたり、、、どう見ても、幸せな生き方をしているようには見えないような人たちもいます。
想像ですけど、そういう人たちは、人並の生活をする、あわよくばそれ以上の生活をする、というのを目の前の目標にして生きてきたのかもしれません。
そして、その先にあったのがそういった人生であったなら、もしかしたら後悔の念もあるのかもしれません。
たまに私にこんなことを言う人もいます。
「私もお前のような生き方がしたいよ、やりたい仕事をやってさ、独身で自由気ままな生活をしてさ」と。
冗談半分で何気なく言った言葉だったにしても、少し本音の部分もありそうな気がします。

今はどうか知りませんが、かつて、日本企業は村社会だと言われたことがあります。
村社会なので村の掟があって、村の慣習があって、それに従うことがよしとされ、少しでもはみ出たことをすると村八分の目に遭い、そんな窮屈な世界が日本企業だったわけです。
一方で、それに慣れるとお互い似たような価値観なのでやりやすいことも多いし、そこを飛び出さないかぎりは生活もそこそこ安定したのです。
そういう場に息苦しさを感じて飛び出した人間は、その後、うまくいく人もいれば、私のように不安定な生き方をする人もいます。
ただ、飛び出すような人間はどこかで他人の視線を気にしながら生きるなんてバカバカしいと思っているので、自分の価値観を大事にしています。
自分がそういう人間だから、他人がどう生きようがそれは他人が決めることだと考えており、だから他人の生き方についてはとやかく言いません。
逆に、見ていると、他人の言動を気にする人ほど、自分の生き方には何の関係もないはずの他人の生き方にまであれこれ口をはさんでいるような気がします。
まっ、何であれ、自分の価値観で生きれば気分は楽なんだなとつくづく思う今日この頃です。

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログ<br><br clear=
yoron at 08:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年10月31日

他人を見る時は、人の魅力はそれぞれ、人は変わるもの、と念頭に置くべし

例は悪いのですが、目の前のカップルを見てこう思ったことはないでしょうか。
「なんでこんなにいい男なのにこんな女を選んだのだろう」、「なんでこんなにいい女なのにこんな男を選んだのだろう」、「なんでこんなに若いのにあんな年上の人を選んだのだろう」、「なんでこんなに年食っているのにあんな若い人をひきつけられたのだろう」と。
当人たちにとってみれば余計なお世話なのでしょうが、他人の見方は往々にしてそういうものです。
そこには好奇心とか嫉妬とかそういったのが含まれています。
当人たちの関係にフォーカスすると、人は誰かに魅力を感じる時、自分の価値観とかその時の心境を大事にします。
これは自分の人生を振り返ってみるとよくわかると思います。
自分が何かを成し遂げたいと強く思っている時に、その気持ちを理解してくれ大いに協力してくれる人がいたら、その人に感謝の念を抱き、異性であればひかれていくことでしょう。
また、何かで挫折し傷心状態にある時に優しくしてくれる人がいたら同様にひかれるでしょう。

私の知り合いの若い女性に、誰かと一緒にお酒を飲む時、特に異性と飲む時は、かなり年長の男性相手のほうが楽しく、美味しく飲めるという人がいます。
彼女に言わせると、同世代の若い男性は言動が子供っぽくて嫌なんだとか。
その点、年上の男性は包み込む包容力があって、さりげない気の遣い方ができたり、話題の展開力があったりして魅力的なんだとか。
そう感じる若い女性が現にいることを考えれば、若い女性と年輩の男性のカップルができるのは不思議ではありませんね。
『蓼食う虫も好き好き』ということわざもありますが、誰かが誰かに魅力を感じる時、そこには人それぞれの感じ方があるのでしょう。
だから、他人がとやかく言うことではないのかもしれません。
続きを読む

yoron at 10:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年09月09日

贅沢なる貧乏生活?

IMG_7771
(シンプルだが満足)
私は現在無職、今年の3月に前職を辞めて以来この生活も半年目に突入。
そろそろ新しい収入源を見つけないと生活費面が苦しいなと思いつつも、そう簡単に見つけられないことは重々承知しており、焦ってもしかたがないのでマイペースでたんたんと日々を過ごしているといった状況です。
時々、「まだ仕事しないの?」と聞かれることがありますが、こんな質問は愚というものです。
なぜならば、仕事が決まれば当然仕事をするわけで、決まっていないから仕事をしていないのであって、極めて当たり前のことなのでありますから。

ところで、収入がなければ支出を抑えることが重要であることは自明です。
大金持ちでなければ、ちまちまと節約に励むしかありません。
私も今はそんな生活を続けているのですが、もしかしたら、「貧乏で大変そうだなぁ、気の毒だなぁ」などと同情する人もいるかもしれません。
しかし、人がどこで幸福を感じるかなんてことは他人にはわかりづらいもの。
例えば、私は、どこかに出掛けると出費することが多いので用事がないかぎりは自宅にひきこもっているのですが、そんな日常にあって、ネットしたり、自炊で自分の食事を作るのをとても楽しみにしています。
特に、料理については、安い食材を買ってそれをいかに美味しく調理するかを考えながら工夫するのがとても楽しいんです。

いずれまた仕事の現場に復帰するとは思いますが、今は仕事のプレッシャーもないし、対人関係でのストレスもないし、長時間労働での時間拘束もないし、ある意味もっとものびのびとできていて自分らしさを発揮できているような気がします。
考えてみれば、これって私自身にとって最高の贅沢な時間の過ごし方ではないかと思うのです。
ということで、今の生活を“贅沢なる貧乏生活”と呼ぶことにしました。

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログ<br><br clear=
yoron at 14:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年08月16日

我が身を“その状況”に置くことでわかる自分の思考と行動

今年の3月に仕事を辞め、以来無職無収入の身になって5ヶ月目。
そんなに蓄えがあるわけでもないので金銭的な余裕はそれほどないのではありますが、かといって飢えで今日明日にでも餓死しかねないほどの極限状態に置かれているわけでもないので、もうしばらくしてから職探しをして仕事にありつき、再び収入を得て生計を立てるようにしたいと考えながら日々を過ごしている今日この頃。
こういう生活スタイルは過去に何度か経験しているので、まぁ、ある意味慣れたものです。

金銭的に余裕がそれほどない状態で無職無収入の身になると、最大の関心事で最優先することは何かといえば、極力お金を使わないようにすること。
だから、前職を辞めた時にまず手始めに私が取り組んだのは、引っ越しをして家賃を下げること、固定費でかかっていた諸々の契約の解除やその費用の削減(生命保険の解約、ネットサービスの解約、通信費の契約プランの見直し等)、等でした。
その次に取り組んだのが、外食費の削減(自炊の増加)や買い物の抑制。
特に買い物については、会社勤め時代に比べ、同じ物ならなるべく安い物を買うという傾向が強くなりました。
続きを読む

yoron at 15:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック