元気&感動話

2018年02月22日

将来南の島へ移住を考えている方は、私の郷里「ヨロン島」も候補にいかが?

皆田離れにいる観光客
(2018年冬、他所からヨロン島にやって来た人が島の海の風景に魅了され立ち尽くす)
総務省が21日に公表した「田園回帰」に関する調査結果によれば、過疎地域の人口の少ない地域ほど、移住者が増えている実態が明らかになったそうです。
この背景を、「都市の住民は“より本物の”田舎を求めて農村へ向かう。また、都市から離れた地域ほど独自の魅力や資源を打ち出し、都市住民を魅了する」と分析する専門家もいるようです。
離島も含まれているようなので、私の郷里「ヨロン島」(鹿児島県最南端の島、沖縄本島のすぐそば)も調査対象になっていたんでしょうかね。

地元出身者としては郷里ヨロン島への移住者が増えるのは大歓迎です。
この2月に10日間ほど所用で里帰りしてきましたが、改めていい島だなぁとつくづく思いました。
以前から自分の郷里に対する思いをブログに書き綴っています。
ブログ『我が魂の島ヨロン島

都会はいろんなことをするのに可能性がたくさん見出せる場所かもしれません。
お金があれば手に入れたいものがどんどん手に入れられて楽しい場所かもしれません。
でも、それは自分の魂も同じなのでしょうか。
魂は安らげる場所を求めているかもしれません。
仕事から帰ってきて唯一くつろげる場所が自宅だとしたら、魂はもっと広い場所を求めているかもしれません。
これからはそんな地で自分らしく生きていきたい、そんな地にめぐり会えたらそこを終の棲家としたい、以前から憧れていた南の島へ移住してあたたかい太陽の陽射しを浴びながら健康的な暮らしをしたい、そんな思いをお持ちの方は、私の郷里「ヨロン島」も移住先の候補として検討してみてはいかがですか?

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログ<br><br clear=
yoron at 10:51|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年02月17日

春間近、まずやり始めたことは部屋・持ち物の整理整頓、特に不要物の処分

IMG_1454
(既に咲き始めていた郷里ヨロン島の桜)
さる2月4日から2月12日まで帰省していた郷里ヨロン島(鹿児島県最南端の島、沖縄本島のすぐ近く)では一部ではありますが既に桜の花が開花していました。
南の島には本州より一足早く春が訪れた感がありましたが、私が現在住んでいる東京でも気候がだんだんあたたかくなってきたことが肌で感じられるようになり、春はもうそこまで来ているんだなと嬉しく思っています。
春は四季の中で私がもっとも好きな季節です。
いろんな生命の芽吹きを感じ、私自身も何かやりたくてむずむずしてきます。

暦の上での春の到来を控え、まずやり始めたことは、部屋・持ち物の整理整頓、特に不要物の処分です。
若い頃は欲しいものがたくさんあったのでいろんな物を買って部屋を埋め尽くしていましたが、50代になってからは終活も意識しつつ物をあまり持たない生活を心掛けるようになりました。
帰省先から帰ってきた直後に不要物をゴミ袋に詰め出したら、衣服、本、靴、その他諸々でゴミ袋6袋分にもなりました。

以前にもだいぶ捨てたのですが、考え方次第でまだまだ捨てられる物はありそうです。
物に占拠されていない部屋は見る人によっては生活感を感じさせない殺風景なものに映るかもしれませんが、所有欲のない私のような人にとっては逆にスッキリしていてシンプルで快適な感じではないかと思います。
2月も中旬が過ぎもうすぐ3月、さて、あなたは何を始めますか?

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログ<br><br clear=
yoron at 10:05|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年03月18日

次の人生展開を妄想しながら退職する(退職を決意する)のは気持ちがいいね!

現在働いている割烹料理店を今月いっぱいで辞めることにしました。
勤務年数は約1年。
今のお店に転職する前は大手企業の社員食堂で同様に約1年勤務していたので、飲食の仕事の経験は通算2年ほどになります。
飲食の仕事に就いてまだ2年しか経っていないのではありますが、個人的には多くのことが学べ、いろんな技術を習得できたように思います。

飲食業界に飛び込む前は飲食店は客として利用する立場でしたが、逆の立場で客にサービスを提供する側になってみるとこれはこれで面白いなぁとつくづく感じています。
楽しい時間、空間をお客さんに提供して喜んでもらい、満足してもらい、お客さんの笑顔を見ながら、お客さんに「ありがとう」と言ってもらえるサービス提供者側の充実感、本当に素晴らしい仕事だと思います。
もちろん仕事だから大変なことは多々ありますが、それを乗り越えていけるのは、自分がその仕事を通してどう成長していきたいか常に考えているからでしょうね。

私はこれまで6回転職しいろんな業界でいろんな仕事を経験してきましたが、転職したことについて後悔したことはありません。
むしろ、その経験がすべて自分の血となり肉となって自分の人間性の幅を広げてくれたように思います。
次の人生展開を妄想しながら退職する(退職を決意する)のは気持ちがいいもんだぁ、としみじみ思う出勤前のひととき。
退職日が近づいてくるにつれ、毎回同じ気持ちになる私です。
退職・転職を経験された皆さん、この気持ちわかります?

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログ<br><br clear=
yoron at 07:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年12月31日

すぐ諦めないことが大事だということを改めて学んだこの数日間

私が自宅で使っているPCは5年ほど前に買ったものですが、かなり使い込んだこともあって最近よくいろんな不具合が生じていました。
そろそろ買い替え時かなと思いつつも、まだ使えるのであればもう少し使い続けようと思っていました。
そんな折、先週あたりから重症の症状が出るようになったので、一旦フォーマットしてOS等を最初からインストールすることにしました。
ところが、このインストール作業が途中で止まってしまうという症状が出て、ほとほと困ってしまったのです。
丸二日同じ作業を繰り返し、その度に途中で止まってしまうので、さすがに気が滅入り、やっぱり新しいPCを買おうという考えに傾きかけていました。

そして、ダメもとでもう一回チャレンジしてみようと思い、その前にもう一度インストール時の注意事項を丹念に読んでおこうとマニュアルに目を通したら、何と一つの事項を見落としていたことに気付いたのです。
それで、その事項を忘れることなく実行したら、今度はうまくインストールできました。
PCの設定作業を自分でやった経験のある人ならわかると思いますが、不具合等を自分一人だけで何とかしようとすると悪戦苦闘するもんなんですよね。
ただ、それが自分自身の知恵・知識になってその後役立つわけですが。

この数日間の出来事は、私にすぐ諦めないことが大事だということを改めて教えてくれたような気がします。
そういえば、ある本で読んだ記憶がありますが、ある有名な経営者に取材記者が成功の秘訣を質問したところ、「成功するまで諦めずやり続けることが成功の秘訣だ」と答えたとのこと。
けだし名言ですね。
諦めればそこで終わってしまいますが、諦めなければ可能性はまだ残っているわけですからね。
今後の人生においても、いろんなことに対しすぐ諦めてしまわないようにしたい、と改めて心に誓った次第です。

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログランキングへ<br><br clear=
yoron at 13:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年12月16日

2015年は、私にとって面白い年になりそうだ

私は、現在、日中は飲食関係のパートタイムの仕事をし、夜は調理専門学校の夜間クラスで勉強するという生活を送っています。
学校は来年の3月に卒業予定ですが、そのタイミングで今の仕事は辞める予定にしています。
「学校卒業後はどうするの?」という質問をいろんな人からよく受けますが、現時点ではまったく未定です。
将来に向けての大まかな青写真は描いていますが、タイムスケジュールでの具体的な計画はまだ立てていません。
現時点では、来年の2月に学校の最後の試験を無事にクリアできたら、そのあたりから学校卒業後の具体的な行動を決めようと考えています。

学校を卒業したら完全にフリーになって時間が自由に使えるので、まずは生活費稼ぎをしながらやってみたい仕事を経験したいと思います。
また、14年間住み慣れた今の住居を去り引っ越しをしようと考えています。
50歳になったのを機に自分自身を変える試みをしていますが、その延長で来年(2015年)はその動きを加速させようかなと。
そういった自分の思いを一つひとつ実行に移していくことができれば、2015年は、私にとって面白い年になりそうです。
あなたにとって、来年はどんな年になりそうですか?

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログランキングへ<br><br clear=
yoron at 17:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年11月22日

40代からの食の勉強と料理作りのススメ

人間なら誰でも生命を維持するためにやっている習慣。
それは食事をすること。

世界には満足に食事ができない貧しい国々・地域もありますが、私たち日本人が住む日本という国は、ありがたいことに食の環境は大変充実しています。
世界を見渡せばそのありがたさがわかるはずなのですが、今の環境が日常的で当たり前だと思ってしまうと、食事が気軽に摂れることへの感謝の念も薄れてしまいがちです。
特に、ある程度のお金が稼げて食事にもお金がかけられるようになると、美食志向になり、美味しいものを何でも食べたいと思うようになるかもしれません。
それはそれで個人の考え方であり、ライフスタイルだから他人がとやかく言うことではないと思います。

ただ、私は自分自身の経験を踏まえて思うことがあります。
それは、一言で言うと、食習慣は健康的生活が送れるどうかに大きく影響するということです。
もっといえば、日々健康を意識した食生活を続けていると健康を維持できる可能性が高いが、乱れた食生活、つまり健康を意識しない食生活を続けていると、後の人生に悪影響を及ぼす可能性が高いということです。
正直に申しますが、40代までの私の食生活は本当に乱れていました。
お酒が好きだった私は、ほぼ毎日お酒を飲み続け、仕事が終わるとハシゴ酒をしたりして、健康的生活とは真逆の生活を送っていました。
そういうライフスタイルも影響したのか、40代の半ばに大病を患って生死の境を彷徨い、長期の入院生活を経験しました。
この経験をしてからは、さすがにお酒浸りの生活はやめようと思いました。

私は自分の食生活を見直すため、食について改めて勉強しようと昨年10月に調理専門学校に入学しました。
学び出してから約1年が経ちましたが、私自身にとって役立つことがたくさんありました。
学校では、料理作りの勉強だけでなく、食、特に健康に関係する事柄をたくさん勉強します。
栄養学、食品学、食品衛生学、公衆衛生学、食文化など。
私の人生において、これだけ本格的に食について勉強したのは初めての経験です。
今さらですが、こういう勉強をもっと早くやっておけばよかったなぁと思っています。
当たり前ですけど、健康が嫌だという人はいないでしょう。
逆に、健康を失って初めて健康の大切さに気付くという人は多いかもしれません。
中高年になると、体力の衰えを感じ、健康をより意識する人は多いでしょう。
そういう点で、40代以上の方には、食の勉強と料理作りをお勧めしたいですね。
長寿社会の到来という現実の前で、健康的な食生活を送って健康的に長生きするというのは多くの人の理想ではないでしょうか。

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログランキングへ<br><br clear=
yoron at 08:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年07月04日

おかげさまで、ブログ『ビジネスピープル共和国』は10周年を迎えました。

10年前の今日、当ブログ『ビジネスピープル共和国』はスタートしました。
2004年7月4日、こんな宣言をして記事を書き始めました。
実質的には翌日の7月5日から本格的に記事を書いていますが、その時の記事を読み返してみると、何と10年前の私は今と同じような境遇、同じような思いだったようです。

ブログを途中で挫折することなく続けていると自分の軌跡や思いの変遷がわかって面白いですね。
ひょっとしたら、10年後も今と同じような境遇、同じような思いだったりして。
とにもかくにも、この10年間、多くの皆様方に当ブログにお立ち寄り頂いたことに心より感謝申し上げます。
個人的事情で頻繁に記事を執筆できない場合もあるかもしれませんが、引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログランキングへ<br><br clear=
yoron at 16:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年06月23日

1964年(昭和39年)に生まれ、そして、本日私は50歳になった。

f152394b.jpg
(節目はすがすがしい気分で)

今日、2014年(平成26年)6月23日、私は50歳になりました。
この世に生を受けてから半世紀生きたことになります。
かつては50歳前後が日本人の平均寿命だった時代もあるようですが、ありがたいことに、現在日本人の平均寿命は世界のトップレベルにあり、厚生労働省の2013年の発表によれば、男性79.59歳、女性86.35歳となっています。
そんな日本にあって、50歳というのはまだまだ元気な世代です。
今の私も元気です。

50歳という節目の年齢になったからといって突然言動等が変わったりするわけではありませんが、気持ちの上では、「とうとう50歳になっちまったなぁ」というのはあります。
もう少しで今日(6月23日)が終わりますが、皆様、こんな私ですが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログランキングへ<br><br clear=
yoron at 23:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年06月22日

50歳からの手習いを実践中、人生これからだ

【クントゥグンジュ】踊り2
(同郷の同年齢の仲間たち)

私は明日誕生日を迎え、ちょうど50歳という節目の年齢になります。
そんな私は、昨年4月に勤めていた会社を退職し、その半年後に調理専門学校に入学して食と健康についての勉強を始めました。
また、調理に関するノウハウ、技術を実践を通して身につけるため、今年の3月から企業の社員食堂でアルバイトを始めました。
飲食業の基本である食器洗いをはじめ、調理器具類の洗浄・後片付け、料理の盛り付け、野菜のカット等に日々取り組んでいます。
何せまったく未経験の仕事に挑戦しているので、失敗やミスも多く、職場のベテラン社員の方々からよく叱られたり、指導・注意を受けています。

料理人の世界は若いうちから現場で修業を積んで一人前になれるとよくいわれていますが、私の場合は50歳からの手習いです。
私は日頃から、“何事を始めるにも(年齢的に)遅いということはない。ものにできるかどうかは本人の覚悟と努力次第”と考えているので、今はとにかく自分の目指す方向に向かって努力を続けるのみです。
寿命の視点から人生を考えれば50歳は既に人生の後半戦ではありますが、あと数十年は生きるであろうと考えると、「人生はまだまだこれからだ!」という気持ちになります。
現在取り組んでいることは人生初経験ではありますが、これまでの仕事人人生で身につけたことはいろんな場面で生かされています。
今率直に思うのは、いろんな人生経験を経た上でやりたいことに挑戦するというのは楽しいということですね。
全国のシニア仕事人の皆さん、人生の後半戦を楽しく、面白く、わくわくしながら生き抜こうではありませんか。

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログランキングへ<br><br clear=
yoron at 10:15|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年01月01日

2014年、私のキャッチコピーは、“健康を、取り戻す!”

農道一本道
2014年の私のキャッチコピーは、自民党の『日本を、取り戻す。』のパクリですが、
健康を、取り戻す!
に決めました。

健康には心身の両面がありますが、とりあえずは、食生活や運動などにより身体面の健康を取り戻すことを目標にします。
身体が理想的なものになれば、きっと内発的な意欲も湧き出てきて心も健康になっていくことでしょう。
よし、頑張るぞ!
まずは、決めて、気合いを入れるところからスタート、と。

私は今年50歳を迎え、当ブログは10年目を迎えます。
今年は節目の年になりますが、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログランキングへ

yoron at 16:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック