世の中を斬る!

2014年09月29日

老人漂流社会、他人事ではない

昨日、NHKの『老人漂流社会』という番組を見ながら、これからの時代、老後は生きるのが大変そうだなとしみじみ思いました。
大手企業に20年勤めたという80代の一人暮らしの男性は、国民年金や厚生年金をもらいながら、それでも生活は苦しく、貯蓄も底をつきかけてきたため日々の食事も満足に摂れていませんでした。
80代の一人暮らしの女性は、病気で足が不自由になったため外に出ることもできず、介護サービスを頼むもその費用がばかにならず、その上年金の給付金が切り下げられ苦しい生活を送っていました。
老人になると収入と病気の不安が襲ってきます。
親子が同居するのが当たり前だった時代であれば子供が親の老後を支えたのでしょうが、今は親子が別々に暮らすケースが多いので老後を一人で過ごさなければならない人が増えています。
夫婦も歳をとればどちらかが先に死ぬので、やはりどちらかは一人暮らしを強いられることになります。

今の日本は4人に1人が65歳以上という超高齢社会。
人口に占める高齢者の割合は、今後どんどん高まることはあれ低くなることはありません。

ということは、当然のことながら、国の政策としては老人の生活をサポートする体制の強化が求められますが、国の予算にも限界があるので、多くの老人が自立型、つまり自分のことは自分でやるという生き方をしなければならなくなります。
TV番組で紹介されたケースは他人事ではなく、まさに自分自身のことかもしれないのです。
20代、30代の人には老後なんて遠い未来のことのように思えるかもしれませんが、40代に差し掛かるとそろそろ意識し始めるかもしれません。
50代、60代になればさらに強く意識するでしょう。

私は現在50歳ですが、50歳になる直前に別の生き方をしようとそれまでの路線から方向を大きく変えました。
大学卒業後、20数年間にわたって会社勤めをしてきましたが、老後の人生を思い浮かべた時に、食と健康のことが気になり、また勤め人は定年で仕事が一旦終わってしまうことも気になり、これらの不安を解消できないものかと考えました。
私が今歩んでいる道は、自分の老後を強く意識した結果選んだ道なのです。
いずれ必ず直面する事態なのであれば、早め早めに自分なりにできることをやっておくに越したことはないですからね。
個人的なことですが、数年前からずっと歯医者さんに通っています。
老後の人生を送る上で歯の健康はとても大事になると考え、今のうちからメンテナンスしてもらっているのです。
老後に備え、できることから少しずつ、そして健康で長生き、可能であれば収入の不安もなく、私の理想です。
あなたは自分の老後に備え何かやっていますか?

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログランキングへ<br><br clear=
yoron at 06:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年01月23日

2055年の日本、全人口の40.5%が65歳以上、この未来に何を思う

50年後の日本、、、私のような中高年世代の人の中には、「どうせその頃は生きていないよ、考えるのがバカバカしい」と思う人もいるかもしれません。
しかし、若い人はその頃老後を迎えているかもしれません。
小さい子供やこれから生まれてくる子供は確実にその時代を生きることになるでしょう。
50年後の日本はどうなっているのだろうか。
一人の女性が15歳〜49歳の間に産む子供の平均数のことを合計特殊出生率といいますが、この率が2.08を下回ると人口が減少するといわれており、今の日本の現状はどうかといえば1.41です。
このまま推移すれば人口はどんどん減り続けていくわけです。
一方で、社会が豊かになり、医療技術の進歩等によって日本人の平均寿命は伸び続け、今や65歳以上の人が全人口に占める割合は25%(4人に1人が65歳以上)にも達しています。
つまり、日本は超少子社会・超高齢社会になっているのです。

超高齢社会への突入スピードは世界で日本が断トツです。
未来にはいろんな不確定要素があるので正確な予測は難しいでしょうが、今から50年後の2055年には全人口の40.5%が65歳以上になるという予測もあります。
こういう社会は成熟社会として喜ぶべきなのか、それとも老化社会として憂うべきなのか。
少なくとも、体力が衰えた高齢者が増えれば健康問題が増えるでしょうし、それに伴い医療費や介護関連費など社会保障費が膨らむのは避けられないでしょう。
そして、経済活動においては生産性が低くなり、若い労働者の多い他国との競争に負け、その結果、経済力が弱まり、国民一人ひとりの富も減って今日のような生活レベルは維持できていないかもしれません。

今を生きる私たちは、人類の長い歴史の中で先人たちから多くのいろんなものを引き継いできました。
先人たちはその人たちが生きた時代においていろんな有益なものを創り出し、それを後世に遺してくれました。
この世から人類が絶滅しないかぎり、私たちもまた子孫、後の世の人たちのために何か有益なものを遺す義務があるでしょう。
それについては、国レベル、集団レベルで考えなければならいものもあるでしょう、個人レベルで考えなければならないものもあると思います。
身近なところでは、子供のいる人であれば、「子供のために何をしてやるか」、「子供が生きる時代のために何を遺しておいてあげるか」ということがあるかもしれません。
今回は大きなテーマを取り上げてみましたが、自分の生き方を見つめ直すために、時々、こんなことを考えてみるのもいいのではないでしょうか。

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログランキングへ

yoron at 12:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年11月25日

4人に1人が65歳以上の老人社会の到来が目前、今後の生き方を考えちゃいますね

前回の記事でも書きましたが、日本はこれから4人に1人が65歳以上という社会がやってきます。
人口の多い団塊の世代(1947年〜49年生まれ)がその年齢に達したら全人口の4分の1を占めるので、避けて通れない現実です。
これも前回の記事で書いたことですが、高齢者が増えると、健康リスク、社会負担、財政問題、生産性などの面で心配事が増えます。
NHKが2回にわたって認知症の特集番組を放映していましたが、老人大国にあって認知症の人が大量に出現するのも大きな社会問題です。
若い人には他人事にしか思われないでしょうが、生命体としての人間の一生は同じなので、いずれ自分も経験することだし、こういう現実については年とともに自ずと関心が高まっていきます。

私は現在49歳ですが、40代の半ばあたりから、健康とか、食生活とか、残りの人生の過ごし方とか、心からヤリガイを感じられる働き方とか、そういったことを考えることが増えるようになりました。
食に関心を持って調理専門学校に通い出したのも、やはりこういうことがベースにあります。
現時点では健康不安もそれほどないし元気なのですが、近い将来、4人に1人が65歳以上の老人社会が必ず到来することを思い浮かべると、今後の生き方を考えちゃいますね。
健康で長生きしたいと多くの人は望むでしょうが、そのためには、今の生き方と今後の生き方をどうするかがとても重要になります。


40代、50代といった世代になったら、それまでもし不摂生な生活を送っていたなら改善したほうがいいでしょう。
若い時は多少無茶や無理をしてもリカバーできますが、年をとってくると難しくなりますし、健康を害すると日常生活で支障をきたすこともありますから。
私が飲酒の頻度を減らしたのもそういう理由からです。
現在は、規則正しい生活を心掛け、食生活にも気配りをしています。
生活習慣を変えるのは急にはできないので、常に意識しながら徐々に変えていくやり方がいいと思います。
老人人口の少ない昔の日本なら、周囲の人たちが老人の生活を支えることができたでしょうが、今後の社会はそれがますます難しくなるような気がします。
そうなった場合、もっとも重要なことは、老人が自分の生活を自己管理することです。

それを目標とするなら、今のうちに何をしておくべきか、将来に備えどういう準備を始めるかなど、今後の生き方についてあれこれ考えるはずです。

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログランキングへ

yoron at 09:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年09月27日

情報は自分から取りにいき、かつ吟味しないと騙される危険性がある

私たちの周りにはあまりにも多くの情報があふれています。
ネットができる人はどんな情報だって簡単に入手できるような錯覚に陥ることもあります。
今やお手軽な端末でネットができますから、情報を入手するのに何の苦労もありません。
しかし、このことが情報に対する感度を鈍らせている危険性があるのです。
どういうことか。
例えば、こういうことはないでしょうか。
調べたいことがあったので検索エンジンで関連用語を入力したらヒットしたサイトがいくつか出てきた。
そのいくつかに書かれていたことをざっと流し読みして頭の中に情報をインプットし、それで目的を達成したと考えた。
よくよく考えてみて下さい。
それらのサイトに書かれていたことは本当のこと、事実、真実だったのでしょうか?

情報というのは、一次情報、二次情報、三次情報、と、伝わる過程でかたちを変えていくものです。
ある人が自分で見聞きした情報を発信すると、その情報を受け取った人はその人の受け止め方で情報を発信します。
中には、何らかの意図を持って最初の情報に変更を加えて情報を発信する人だっているかもしれません。
ネットなんかでよく見かけますが、自分が直接確かめたわけでもないのに、他人が発信する情報を鵜呑みにしてそれをベースに自分の意見を組み立てている人がいます。
もちろん、自分一人でありとあらゆる情報源を確かめることはできないので他人の情報を参考にせざるをえないのはわかりますが、問題は自分なりに検証することを一切せずに単純に鵜呑みにしてしまうことです。

facebookやtwitterなどで流されている情報で、事実だと思い込んでいたら真っ赤なウソだったというのがよくあります。
感動的な話、かわいそうな話だと思い自分の仲間に広く拡散したら、実はそれは作り話だった、プロパガンダだったといったことを後で知り落胆した経験のある人もいるかと思います。
情報というのは吟味しないとこういう罠にはまる危険性があるのです。
他人が発信する情報に対しては、「この情報はどこまで本当だろうか?」、「この情報を発した背景には何かあるのではないか?」、といったことを考えてみる必要があります。
ネットで多くの情報(つぶやき含む)を発信している人は、そのことによって自分を広報し自分のイメージをつくろうとしています。
それは私も同じで、このブログもそのために活用しています。
情報が氾濫する時代において大事なことは、情報は受け身ではなく自分から取りにいくこと、かつ得た情報はすぐ鵜呑みするのではなくきちんと吟味すること、だと思うわけです。

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログランキングへ

yoron at 09:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年08月13日

動く前に、世の中の動き、周囲の動き、相手の動き、環境を見極めよう

平和ボケ”という言葉があります。
ずっと続いた平和な状況に慣れてしまって危機感をなくしてしまうこと、その結果、その状況が今後もずっと続くと錯覚してしまうことです。
平和を希求すること自体は間違っていないし素晴らしいことですが、何もしないほうが平和になれるというものではないし、むしろ多くの人が努力して力を合わせるから平和な状況がつくり出せることも事実です。
家族は仲良く幸せに暮らしたいとお互いに望むものでしょうが、成長していく過程でお互いの間にいろんな葛藤が生じたり、不幸な事件や事故が発生することもあり、それぞれが思い描く理想の家族の関係をつくるのは難しいものです。
社会を形成する最小単位の家族でさえそうなのですから、ましてや、企業などの組織や国家といった大きな単位になると理想的なかたちをつくり維持するのは大変難しいものです。

多くの仕事人は既に気付いているでしょうが、今の時代、一旦身を置いた環境がそのままずっと変わらずに維持されるということはなく、逆にあっという間に変わってしまうこともしばしばあります。
その時に将来有望と見なされていた企業に就職しても、その後環境の変化で急激な業績悪化に見舞われ、他社に買収されてしまったり、最悪倒産してしまうなんてこともありうるのです。
私が過去に勤めた会社の中には、急成長して業界大手の一角をしめるまでいったのに、その後事業がうまくいかなくなり競合他社に吸収されてしまった会社もありました。
勤め人は平和ボケしたら生き残れない時代です。
続きを読む

yoron at 14:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年08月09日

人は自分に都合の悪いことは言わない、バレそうになると誤魔化すものだ。しかし、

裁判の本質は何だろう?
真実を明らかにし白黒決着を付けること?
たしかにそういう一面はあるかもしれません。
しかし、私は別の一面もあると考えています。
それは、争う当事者同士が極力自分に都合の悪いことは隠し、逆に相手の都合の悪いことを徹底的に暴くことで争いに勝つこと。
後者の考え方に立つと、ある真実がわかってもその真実が明らかになると自分に不利になる場合、不利になる側はそれを隠そうとし、バレそうになるとうまく誤魔化そうとするでしょう。
7月12日付の記事で、「データは客観性があるようにみえて、実は活用する側の意図次第では恣意的に使われるものでもあるのです。そういうことを考えると、相手がデータを示した時は、盲信せず自分の頭で考えることが大事です」と書きましたが、これもまったく同様のことです。

私は何も難しいことを言っているわけではなく、誰でもが日常的にやっていることを言っているに過ぎません。
私だってよくやることです。
かつて自分が企画主催した飲み会に企画時の目論見がはずれ数名しか集まらなかったことがありました。
20〜30名ぐらい集まるだろうと見込んでいたら実際は4〜5名しか集まらなかったのです。
本音はガッカリしたのですが、自分の企画力・集客力のなさがバレるのが嫌だったので、他人に言う時は「大いに盛り上がった」と言い、他人から何名集まったか聞かれた時は「参加は少人数だったが濃いメンバーが集まったので盛り上がった」というような言い方をしてうまく誤魔化そうとしていました。
実績も力もない人がビジネスをしようとする際に大袈裟に宣伝広告するようなものでしょうか。
続きを読む

yoron at 12:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年07月27日

仕事人の視点で世の中を見極めろ

女子サッカーのワールドカップでなでしこジャパンが優勝した時は、世の中の風潮同様私も絶賛の記事を書きました。
その出来事自体は大変素晴らしく、感動で自分自身の胸を打ったからです。
一方で、その後のメディアの報道などを通して関連情報を得ていたら、「あれ、何かおかしいな」とか、「何らかの思惑が入っているな」ということも出てきました。
例えば、ある選手がプライベートな飲み会で監督批判をしたということがその場に同席した人のtwitterで暴露され、本人がメディアの前でそれは事実とは違うといったコメントを出していた場面がありました。
でもね、私はそれは事実だったにちがいないと思っています。
優勝という偉業に世の中が浮かれ、彼女たちに清楚、可憐、品行方正な乙女像を抱いている人もいるかもしれませんが、いろんな面を持っていて表に出ないところでは好き勝手なことをやっているのがふつうの人間です。

組織の中で働いたことがある人ならわかると思いますが、性格も考え方も違う人たちと協力し合いながら仕事をするというのはなかなか骨の折れることです。
上司が自分のチームを引っ張ろうとしてもうまくいかないこともしばしばです。
上司の面前では大人しく従順な姿勢をとりながら、裏に回ると部下同士で悪口を言っているなんてのは日常茶飯事です。
仕事人経験、社会人経験が未熟な人ほど感情面から物事を強く意識するのはしょうがないことです。
かつて勤めた会社のあるトップは、対外的には有名人で社外の人との付き合いでは好感を持たれていたようですが、社員の中には不満を抱いている人がたくさんいました。
そういった仕事の現場での人間関係を経験している人なら、なでしこジャパンの選手が個々人ではいろんな考え方を持ち、いろんな言動をすることは当然だと考えるはずです。
続きを読む

yoron at 06:26|PermalinkComments(3)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年05月30日

孫正義はやっぱりすごい人だ!



ソフトバンクグループのトップ・孫正義氏(53歳)。
これまでビジネスの分野においてずいぶん世の中の規制に挑戦し続け風穴を開けてきました。
その彼が、今度は福島原発の事故をきっかけにエネルギー分野へも挑戦しようとしています。
彼の言動は派手で目立つので批判もたくさんあります。
人々の度肝を抜くような大胆な構想を打ち出したりするので大法螺吹きの人間だと見られている面もあるでしょう。
かつて、NTTが独占していた通信業界に殴り込みをかけた時は、威勢のいい言葉とは裏腹に事業面では品質の弱さを指摘され多くの顧客からクレームも出ました。

今回の彼の自然エネルギー進出計画についても、パフォーマンスだけではないのか、売名行為ではないのか、自社の儲けのためではないのか、いろいろ批判する人はいるでしょう。
しかし、彼が通信業界に挑戦してくれたおかげで電話代等通信費が大幅に安くなったのは事実で、そういう点では利用者に大いにメリットをもたらしています。
パフォーマンスだろうが、売名行為だろうが、自社の儲けのためだろうが、結果的に多くの人にメリットがあるものであれば大いに歓迎すべきことでしょう。

孫氏の著書などは前から読んで共鳴するところが多々ありましたが、日本にもこういう人がいることが嬉しいですね。
何かもっともらしいことを語るだけの人より、有言実行タイプのリーダーのほうが信頼性があります。
彼の構想に賛同し一緒に取り組みを始めた政治家や各自治体の首長もいるようですが、本来その人たちがやらなければらない役割を一民間企業の人間がやるというのも変な話ではあります。
逆に言えば、彼がそれだけすごい人だということの証なのでしょう。
多くの企業が“ビジョン”や“企業理念”を掲げていると思いますが、ただ掲げているだけではなく、トップ自ら常に社員に向かってそれを訴え、組織の末端まで浸透させているかどうかは疑問です。
危機の時、将来不安が世の中を覆っている時こそリーダーが何をするのかがもっとも重要ではないかと思うのです。
あなたは、あなたの会社のビジョンや企業理念を知っていますか?、理解していますか?

今日の記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログランキングへ

yoron at 06:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年05月06日

本格的ネット社会到来で見えてきたもの

一昨日、昨日と二日間にわたってこの本を読みました。
ソーシャルネットワーク革命がみるみるわかる本
(ふくりゅう・山口哲一著、ダイヤモンド社)
近年、Google、Yahoo、mixi、GREE、モバゲー、twitter、facebook、ブログ、、、といったネットサービスがどんどん出現する中で、こういったものが今の世の中にどんな影響をもたらし、今後世の中はどう変わっていくのかといったことを解き明かしている本です。

私が気になったポイントだけを箇条書きにしてみます。
ネット社会では、
ソーシャルグラフ(人間関係図/信頼関係図)が重要になる。
・お互いの関係はゆるい絆で結ばれる。
・人間らしいアナログな部分は相変わらず求められる。
・現実社会で認められない人でも輝けるチャンスがある。
・従来の口コミが見えるかたちになることにより大きな力を発揮する。
・ネット、リアルを区別しないで、どちらでも通用するよう自分をブランディングすることが重要である。
・個人情報の流通も含め情報がかなり透明化する。
・セレンディピティ(思わぬものを偶然に発見する能力)が光る。
また、ネット社会で活躍できる人として、“キュレーター”と呼ばれる人がいるとか。
※キュレーターとは、ネットを通じて得られる情報を、テーマを決めて取捨選択し、自分なりの解説やコメントを加えて再発信することによって情報に新たな価値を提供する人。
続きを読む

yoron at 03:06|PermalinkComments(3)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年03月23日

落ち着かない日が続きますね

3月11日の東北関東大震災(M9.0)以来、ずっと余震が続いています。
私が住んでいる東京の震度はそれほど大きくはないのですが、揺れた瞬間は「うわっ!、きたか!」と緊張します。
それにしても、なんか落ち着かない日が続きますね。
余震もそうだし、福島原発の状況も心配だし。
今はただ被災地の復興が進み、原発の問題が一日も早く解決することを祈るばかりです。

現在通っている経理・簿記の専門学校も来週で終了します。
3ヶ月近く集中的に勉強できたおかげで簿記や税法の知識が増えました。
これも無職で自由な時間がたっぷりあったおかげかもしれません。
今後の仕事人人生にとっては大いに役立つものと思われます。
落ち着かない日が続く中でも、こうやって物事が進んでいくのは嬉しいもんですね。
皆さん、一緒に頑張って今の状況を乗り越えていきましょう!

今日の記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログランキングへ


yoron at 07:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック