世の中を斬る!

2021年08月20日

情報は、できるだけ、自分で直接見て、調べて確かめるべし

靖国神社参拝
(他人発の情報を簡単に信じてしまっていませんか?)
何年前でしょうか、8月15日終戦記念日に、靖国神社で何が起きているのか知りたくて現地まで行ったことがありました。
とても暑い日でしたが、実に大勢の人が来ていて長い行列ができ、それぞれが粛々と参拝をしていました。
私もこの行列に並びながら、全体の光景を見て、「これがメディアなどで報道されていた靖国神社の終戦記念日の本当の姿なんだなぁ」としみじみ思ったものでした。
本当の姿だと言ったのは、大手メディアが報道で流しているニュース(政治家の誰それが参拝した等)は自社が関心のあることだけに焦点を当てた偏向的なものだとわかり、自分の目に映ったのはまったく違う姿だったからです。

現地に足を運んでみるとわかるのですが、大手メディアのスタッフはたしかに現地取材をしているのですけど、彼らの多くが陣取っているのは、政治家が参拝するために設けられた一般参拝客とは別の場所のところです。
そこだけに多くのメディア関係者が群がっている光景は、私には異常にしか見えませんでした。
なぜ、この人たちは、多くの日本人の本当の姿を伝えるために、多くの日本人が長い行列をつくっている光景を撮影し報道しないのかと。
そして、海外の反応といって毎回取り上げるのは、主に中国と韓国ばかり。
それは、恒例になっているのか反発しているという内容ばかり。
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
yoron at 06:09|PermalinkComments(0)

2021年08月07日

正直なところ、ワクチンを打つべきかどうか迷っている

IMG_0523
(ワクチン、ワクチン、ワクチン、、、の摂取がそんなに大事なんですかね?)
世の中は、世界は、日本は、今、新型コロナ対策としてワクチンを打たなければならないというような風潮にあります。
私の周囲でもたくさんの人がワクチンを打っていて、副反応がどうとかのコメントをネットに書いています。
ただ、私が住んでいる地域は自治体がワクチンの量の確保にうまくいっていないようで、摂取受付の案内が出ると同時にすぐ予約枠が満杯になるという状況でして私はいまだに打てていません。
そんなわけで、ワクチンを打ってもらうにしても、現状が改善されないかぎりかなり先になりそうな感じです。

ところで、私という人間は、過去においてインフルエンザのワクチンをほとんど打ってもらったことがありません。
義務教育時代は打ってもらっていたのかもしれませんが、社会人になってからはあまり記憶がありません。
風邪をひいたら病院にもいかず、市販薬を服用して自力で治していました。
50代に入る直前あたりからは、自分の健康に強く関心を持つようになり、調理学校に入学して調理の技術を学ぶと同時に栄養学を学び、日々の食生活にも気を使うようになりました。
また、健康を維持するための三大重要事項は、食事、運動、睡眠といわれているので、食生活以外にも、仕事は肉体労働に就き、睡眠もしっかり取るようにしています。
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
yoron at 05:37|PermalinkComments(0)

2020年11月29日

人生100年時代はたんなるキャッチフレーズ、大事なのは健康寿命だ

サトウキビの収穫2(お母さん、輝雄)
(80歳、90歳、100歳まで元気に生きられる、と勝手に思い込んでいませんか?)
昨今、“人生100年時代”という言葉が流行っています。
多くの人は、本音では自分は100歳までは生きないだろうと思っているかもしれませんが、この言葉が一人歩きしている状況で、けっこう長生きするかもしれないと思っている人は多いのではないでしょうか。
世の中の医療技術は進歩しているので、もしかしたら、体力的に弱っていたり、病気の人でも介護施設だとか病院で日常生活を送って長生きする人も多いかもしれません。
しかし、一方で、そういう人生を望まない人はかなりいるような気もします。

ある調査によれば、多くの人は、生きている間は健康で死ぬ時は一瞬で死にたい、いわゆる“ピンピンコロリ”を望んでいるそうです。
この点に着目すると、人にとって大事なのは、自分が何歳まで健康に生きられるか(寝た切りなどにならないで)という健康寿命だということになります。
最近の統計によれば、日本人の健康寿命は男女ともに70代だそうです(男性は70代前半、女性は70代半ば)。
多くの人が健康に生きることを望み、その限界が70代であることを考えると、“人生100年時代”というのはたんなるキャッチフレーズだということがよくわかります。
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
yoron at 18:52|PermalinkComments(0)

2020年08月15日

生き方は他人の価値観に合わせる必要は一切ない

IMG_2262
(つい自分の価値観を他人に押し付けていませんか?)
生き方の価値観が多様化した時代などといわれてもう何十年の歳月が過ぎたでしょうか。
それなのに、旧態依然としていまだに、「日本社会で生きるには」だの、「これからの人生は」みたいな論調がよく出てきます。
そういうことを言うことでお金儲け(仕事)している人はいいと思いますが、そうでなければ、こういう論調はただ参考にすればいいだけだと思います。
生き方の価値観が多様化している世の中であれば、本来、個々人はそのように考えるのがふつうのはずです。
生き方なんて、他人の価値観に合わせる必要は一切ないもんですよ。
もちろん、家族があれば家族と話し合わないと決められない点もあるでしょう。
しかし、第一義的には自分の価値観があって、それと他人の価値観をぶつけ合うことでお互いの妥協点を見つければいいだけのことです。

「日本人は働きすぎだ。これからはワークライフバランスでいくべきだ」という話は以前からよく聞きます。
でも、私は小さい頃から、親が誰よりもよく働く家庭で育ちましたがそれを問題に感じたことは一度もありません。
我が家は両親の仕事が農業メインだったので、食卓は家族全員がそろっていることが多く、また、子供たちが親の仕事を手伝うことも多かったので、お互いに協力し合う雰囲気があり、その生き方を当然だと思っていました。
もし、ワークライフバランスの考え方が、夫婦のいずれかが子育て、家事などを顧みないで問題になっているというような現象を出発点にしているのなら、それは都会型の会社仕事のやり方を仕事人本人が考え直して自分で仕事を改めたほうがいいでしょう。
今の会社ではなかなかできないというのであれば、そんな会社はさっさと辞めてしまえばいいのです。
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
yoron at 06:48|PermalinkComments(2)

2020年02月29日

情報に振り回されない生き方が大事かなと、新型肺炎関連騒動に思う

8ed76aa8.jpg
(日頃からの心掛け、実践って大事よね)
巷のニュース、ネット上のネタは新型肺炎(コロナウィルス)関連が多いですね。
というか、そこまで垂れ流すかというぐらいあふれかえっている感があります。
正直言って、この件に関して私自身は、以前の自分の日常生活と変わったことをやろうとか、何か特別な対策をとろうとか、他人と同様の行動をとろうとか、そういったことは一切考えていなし、やるつもりもありません。
私が参加しているSNSでつながっている友人・知人がこの件でいろんな書き込みをしていても、私はそれに便乗して関連話題を書き込むようなことはしていません。
私から見ると何か狂騒曲のような気がしてそんなものに関わりたくないのです。

私は、世の中で働き方改革が言われ出す前から自分の働き方を変えました。
以前にも記事で書いた記憶がありますが、“降りてゆく”生き方をしたいと考えた結果、自分の中のプライドみたいなものを捨て、他にもいろんなものを捨てて、楽なライフスタイルにしました。
激しく混んでいて時々息苦しくなる電車通勤から逃れたいと思い、仕事先を徒歩で通える場所にしました。
その選択の結果、高待遇の正社員ではなく時給制のパートタイムになり生活費のやりくりは大変になりましたが、それでも精神面では得られているもののほうが多いと思います。
50代が近づいたあたりから自分の健康にとても関心を持つようになり、調理専門学校に入学して本格的にいろんなことを勉強しました。
そこでは、今回騒動になっている感染症とその対策についても学びました。

現在は、朝と夜に別々の仕事先で働くダブルワークをしていますが、どちらも仕事先は自宅近くなので歩いていけますし、また、日常生活は、朝の仕事から帰ってきたら食事をして、家事をして、一眠りしたら夜の仕事に出掛け、終わったら食事をとって寝るという繰り返しです。
それぞれの仕事先の定休日がズレている関係でほぼ年中無休のような状態です。
だから、休みの日にどこかへ遊びに行くとか、大勢の人が集うイベントなどに参加するということはありません。
友人や知人、他の誰かに会うというのもほとんどありません。
たまに会うのは近くに住んでいる弟ぐらいなものです。
調理専門学校で勉強したこと、また仕事がなかなか休めない状態ということもあって自分の健康管理には人一倍気を遣っています。
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
yoron at 11:41|PermalinkComments(0)

2019年11月30日

“独り”って楽しいもんだよ!、実践してみてつくづく思う

気持よさそうな猫
(あなたは自分が独りである状態を楽しめますか?)
“独り”という言葉を聞くと、何となく「寂しい」とか「人間的にあまり良くない」みたいな、どちらかというとマイナスイメージを持つ人も多いと思います。
孤独死やら犯罪者の孤独生活といったことが社会問題としてメディアに取り上げられると、それこそ“独り”は絶対悪のようなイメージを持たれてしまいます。
でもね、私はここ数年、完全に独りというわけではありませんが、以前のような積極的な対人ネットワークづくり・維持をやめ消極的な対人関係の生活をしているものの、このスタイルがみょうに楽しくて気に入っています。
最近会話を交わす対人関係といえば仕事上の付き合いですけど、職場の同僚たちとはプライベートでの付き合いはほとんどありません。
プライベートな付き合いでは、たまに近所に住んでいる弟に会うぐらいです。

かつての私はといえば、仕事人は人付き合い、他人とのネットワークこそ大事とばかりにいろんな手段を駆使して人間関係づくりに勤しんでいました。
飲み会などには公私問わず積極的に参加し、年賀状のような挨拶状も多数出したり、日常的に他人とのメールのやりとりもよくやっていました。
数年前までは、12月になったら毎週忘年会だらけで年末の休みまで内臓は大丈夫だろうかなどと心配していたものです。
ここ数年は、忘年会に出た記憶がないぐらいで、誰かと会って慰労会をしたというのは唯一身内である弟と二人で軽く飲んだぐらいでしょうか。
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
yoron at 07:41|PermalinkComments(0)

2019年10月11日

不安心理を煽れば商売繁盛?

台風の爪跡3
(あなたが現在関わっている仕事は人の不安心理を煽るものですか?)
私は現在東京に住んでいますが、明日(土曜日)直撃すると予想されている台風19号の情報影響がすでにあちこちで発生しています。
昨日、夜の仕事を終えてから職場近くの24時間営業のスーパーに立ち寄ったら、一部の商品(パン等)が商品棚からほとんどなくなっていました。
想像ですが、おそらく、台風対策として多くの人が買い溜めに走ったからではないかと思います。
最近の例では、千葉県が台風被害でインフラに深刻な被害が発生して多くの人が日常生活に支障をきたしたというのがあるので、そういった巷の情報がインプットされている影響もあるのでしょう。
東京に長年住んでいますが、都会の住人は本当に災害に弱いというのを実感します。

私が生まれ育ったのは南の島で、そこは毎年大型の台風が何度も襲う地でした。
だから、島で暮らしていた頃は、停電、断水は台風の度にありましたし、お店の棚から商品がなくなることもよくありました。
でも、一時的に不便を強いられても、待っているうちにはいろんなものが元通りになったので、台風が来ればそういうことが起きるのは当然で、そして待てば状況は改善していくと考えています。
そんな生き方をしてきたので、今回の台風についても事前情報がどうあれそれほど心配はしていません。
多少の食料は冷蔵庫等に入っていて、それだけで3、4日は持つと思っているし、最悪の場合は、消費量を減らせば1週間は持つだろうと思っています。
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
yoron at 15:13|PermalinkComments(0)

2019年08月16日

誇張された、偏った情報に気をつけよう。鵜呑みにせず自分自身で調べ確かめることが大事だ。

靖国神社
(本当に自分のためになる情報を見極める力、仕事人ならぜひ身につけたいものだ)
私たちの身の回りにはいろんな情報が氾濫しています。
それが現代社会です。
そして、その情報には多くの、誇張された、偏った、真偽が怪しい(あるいはまったくのデタラメ)、誰かの思惑で流された、自分には役に立たない、ものも含まれています。
この世を賢く生き抜くためにはそういった情報に振り回されないことが大事です。
私はいくつかのSNSのメンバーになっていますが、つながっているメンバーの中には、自分がその道の専門家でもないのに、また自分で調べ確かめたわけでもないのに、自分が興味を持ったからという理由だけでネット上の情報をひたすら拡散している人がいます。
まぁ、どんな情報が拡散されようと受け手側にそれをしっかり見抜くだけの力があればいいのですが、見抜く力がなく鵜呑みにしやすいタイプの人は哀れです。

昨日は8月15「終戦記念日」でしたが、この日には大手メディアでよく靖国神社の報道がなされます。
そして、決まったように出てくるのは政府の閣僚の誰それが参拝したとか、中国や韓国の反発があったとか、といった話題です。
またTVで右翼団体や左翼団体の行動シーンが放映されているのもしばしば目にしました。
自分自身が靖国神社に行ったことがなかった頃は、そういう断片的な情報でこの場所をイメージしていたこともあり、靖国神社というところは怖いところで敷地に近づくと危害が及ぶ危険性があるかもしれないと思い込んでいました。
一方で、そんな場所なら一度は行ってみたいという好奇心もありました。
そして、好奇心のほうがまさり、過去2回、8月15に靖国神社で参拝しました。
いずれも真夏の暑い日でしたが、多くの参拝客で賑わい、参拝客は行列をつくって静かに自分の順番待ちをしているといった平穏な状況でした。
たしかに、周辺には街宣車などもいましたが、しっかり警備されていました。
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
yoron at 10:35|PermalinkComments(0)

2019年02月14日

過度のネット依存は行動力を落とすので要注意

早朝の風景(秋葉原)
(ネット依存には危険があるから気をつけるべし)
私は現在パートタイムで夜の仕事に就いておりますが、日中は仕事をしていないので正直なところ暇です。
そして、私は基本的に自宅に引きこもって何かやっているのが好きなタイプなので、自炊派ということもあってへたすりゃ仕事のない休日なんかは終日自宅で過ごしていることもあります。
もっとも、休日は自宅近くの銭湯に行くのを楽しみにしているので少しは外出をしますけどね。
そんな私は大のネット好きです。
時間があれば机に置かれたネット接続のノートPCの前に座ってネットばかりしています。
情報取集、情報発信、動画鑑賞等で活用しています。

私のこれまでの仕事はほとんど内勤だったので仕事柄PCを使うことが多かったのですが、特に環境がネット接続になってメール等が仕事ツールになってからは動き回ることが少なくなりました。
これは現在のライフスタイルにも通じる点があるのですが、便利だからといって過度にネットに依存するようになると明らかに行動力は落ちますね。
ネットのない時代なら相手先に出向いて直接会って話しをするとか、相手の表情を見ながら話し方を変えるとか、電話口で相手の声を聞きながら間合いの取り方を工夫するとか、そんなことを当たり前のようにやっていたのに、ネットを活用するようになってからはそれらの必要性を感じなくなりやらなくなりました。
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
yoron at 09:39|PermalinkComments(0)

2019年01月20日

コメントのし方で、事情に詳しい人かそうでないかはすぐるわかる

IMG_0198
(あなたはネットで誰かの投稿によくコメントを付けますか?)
ネット社会の特徴の一つに、誰でも自由に何かについてものを言えることがあります。
ネット上には、評論家になったつもりで社会的な出来事のニュースに対してコメントを付けている人がたくさんいます。
中には自分の論評こそが正しいのだという姿勢の人もいたりします。
まぁ、日本では表現の自由が許されているのでそれはそれでいいとは思いますが、ただ、私からすれば、コメントのし方で、事情に詳しい人かそうでないかはすぐるわかりますね。
もっとも、わかるのは私自身がある程度事情を知っている分野に限定しますけど。

私は、基本的に、ネット上にあふれているコメントの閲覧にあたっては、事情に詳しい人が的を射たコメントを付けている場合は興味深く読みますけれど、何も知らないのに個人的な感情とか思い付きで付けたようなコメントはほとんどスルーしています。
私のこのブログの記事に対するコメントでも、経験を積んでいるプロの仕事人が付けたコメントとプロ意識のあまりなさそうな仕事人の付けたコメントでは、例え短いコメントでも付け方で違いがわかります。
逆に言えば、誰かの発言や主張にコメントを付ける場合は、それなりに考えて練って付けないと他の人に自分の力量を見抜かれてしまう可能性があるということです。

“たかがコメント、されどコメント”。
コメントは気軽に付けられる一方で、コメントの付け方で相手や他人があなたに対し持つ印象が決まります。
いつもは辛口のコメントが多いのに、たまにうまいジョークコメントが付くと、「へぇ、この人はこんな才もあるんだぁ」と見直したり、あるいはいつもジョークばかり言っている人が時に役に立つ的確なコメントを付けると、「おお、この人は実はすごい人なんだ!」と信頼感が増したりとか。
今朝は、仕事の話題ではありませんでしたが、自分が日々経験しているネット上のコメントについて思うところがあったのでちょっと書いてみました。

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログ<br><br clear=
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
yoron at 09:24|PermalinkComments(0)