仕事人の叫び

2018年07月06日

会社(組織)の看板だけで生きてきた人の末路

8ed76aa8.jpg
(お金にならないけど、世のため人のためと思って何かやるのは大事ですよね)
会社を定年退職し自由気ままに生活している知人が漏らしていました。
知人がある時趣味の会に参加したそうですが、参加者は似たような境遇の人ばかり。
その会で何かの役割を自主的に引き受けてくれる人を募ったら誰も手を挙げなかったのだとか。
知人いわく、「この人たちもかつてはそれぞれの勤務先の第一線で活躍していたであろうに」と。
私も似たような経験をしたことがあり、自分自身も手を挙げなかった側の人間になったことがあります。
なぜ手を挙げないのか、私の場合で言えば、こんな思いがありました。
・1円の得にもならず負担が増えるだけなのでバカバカしくてやる気になれない。
・「こんなことに積極的になるなんてバカなやつだ」と周囲に思われるのではないか。
・自分でなくても誰かがやってくれるだろう(自分は言われたことだけをやっているほうが楽)。

例えば、一つの会社(組織)で長く働いていると、一緒に仕事をしている人たちとの付き合い方もわかるし、自分の仕事には慣れているのでどう振る舞えば得をし逆に損をするかというのもよくわかります。
また、現役時代は多くの時間をその会社(組織)の仕事のために費やすので、それ以外のことはどうでもよくなります。
要するに、現役時代のもっぱらの関心は、自分が勤務する会社(組織)のこととそこでの仕事を通して得られる収入などの利益、そしてその利益を何に使うかということでしょう。
仕事が忙しければ忙しいほどそうなってしまうのは必然です。
仕事の傍らで世のため人のためとボランティア活動などに熱心に取り組んでいるような人はそれほど多くないのではないでしょうか。

そうやって長い間生きてきた人が、ある日勤務先の退職を余儀なくされ、自分の意思だけでやるも自由、やらないも自由という環境に身を置くことになったらどうでしょうか。
一人だけの振る舞いが許される状況、環境であれば何も戸惑うことなく自由気ままに振る舞えばいいと思います。
しかし、ボランティア精神が試される集団活動などにおいては、自分で自分の行動基準を決められずどう振る舞っていいかわからずとまどうことも多くなるような気がします。
小中高時代に、先生から「誰かクラス委員長を引き受けてくれる人(やりたい人)はいませんか?」と言われた際、多くの人がやりたくないのでその瞬間教室内がシーンとなった、あの場面を想像するとわかりやすいでしょう。
理想で言えば、仕事の現場の第一線で活躍していた(と自負している)人ほど、第一線を離れてもかつての力を生かして新しいステージで活躍してほしいものですけどね。
冒頭で紹介した知人の話を教訓として、私自身は仕事を離れた場でも社会、周囲のために貢献できる人間であり続けたいと思う今日この頃です。

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログ<br><br clear=
yoron at 11:12|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年07月05日

50代以上の勤め人は現実を直視した人生設計が大事

IMG_2491
(50代以上はより現実を直視して)
私は現在50代で勤め人の身の上。
正社員ではなく時給制のパートタイマー。
貯蓄が乏しい上に収入が少ないので生活はカツカツ。
こう聞くと哀れなみじめな中高年という姿が思い浮かぶかもしれませんが、今の状態は自分が選択した道の当然の結果でもあります。
私は40代の時にこう考えました。
「このままの仕事の延長に未来はない。これまでやってきた分野でなら力を発揮できる自信はあるが、雇われ人を続けるなら雇ってくれるところがないかぎり力は発揮できない」と。
そこで、50歳を目処として思い切ってキャリアを変えることを決意しました。
当然、そうとう苦労するであろうことは予想していました。

先日、ハローワークへ行って求人検索をしました。
ハローワークには、60歳以上でも応募可能な求人だけを集めた一覧表があったのですが、一覧表を見て驚くのはその求人の少なさ、かつ月収の少なさでした。
そして、求人の仕事は、警備員、マンション清掃員、タクシー運転手、介護スタッフ、といったようなものが多く。
今どきの60代は元気だということは巷ではよく言われていますが、企業はそんなことには一切お構いなく雇いませんと言っているようなものです。
日本はこれからますます高齢者が増えていくというのに、これでは高齢者はますます生きにくい世の中になっていくことを暗示しているようにしか思えません。

現在会社勤めなどをしている50代の人の中には定年を意識した人生設計を考えている人も多いでしょう。
一方で、来るべき退職の日を意識しながらも「まだ先のことだ」と特に何も準備しないでとりあえず目の前の仕事に追われている人もいるかもしれません。
いずれにしても、自営で自分の仕事を確固たるものにしている人や起業して成功しオーナー経営者として定年を意識する必要のない人を除けば、50代以上の勤め人は取り巻く環境がどんどん厳しくなるばかりです。
私は40代あたりから60代以降の人生について考えていましたが、50代の今は40代の頃以上に現実を直視し今後の人生について考えています。
夢や大きな目標を持つのは若い人だけの特権とまでは言いませんが、50代にもなったら現実をしっかり踏まえた上での夢や目標を持ちたいものですね。

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログ<br><br clear=
yoron at 11:57|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年07月04日

経験がすべてはないが経験が強みになる局面はよくある

早朝の風景(秋葉原)
(仕事人にとって経験はとても大事だ)
私は以前から“経験”の重要性を強調してきました。
仕事人ならいろんな経験をすべしと、それは後で役に立つからと。
とは言いながら、世の中には時として経験が邪魔になったり、経験があるというだけではどうにもならないこともあることは十分わかっています。
ただ、経験しているとそれが強みになることはよくあるんです。
一番わかりやすい例は転職などでしょうか。
中途採用の場合は年齢が高くなればなるほど圧倒的に経験者のほうが有利です。
経験のない40代、50代の人を積極的に採用しようなんていう企業はどこにもないでしょう。
中途採用では即戦力を期待されることが多いですが、その観点でいえばやはり経験者が有利ということになります。

話変わりますが、私は以前キャリアコンサルタントとして人材紹介の仕事をしたことがあります。
40代の時に縁があって人材紹介会社に転職したのですが、転職前は同業界の経験がまったくなかったのでこの仕事はその道の先輩から手ほどきを受けながらゼロから学びました。
最初はもちろん悪戦苦闘でなかなか成果を出せませんでしたが、やり方のコツをつかんだ時から徐々に成果を出せるにようになっていきました。
人材紹介の仕事自体は実はシンプルで、転職希望者と求人企業のニーズを引き出しながらうまくマッチングさせるだけなのです。
そこでうまく双方の交渉がまとまって契約が成立すれば、間に立ってコーディネートをした会社が契約手数料を頂くという流れです。
続きを読む

yoron at 09:29|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年07月03日

辛い経験というのはその時は大変でも後の人生で役立つものだ

神田川
(あなたは今、仕事で辛さを感じていませんか?)
私は現在時給制のパートタイマーとして1日5〜6時間、週休一日で働いています。
仕事は飲食店の厨房でプロの料理人たちに混ざって調理補助の仕事に就いています。
正社員の料理人はその道数十年の経験を積んだ人ばかり、いかにも職人という感じで仕事に厳しく口うるさい人ばかりです。
そんな人たちからすると私の仕事ぶりは見るに耐えかえるのか、毎日注意され、怒られてばかりです。
こう言っては何ですが、こんな仕事環境だったら嫌気がさして辞めてしまう人だって多いかもしれません。
実際、私のすぐ後に入社した同僚は2、3ヶ月ほどの勤務後辞めてしまったし、最近では、入社3日で辞めた人までいました。
この二人とも業界素人というわけではなく、私よりもずっと経験が長く仕事もできる人たちでした。

では、そんな環境にあってもなぜ私が長く続けることができているのか。
それは、以前には今以上に大変な環境で働いた経験があったからです。
そこではもっと怒られ、言葉の暴力を受け、言葉ばかりか殴られたり、蹴られたりなどの身体的暴力も何度となく受けました。
それでもすぐには辞めず一定期間歯を食いしばって居続けました。
そんな経験があるものだから今の環境の厳しさはどうってことないんです。
言ってみれば、以前の経験によって私の忍耐力がさらに増したということなのでしょう。
これまでの仕事人人生を振り返ってみると、その時々で辛い経験をしていますが、こういった経験はその時は大変でも後の人生で役立っていることを実感しています。

昨今はブラック企業という言葉が流行し、気軽に自分の勤務先をブラック呼ばわりするような人も増えましたが、私はね、「うちの会社はひでぇな〜、他の会社だったら絶対ありえんな」などと思うようであれば、そんな会社はすぐにでも飛び出して他社へ転職してみればいいと思うんです。
かつて勤めた会社の社長がこんなことを言っていました。
「うちの社員で給料について不満を言う人がいるが、もっと高い給料が欲しいならぜひそういう会社に転職してほしいもんだね」と。
要するに、組織の不満分子は組織に害をもたらすだけなのでさっさと出ていってほしいというのが経営者の本音なのでしょう。
で、給料しかり、その他の待遇しかり、現実の世の中は今の勤務先以上にひどい会社があることに気付くかもしれません。
気付くというのはいいことで、そういう気付きがあれば世の中は甘くない(厳しい)ということがよくわかり、自分の言動をいい方向へ改めるきっかけになるでしょう。
どんな仕事にも辛い局面はあるもの、その時こそ耐えて忍耐力を高める訓練をするといいかもと思ったりします。

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログ<br><br clear=
yoron at 12:13|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年07月02日

無知のままやるのは失敗の確率が高いが、自分の無知さを思い知るための経験はやるべし

新宿歌舞伎町一番街
(あなたは本当の実態を知っていますか?)
数年前に調理専門学校に通っていた頃、「学校卒業したら自分のお店を持つんですか?」と聞く友人や知人がいました。
学校卒業後いろんなお店などで働いてきましたが(現在も飲食店に勤務中)、その間、「将来自分のお店を持つんですか?」と言われたこともよくありました。
自分のお店を持つというのは経営者になるということです。
経営者というのは従業員に比べかなりのストレスがかかり、仕事も大変だということは組織人として働いていればわかりそうなものです。
お店を持つというのは趣味のようなものではありません。
そういう点で、こういう質問を平気でする人の無知さに驚かざるをえません。

例えば、上記の質問を次のように変えてみるとよくわかると思います。
あなたが大学で経営学を専攻していたとしましょうか。
その時、「学校を卒業したら事業を興し社長になるんですか?」と周囲から聞かれたらどう思いますか?
あるいは、どこかの企業に勤めているあなたに対し、「いつかは自分の会社を持つんですか?」と誰かに聞かれたらあなたはその人に対しどう思うでしょうか?
口には出さなくても、「この人、頭おかしいんじゃないの?。そんなに簡単にできるわけないじゃん、アホか!」というのが本音でしょう。
続きを読む

yoron at 07:33|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年07月01日

強い者の前ではペコペコ、弱い者の前では威張る、こういう人いるよね。これは“保身”の基本なのだ。

国会議事堂1
(腹立たしいのもわかるけど、世の中ってこんなもんじゃない?)
“強きをくじき、弱きを助ける”、言葉はかっこいいのですが、現実の世の中を見渡すと、そりゃ映画やTVドラマの見過ぎでしょってなもんで。
当てずっぽうで言えば、現実は逆のパターンが多いのではないかと。
特に、組織というところにおいては、あえて極端な言い方をすれば、強い者の前ではペコペコ、弱い者の前では威張る、そんな人のほうが多いということです。
組織の構造を考えてみればそれはしかたのないことかもしれません。
だって、組織の中での仕事や人物に対する評価というのは、基本的に上に立つ者(権力を持った者)が下の者(権力を持たない者)を評価し、その結果として評価される側は給料等の待遇が決まるわけですから。

「私は会社(経営者、上司)の考え方・やり方が気に食わん!」と腹を立てるのであれば、潔くその組織を出ていく(辞める)べきでしょうが、実際は、生活がかかっているし、今すぐは出ていけない事情もあるでしょう。
そうなると、会社(経営者、上司)批判をするのは飲み屋やネット上ぐらいにして、仕事中は嫌いな人にも頭を下げ、場合によっては従順に従っているふりをし、それによって溜まったストレスは弱い者にぶつけることで少し解消する、みたいなこともやるしかないかもしれません。
弱い者にあたるのは何も怒鳴ったり、暴力を振るうようなことでなくても、自分の失敗やミスを部下のせいにしたり、巧妙に責任回避するといったやり方もあります。
続きを読む

yoron at 06:24|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年06月30日

立場によって意識が違うのは当然、あなたの“ふつう”、それふつうじゃないから

b6bf69a9.jpg
(自分の常識感覚だけで他人の行動を判断していませんか?)
昨日、職場の二人の責任者が言った言葉を聞いてとても違和感を感じました。
それはどういう場面だったかというと、、、
私が働いているのは飲食店で私は時給制のパートタイマーとして働いています。
このお店には、正社員以外にパートタイマーも多く、また外国人労働者もいます。
で、昨日は普段より予約客が多く多忙な日でした。
そんな状況の日、あるパートさんは予め出勤時間が決まっていたのかその時間通りに出勤してきました。
また、外国人労働者のほうは契約時間ピッタリに出勤してきました。
パートさんの勤務する職場の責任者はこう言いました。
「今日が忙しくなるのはわかっていたはずなのに、気をきかせて早く出勤できなかったのかな」と。
また、外国人労働者の勤務する職場の責任者はこう言いました。
「外国人というのは、仕事が多忙だろうが何だろうが関係なく時間通りにしか来ないのか」と。

責任者は二人とも正社員です。
私は今でこそパートタイマーとして働いていますが、仕事人人生としては圧倒的に長い間正社員として仕事をしてきているので、この二人の正社員の気持ちはよくわかります。
私は現在契約時間よりも少し早めに出勤して仕事に着手していますが、それは時給に換算されない仕事です。
私としてはそのほうが仕事の流れがスムーズにいくからやっているのですが、違う視点でみればそれは自分を犠牲にしているともいえます。
このスタイルは、私が正社員時代に“仕事は成果が重要”とか“事前準備、段取りが重要”ということを当たり前に思っていたので自然に身についたスタイルです。
続きを読む

yoron at 10:05|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年06月29日

人材採用難の時代に声が掛かる人、それでも声が掛からない人

高島屋タイムズスクエアから見た新宿の風景1
(最近、仕事絡みでお誘いを受けた経験はありますか?)
昨今、どこの業界においても、どんな職種においても「人材がいない!」、「思うように欲しい人材が採れない!」といった声が聞こえているような感があります。
私が身を置く飲食業界では、外国人や高齢者などが働いているのは日常の風景で、産業界全体で見れば、今後の生産年齢人口の減少傾向を見据え、まだ仕事の現場での比率の低い復帰を目指す女性労働者や高齢労働者、またアジア圏を中心とする海外からの若い労働者を積極的に採用していこうという流れになってきているように見えます。
労働市場がこういう環境になってくると、仕事を求める人にとってはチャンスが増えてきたととらえることもできるでしょう。
ただ、私の経験、考え方でいえば、人材採用難の時代において声が掛かる人、それでも声が掛からない人というのがいるように思います。

これは仮定の話ですが、あなたがもし経営者だとして採用責任者(担当者)だとして、自社の人材としてどんな人に声を掛けたいか想像してみて下さい。
果たしてどんな人物像が浮かびますか?
私の場合はこうです。
まず、私が直感的に採りたいと思うのは、「自分が気に入った人、自分に好印象を与えてくれた人」です。
これは私の独断と偏見ですが、例えば、私に対し不遜な態度を取り、私の言葉や考え方が気に入らないとばかり批判や嫌味を言う人は決して採用しません。
次に大事なポイントは、私が欲しいノウハウやスキルを持っていることです。
100%の要件を満たしていなくても、先程言った人物像面での印象が良ければ採用するでしょう。
続きを読む

yoron at 13:16|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年06月26日

組織にいるいる、こういう人に出会ったら適当にスルーするか逆に親しくなっておこう

579842c7.jpg
組織で働いていると仕事がやりづらい場面はいくつもあると思いますが、そんなうちの一つにこんなケースもあるのではないでしょうか。
あなたはある部門のスタッフで、自分の仕事の目的を達成するために他部門の協力を得る必要があったとします。
そこで、組織だから組織的に筋を通すことが大事だろうと考え、所属長経由あるいは部門の責任者に話しを通しそこから他部門の当該部署の長あるいは部門の責任者へ話しを持っていってもらったとします。
後日所属長に結果を聞いたら「話しをして了解をもらっている」と言われ、安心して他部門の実務担当者に直接お願いしに行ったら、「私(俺)はそんな話しは聞いていない」とか「そんなことまでは言われなかった」とか言われてしまい非協力的な態度を取られてしまった、というような。

こういうケースでは、その担当者は本当に話しそのものを聞かされていない、あるいは相手の依頼内容が聞かされていた内容と違う、または具体的な内容は聞かされていなかった、等あるでしょう。
いずれにしても、その人が非協力的な態度を取ったということは、その人の中に依頼内容への対応が面倒くさいとかできればやりたくないという思いがあるということです。
柔軟性があってフットワークの軽い担当者ならば、例え初耳ではあっても、「その話しは初めて聞くけど趣旨は了解した」と快く対応してくれるか、「上司に確認してから連絡するよ」といった感じで積極的に応じてくれるはずです。
組織間の壁はセクショナリズムなどという言い方で問題視されることが多いのですが、本来、物事がうまく機能するために組織がつくられているのですからそれが阻害する壁になってはいけないのです。
続きを読む

yoron at 09:14|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年06月24日

自分でいいと思っている“自分らしさ”は続けたほうがいいと思う

両津勘吉像1(亀有)
(自分らしさを生かせる仕事ならやりがいを感じるよね?)
料理人になることを志し飲食業界に飛び込んでかれこれ4年ほどになりますが、これまでに勤めたお店の中には、仕事中や他人の話を聞く際に私が笑顔を見せることがけしからんと上司や先輩から怒られたり、注意されたことがあったところがありました。
特に、職人は常に厳しくあるべきで仕事中は真剣な表情をするのが当たり前みたいな雰囲気が漂っている職場ではそうでした。
こういうところでは、笑顔は真剣に仕事をしていない証として見なされてしまう面もありました。

ただ、私は以前から仕事中の笑顔というのはとても大事だと考えていました。
仕事中に限らず、私生活でも笑顔でいるほうが自分も他人もハッピーになれると考えていました。
昔から『笑う門には福来る』なんてことわざもありますしね。
失敗やミスして叱責されている時にゲラゲラ笑ったりするのは、叱責する側からすればバカにされている(真剣に聞いていない)と受け止められかねないのでさすがにまずいとは思いますが、度を越していなければ何も神妙な顔をしたり、深刻な表情をつくる必要はないのではないかと思います。
お互いに通じれば目的は達せられるわけで、正直なところ表情なんてどうでもいいのではないかと。
続きを読む

yoron at 08:40|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック