仕事でも私生活でも、費用対効果を考えながら支出には優先順位を仕事の実態を知らずして思い込みだけで話すのは危険だ!

2022年09月17日

口は災いの元、特にビジネスの世界においては

『神社人』設立記念パーティ3(宴会風景)
(たかが言葉、されど言葉)
口は災いの元』という格言があります。
ご存知の方は多いと思いますが、意味は、不用意な発言(特に悪口とか批判とか)をすると自分自身に災いを招く恐れがあるため、言葉は慎重に選んだほうがよいということです。
これを頭の中ではわかっていても、いついかなる状況下でもこのことを意識した言動をするというのは本当に難しいものです。
例えば、私も散々経験しましたが、職場では努めて誰かの悪口や批判はしないようにしているものの、酒の場で一緒に飲んでいる人が気心が知れている人の場合だと、つい気が緩んで口に出してしまうというのはよくありがちです。
また、酒の場でなくても、本人がいないところで同様の言動をしてしまうこともありがちです。

以前から言ってきましたが、組織の中の人間関係というのは基本的に利害関係をベースにしています。
表面的には気心の知れた間柄のように見えても、自分の利害が絡むと人は豹変することがあります。
仕事帰りによく一緒に飲んで、会社や上司の悪口を言い合った仲でも、それはたんに話題の対象が会社だったりその場にいない第三者のことだったから意気投合したように思えただけというのはあるのです。
自分の利害と相手の利害が対立する場面になったら、裏切りといった行動だって起きかねません。
ビジネスの世界というのはそういうものです。
以前勤めた中小企業で、その会社の社長から信頼の厚かったナンバー2の人物がその会社を辞めた後に同業で独立し、そして、事業展開していく中で顧客を奪うという出来事が発生した時には、社長はその人物を裏切り者呼ばわりしかんかんに怒っていました。


ビジネスの世界、組織の世界は人間関係で成り立っているので、どうしても人間関係からくるところの問題が発生しやすいものです。
その問題は悪口となり批判となり、そして人を介して広がっていきます。
また、自分ではそう言ったつもりはなくても、他人を介しているうちのどんどん違う内容に変質していってしまうことだってあります。
だからこそ、口は災いの元なのであり、言葉を発する時は慎重になったほうがいいのです、仕事が絡む時は特に。
以前、現在の職場で同僚に雑談でいろんなことをしゃべったら、その内容の一部が悪く受け止められて責任者に報告され、後で責任者から注意を受けたことがありました。
今思うと職場で気を緩めてしまった私の不注意ではありますが、やっぱり、職場ではネガティブな発言をする時は気をつけないといけませんね。

そういえば、かつて勤めた飲食店でこんな出来事を経験したことがあります。
そのお店のオーナーの信頼の厚かった人物が、オーナーのお金(財布)をかなり自由に使わせてもらえたのをいいことに、オーナーの目の届かないところでやってはいけないことをやっていて、そのことが他のスタッフによってバラされたのです。
具体的にはどういうことだったのかといえば、その人物は時々スタッフの慰労会という名目でオーナーの財布を預かって飲み食いしていたのですが、その中に未成年者の高校生もいて、そういう人にノリで飲酒を強要していたというのです。
そして、慰労会に参加したスタッフの前で、「俺はオーナーからの信頼が厚い、だから俺だけ財布を預かることができるんだ」と自慢げに語っていたそうです。
実は、この事実をバラしたスタッフは、たまたまオーナーとそのスタッフと私他2名のスタッフと飲んだ際にこの話をオーナーにしたのです。
この話を聞いたオーナーの顔が苦虫を噛み潰したような顔になったのを私は見逃しませんでした。

このバラしたスタッフは、こんなことも言っていました。
「私はあの人のそんなところがとても嫌なので、その光景を目撃してからは慰労会に誘われても参加しないようになったのです」と。
このスタッフは勇気ある発言をしたと思います。
オーナーは、おそらくこの事実を知ってからはその人物に対する評価を下げたのではないでしょうか。
利害関係がベースにある組織においては、この例からもわかる通り、一つの言動が自分に不利に働くことは可能性として大いにありえます。
他人の前で口にしてしまった言葉は、もはやなかったことにするのは不可能です。
ということは、言葉は慎重に選ぶに越したことはないものの、一方で、一度口にしたからには、それが自分にどんな影響を及ぼそうが動じないことです。
利害が絡む世界で生きているのだからそのようなことがあっても不思議ではない、いや当然だぐらいに思っているほうがいいかもしれません。
あなたは、こういった経験をしたことはありますか?

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログ>

<br><br clear=
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
yoron at 07:04│Comments(0)仕事人の叫び 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
仕事でも私生活でも、費用対効果を考えながら支出には優先順位を仕事の実態を知らずして思い込みだけで話すのは危険だ!