他の仕事の経験は今の仕事でも生きるものである言わずもがなだけど、“経験”ってとっても大事なんだよ!

2022年07月24日

煽る言葉に煽られるな、仕事は着実に確実に地道にやって力をつけよ

IMG_3882
(気を付けましょう!、あなたの身の周りにあふれている煽り言葉に)
若い頃(20代、30代)は煽る言葉に弱かったというか、よく影響を受けていました。
「情熱の炎を燃やせ!」、「行動力でキャリアを切り拓け!」みたいな言葉にビビッと反応したものです(笑)。
以前の記事でも書いてきましたが、若い頃の私はビジネス書を読みまくっていたので、みょうに頭でっかちなところがあり、特に自己啓発本などは好んで読んでいました。
そういったものの影響で多くのいろんなものに手を出し、挑戦したりしてきましたが、今我が仕事人人生を振り返ってみると、結果的にものになったのは少なかったように思います。

私は現在58歳ですが、今つくづく思うのは、“仕事人は、世間(他人)の煽り言葉に煽られることなく、着実に確実に地道に自分の仕事をして力をつけることが大事”だということですかね。
考えてもみて下さい。
世の中の現実は、多くのそういう仕事人たちによって回っているのであり、また、自分が誰かに仕事を依頼する時、誰かの助けを求める時、誰かから商品やサービスの提供を受ける時、そういう仕事人、つまり着実に確実に地道に仕事をして力つけている人を信頼するはずです。
中には、派手な宣伝に騙されたり、口のうまい人の言葉にのせられてしまうこともあるかもしれませんが、そういうケースは割合でいえば圧倒的に少ないと思います。


かつて、ちょっとした知り合いに誘われて、あるネットワークビジネス関係者の集いに参加したことがありますが、集まっていた人たちが、主催者の「あなたもこうすれば成功できます!(稼げます!)」みたいな言葉にうなづきながら目をギラギラとさせている光景を見てかなりひいた覚えがあります。
こういうところで洗脳された人たちはきっと言葉が巧みになり、行動力も身につくのかもしれないが、きっと相手のことはあまり考えずに商売をしようとするんだろうなと怖いものを感じました。
違法でなければどんな手段を使おうと稼げるほうがいいという考え方もあるのでしょうが、私には受け入れられない考え方です。
ただ、自分が追い詰められている状況にある時、人生一発逆転を狙いたいという欲望を持っている時などに煽り言葉に感化されることがあるのは気持ち的によくわかります。

私のブログの記事を読まれている方は既にお感じになっているかもしれませんが、私自身が平凡な(?)な仕事人人生を送っているので(多くのいろんな経験はしていますが)、記事の内容のほとんどは自分で経験したり、身近で起こった日常的な些細な事柄がネタになっています。
他のブログの中には、「あなたもこうすれば仕事がうまくいきます!」だの、「成功の秘訣を大公開!」だのといった華々しいものもよく見受けますけれど、私はどうしても「絶対それ嘘だろ」とか、「本当に成功するんだったら、私はその秘訣は他人にはあまり教えたくないな」と思ってしまいます。
私は人間が小さいのかもしれません(笑)。

私は現在非正規労働者として時給で働いていますが、仕事は平日毎日あって、常に着実さや確実さが要求され、目立った成果が出るわけでもない地味なものです。
それでも、この仕事では力がついてきていることは実感しています。
仕事ってこんなもんだろうし、これでいいんじゃないのかなぁ、なんて思います。
目の前のお客さんが自分の仕事の成果に満足し、時には「ありがとう(ございます)」という言葉を掛けられて嬉しくなる、逆にクレームを付けられてへこんだり、この繰り返しなんですよね。
こういう経験の積み重ねによってこそ、仕事人としての本当の力は身に付くんではないでしょうかね。
あなたはどう思いますか?

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログ>

<br><br clear=
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
yoron at 05:30│Comments(0)仕事人の叫び 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
他の仕事の経験は今の仕事でも生きるものである言わずもがなだけど、“経験”ってとっても大事なんだよ!