たしかに、経営者の器以上には企業は成長できない相手はなぜ強いのか、冷静な思考で分析すべし

2022年05月20日

本気で仕事を変えたければ変えられる

6F94EAD8-6325-41BF-82E3-7174536F1DFE
(本気で仕事を変えたいと思ってます?)
私は、これまで10数回転職をしました。
(この場合の転職は仕事先を変えるという意味で使っています)
で、勤めていた会社を辞める度に何人かの同僚たちからよく言われたことの一つに、「お前はいいよなぁ、転職できて。私だって転職できるなら転職したいよ」という言葉でした。
この言葉を聞く度に、いつも内心では「だったらさっさと転職すれば」と思っていました。
と同時に、「たぶん、この人は本気で転職する気はないんだろうなぁ」とも思っていました。
なぜって、私の経験からいえば、転職したければいつだってできるからです。
ただし、その場合「すべての希望を叶えるのは難しいですけど」という前提が付きますけどね。

だから、転職を成功させるためには、自分が一番重視する点を明確にすることが大事です。
自分は何のために転職したいのか、自問自答して回答を出すことです。
・より高い給料をもらいたいから転職するのか。
・やりたい仕事があるから今の仕事を辞めてその仕事に挑戦するのか。
・家庭内の事情を優先して転職するのか。
・将来の目標実現のために戦略的に転職をするのか。
・ハード過ぎる現在の仕事から逃れもっと楽な仕事に就きたくて転職するのか。
等々、人によって重視したいことはそれぞれ違うはずです。
こういうところを明確にしないまま、何となく、給料が高くて、休みが多くて、仕事が楽で(それでいてそこそこ面白くて)、将来性もあって、みたいな感じで転職活動を始めるとうまくいくはずがありません。


先ほどの同僚たちの言葉「私だって転職できるなら転職したいよ」からは本気を感じないんですよね。
本音の部分には今の仕事が嫌だから辞めたいという思いもあるのかもしれませんが、それはネガティブな思考だけからきているものなので、辞めた後はどんな人生計画に基づいて進んでいきたいのかというのが描けていないんですよね。
こういう人たちは、「辞めたい、でも辞めたら今より給料は下がるだろうな」とか、「今の会社を辞めても実力がないからもっといい会社には行けないよな」とか、「仕事は嫌でも今の会社にずっといたほうが将来もらえる年金その他の恩恵は多いんだよな」とか、結局のところ、転職しないほうが得という理由をつくってしまうんです。
その結果、転職したいというのは言葉だけで、本気ではないから実際の行動には移さないと。

現在の私の仕事は、飲食の調理関係です。
調理といっても、料理を調理しているわけではなく(以前はやっていたこともありますが)、パートタイムで補助的な仕事をしています。
正規労働者ではなく非正規労働者で、給料は時給制です。
正規労働者のような昇進・昇格・賞与は原則ありません。
短時間労働だと会社の社会保険には加入できないのですが、私の場合は、勤務先がそこそこの大企業であり、労働時間が長いので会社の社会保険には加入できています。
(ちなみに、飲食店だと求人広告で社会保険完備をうたっておきながら実際は加入できないブラックなところが多々あるのが現実です)

私は飲食業界に転職するにあたり、給料など待遇面はほとんど期待しないことにしました。
純粋に自分がやりたい仕事という観点だけで就きました。
写真はかつて私が正規労働者として勤めたIT企業でのある時期の給料です。
この当時に比べると、現在の給料は半分以下です。
時給制なので休日が多い月はかなり低くなります。
こんな状況ではありますが、現時点で他の仕事に転職したいとは思いません。
かつて人材系の会社でキャリアコンサルタントの仕事をしていた頃、飲食業界から他業界へ転職したいという人たちのデータをかなり見ましたが、よく見かけた転職理由が「重労働低賃金なのでもっと条件のいい仕事に就きたい」というものでした。
私の場合は、まったく逆で、低賃金でもいいからやりたい仕事に就きたいという理由で今の仕事を選び現在に至っています。

勤めたIT企業を辞めて転職活動をしていた際、当時登録していた人材紹介会社のキャリアコンサルタントから同職種でさらに年収がアップする求人を勧められたことがありました。
でも、私は断りました。
なぜならば、もうその仕事には関心がなくなっていて他にやりたい仕事があったからです。
で、その仕事の求人を紹介してもらい、うまくその仕事に就くことができました。
その後も転職を重ね新しい仕事に就いてきました。
ここまでこれたのは、自分の中で転職の目的が明確になっていて、「転職する」という思いが本気だったからでしょう。
だから、もし、現在転職の二文字が脳裏にある人に言いたいのは、それが本気なのかどうかを自問自答してほしいということです。
本気であれば絶対成功する!、と私は断言します。
転職成功のための最初のステップは、繰り返しになりますが、とにかく、転職で一番重視することをはっきりさせることですね、もちろん本気で!

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログ>

<br><br clear=
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
yoron at 23:00│Comments(0)仕事人の叫び 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
たしかに、経営者の器以上には企業は成長できない相手はなぜ強いのか、冷静な思考で分析すべし