いくつになっても指示がないと動けない人間になっていないか的を射た指摘だと思ったら、相手が誰だろうと素直に受け入れよう

2022年01月16日

不毛な議論には参加せず、自分の仕事に集中したほうがよい

IMG_1617
(不毛な議論・やりとりで時間を無駄にしていませんか?)
日本でインターネットがまだあまり普及していなかった頃、当時いち早くそれを利用していたネットワーカーの間でネット上の議論が盛んに行われていました。
私も20代から参加し楽しんでいたものです。
時には議論に没頭するあまり、平日でも深夜遅くまでネットをしていて翌日の仕事時間中によく眠気に襲われたものでした(笑)。
この当時のことを振り返って思うのは、プライベートでは楽しかったものの、その経験やそこで交わされた議論の中身が自分の仕事に生かされることはほとんどなかったということでしょうか。
そりゃ、そうですね。
20代の若者が国の政策や日本経済の行方等について青臭く語ったところで、そういう仕事に関わっていなければそれはただの不毛の議論だからです。

それに加え、本業では眠気に襲われて生産性が落ち支障をきたしていたのですから、不毛な議論に熱心に参加した罪は大きかったと言わざるをえません。
今でもネット上では、お互いに不毛な議論を延々に繰り返している場面を見かけることがありますが、そういう場面を見るにつけ、かつての自分を思い出しながら、「あー、不毛なことやっているなぁ。時間の無駄だよ〜」と思ってしまいます。
会社の会議なんかでも、結論が出ない議題についてあーでもないこーでもないといったやりとりが参加者間で行われている不毛な会議ってありますよね。
参加者の中には、口には出さないものの、内心「いいかげんに決めてくれよ!、こっちは他にやらなければならない仕事があって忙しいんだからよ!」と思っている人もいることでしょう。

自分のこれまでの経験も踏まえながら言わせてもらえば、仕事人なら、不毛な議論には参加せず、自分の仕事に集中するほうが賢明です。
何も効果を生まないことには時間を使わず、自分の仕事人人生に役立つノウハウやスキルを少しでも多く得られるような事柄に時間を費やすほうが有益です。
私が参加しているSNSで、私が投稿した内容の些細な点に目をつけてケチを付ける知人がいます。
例えば、文章の中にいくつか誤字脱字があったりすると、ここぞとばかりにそれを取り上げたり、ちょっとした事実誤認を見つけたら、私が言いたかったことからは逸れるかたちで私を論破しようとばかりに議論を吹っ掛けようとしたり等。
ネット上のつながりなので、こういう場合は私は適当にスルーしています。
言い方はよくないかもしれませんが、現役仕事人は自分の利益を優先しなくっちゃですね。

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログ><br><br clear=
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
yoron at 08:09│Comments(0)仕事人の叫び 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
いくつになっても指示がないと動けない人間になっていないか的を射た指摘だと思ったら、相手が誰だろうと素直に受け入れよう