自分(自部署)に関わる情報は、「聞いていない」ではなく、自ら聞きにいけ他人に取って代わられる仕事なら次の仕事を見つけろ

2021年11月26日

仕事の現場は面白い!、だから仕事人は辞められない!

マンション工事現場
(現場は最高!、と思いませんか?)
仕事の現場では毎日いろんなことが起きます。
当事者になれば辛いこともあるでしょう。
逆に当事者だからこそエキサイティングだということもあるでしょう。
現在の私は一非正規労働者にすぎませんが、かつてはいろんな会社で正社員としていろんな仕事に関わった経験があるので、現場でいろんな出来事がある度に、いろんな情報に接する度に、それらの点が線になり面になっていくのを感じながら楽しんでいます。
言い方はよくないかもしれませんが、末端で何の権限もない私でも、かつての仕事人経験で得た知識やノウハウを駆使すれば、小耳にはさんだ情報からでも今後起こりうる出来事が容易に想像できたりします。

仕事を完全に辞めて引退生活をしていたら、もはや当事者にはなれないので評論家のようなもの言いしかできないでしょう。
評論家という職業をバカにするわけではありませんが、評論をする人の言葉を聞いていると、どうしても語ることがすべて他人事のように聞こえてしまうんですよね。
自社のOBの言葉でも、「あなたは現役時代はそんなことは言わなかったのに(言葉通りの行動もしなかったのに)、今は完全に部外者で何の責任も負わなくてもいいから気軽に言えるんだよね」と思ってしまうのです。
実際、私自身、在職中は言えなかったことも、在籍していた会社を辞めると好き勝手に言えちゃうんですよね。

ただ、どんな関わり方をするにせよ、仕事の現場に身を置いているといろんな経験ができるので、「仕事の現場は面白い!」とつくづく感じます。
“事実は小説より奇なり”という言葉がありますが、ほんと、不思議なことがよく起きます。
そこがまた面白いんです。
だからなんでしょうね、仕事人をなかなか辞められないのは。
あっ、これは私の場合ですけどね。
いや、私ばかりでなくそういう仕事人は多いような気がします。
仕事は利害関係が絡む世界ですが、だからこそ、いろんな人の思惑が交錯し、その中でいろんな不思議なことが起きるのでしょう。
さて、あなたは、今の現場で何か面白さを感じることができていますか?

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログ><br><br clear=
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
yoron at 23:41│Comments(0)仕事人の叫び 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
自分(自部署)に関わる情報は、「聞いていない」ではなく、自ら聞きにいけ他人に取って代わられる仕事なら次の仕事を見つけろ