そうか、そういうことだったのか!、ビジネスのリアル【驚】あれれ、どうしちゃったのかな、急にアクセスが増えた記事がある!

2021年03月16日

実務力があれば他人の関心(評価)を高められる

IMG_0912
(あなたが活躍できるかどうかは実務力の有無にかかっている)
昨日の記事で、夜の仕事を退職後すぐに次の仕事が決まったという話をしました。
これは何も事前に就職活動をしていたからではなく、私が辞めることを知っていた人が声を掛けてくれたことによるものです。
声を掛けてくれた人は、私がやっていたダブルワークのうちの勤務を継続しているほうの仕事先の責任者でした。
では、なぜその責任者は私に声を掛けてくれたのか。
もちろん、ちょうど人材が欲しいタイミングであったというのもありますが、外部から改めて新規に採用するよりも、日頃から私の仕事ぶりを見ていてまずはこの人に声を掛けてみようと思ったからでしょう。

自分で自分のことを高く評価するようでやや不遜ではありますが、私は他のスタッフに比べ実務力があるという自負はありました。
業界経験のない(あるいは浅い)パートスタッフに仕事を教えたり、仕事のマニュアルを作成して全員に配布したり、責任者から依頼された他のスタッフではできない仕事を遂行したりと、多くの点で今の仕事に貢献してきたという自負があります。
仕事の成果に対する評価は他人がするものではありますが、オープニングの時の業務開始から今日まで私が果たした役割は大きいと思っています。
それに、オープニングの時から一緒にやってきたベテランの同僚が間もなく退職するので、責任者からすればますます私に依存せざるをえなくなるという状況です。


以前から言ってきましたが、仕事人は実務力があってこそナンボです。
口だけでかっこいいことを言っても、実際にやらせてみたら何もできない、大したことができないというのはでは誰も相手にしてくれません。
リーダーのポジションに就いてみたところで、自身に実務経験がなく、率いるメンバーに実務力が備わっていなければ目標達成(成果を上げること)などできるはずがありません。
そのことがわかっている人は、他人を見る時に「この人は実務力があるか」という一点をしっかり見極めようとします。
採用面接においては、履歴書に“経理実務の経験あり”と書かれていれば、面接官はどれぐらい経理の実務ができるか実務力を確認するための質問をあれこれするでしょう。

私の事例からもわかる通り、実務力があれば、そしてその力が他人の目にとまっていれば、他人の関心(評価)を高められるんです。
こう考えればわかりやすいと思います。
もし、あなたが自分の任務を果たすためにチームメンバーを集める必要があったとします。
その時、あなたはどんなことを念頭に置いてメンバーの人選をするでしょうか。
おそらく、あなたが考えたタスク一つひとつにおいてそれを確実にやり遂げることができる人材を選ぶはずです。
口がうまい人とか、性格がいい人とか、飲み(遊び)仲間とかではなく、最優先は実務力があるか否かではないでしょうか。
あなたは自分の実務力に自信がありますか?

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログ>

<br><br clear=
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
yoron at 15:06│Comments(0)仕事人の叫び 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
そうか、そういうことだったのか!、ビジネスのリアル【驚】あれれ、どうしちゃったのかな、急にアクセスが増えた記事がある!