年とっても、褒められると嬉しいよね!どんな仕事人人生を送ろうが、自分が選んだ道を進んだのなら問題なし

2020年10月13日

自分に対する陰口は、聞こえてきても無視するにかぎる

df734bb4.jpg
(他人の陰口を叩く時間があるなら、その時間は他の生産的なことに使いたいものだ)
陰口:当人のいない所で言う悪口。
これまで10数回の転職を経験し、いろんな業界の会社のいろんな職場を経験してきましたが、どこの会社や職場でもあったのが、この陰口です。
親しい同僚と飲みに行けば、その場にいない誰かの悪口が必ず出るし、上司と飲みに行けば、その上司からさらに上の上司や他部署の人たちの悪口を聞かされる、自らもその場にいない誰かの悪口を散々言ったりして。
今日も職場の同僚たちがその場にいない人の悪口を言い合うのを聞きました。
今の私はそういうのに加担したくないので離れた場所にいて聞き耳だけ立てていましたが。

これが世の中の現実であると知ると、自分自身もまた自分がいないところで誰かに陰口を叩かれているであろうことは容易に想像がつきます。
私のように転職が多い人間は、必ずといっていいほど、新しい職場で「今度、新しく入社してきたアイツ、全然使えないな」みたいな陰口を叩かれることが多いものです。
陰口というのは当人がいないところで出ることがほとんどなので、どういう内容の陰口なのか当人にはなかなかわからないものですが、たまにですけど、良かれと思ってか、教えてくれる人がいたりします。
「お前な、陰ではこんなことを言われているぞ」ってな感じでね。


どんなかたちであれ、陰口が自分の耳に聞こえてくると気持ちのいいものではないでしょう。
「そうか、私にはそんな至らない点があったのか。これを機会に改めよう」などと前向きに考えられるならそれはそれで立派ですが、まぁ、そんな人はなかなかいないような気がします。
たいていは、「くそっ、アイツら言いたいこと言いやがって。アイツらに私の何がわかるってんだ」と腹立たしく感じるはずです。
人によっては、陰口を叩いた人たちの陰口を叩いて報復する人もいたりなんかしてね。
こういう負のサイクルって、決して前向きではないですよね。

私ね、思うんですけど、自分に対する陰口は、聞こえてきても無視するにかぎるかなと。
もし、親しい誰かが「陰ではこんなことを言われているぞ、知っているか?」と教えてくれても、「ありがとう。言いたい人には言わせておいて全然構わないさ」とサラっと流すぐらいでいいかなと。
陰口で心を乱されるより、陰口を叩いた人が目の前にいても、知らない顔してふつうに付き合えばいいと思うんですよね。
陰口を叩く人は所詮その程度の人物です。
本当に相手にすべきは、どんなことでも面と向かって言ってくれる人です。
そういう人の言葉は真剣に受け止めて損はないはずです。
自分に対する陰口には鈍感なぐらいがいいかもですね。

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログ>

<br><br clear=
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
yoron at 22:23│Comments(0)人間バンザイ! 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
年とっても、褒められると嬉しいよね!どんな仕事人人生を送ろうが、自分が選んだ道を進んだのなら問題なし