今は、たぶん、“嵐の前の静けさ”であろう仕事探しの情報収集ぐらいしておいたほうがよいのでは?

2020年07月08日

つまんない仕事なんてない!、他人が見れば超面白い!

サトウキビの苗を植える父
(ぜひ、あなたも自分の仕事について大いに語ってみて下さい)
いつだったか、近所の行きつけのバーで一人で飲んでいた際、たまたま隣り合わせた見知らぬ人と仕事話で盛り上がったことがあります。
あっ、仕事話といっても、その人と私が商談したわけではなく、その人の仕事について私があれこれ質問しいろんなことを教えてもらったという盛り上がり方です。
その人は、植木職人だったのですが、長年やっているらしく、おかげで奥深い話をたくさん聞けました。
業界のこと、営業のし方、いいお客さんと悪いお客さんについて、その仕事の面白い点と大変な点、、、とにかく根掘り葉掘りヒアリングしました。
なぜ、私が興味を持ったのかといえば、身近に植木職人がおらず、そのためこれまでの仕事人人生でその仕事を知る機会がなく、その仕事についてはまったく無知だったからです。

また、ある時、このブログの読者でもある知人からこんなことを言われたことがあります。
「よくまぁ、毎日毎日記事を書けるだけの仕事ネタがあるもんだね。私なんてつまんない仕事しかやっていないから、他人に読んでもらえるような仕事ネタなんて何もないよ」と。
この知人が言ったことを、私もわからないわけではないんです。
何を隠そう、若い頃の私もそうでした。
自分がやっている仕事が他人に比べつまらないものに思えてくると、その仕事にまったく意義を見出せなくなり、その結果、他人の前で自分の仕事話をしたくなくなるのです。
「大した仕事なんかしていないから、他人に話すのは恥ずかしい」と思ってしまうのです。
あなたもそんな経験をしたことがあるのではないですか?


でもね、これまで10数回の転職をし、いろんな仕事を経験してきてみると、どんな仕事をやっても面白く感じられてきたのです。
おそらく、自分が関わっている仕事を他人視点で見ることができるようになったからだと思うんです。
どういうことかといえば、例えば、ある業界のある会社で経理の仕事をやっていた人が、他の業界の他の会社の経理の仕事に就いたら、考え方もやり方も違っていて戸惑うということがあるでしょう。
そうすると、そこで問題意識が生まれるはずです。
「なぜ同じ経理なのに、この業界、この会社ではこういうふうにするのだろう?」と。
こういう経験を何度もすればするほど、目の前の仕事について他人視点で興味が持てるようになります。
かつて勤めたベンチャー企業に、ある大手経営コンサルティング会社から転職してきた同僚がいましたが、その同僚はまったく初めて経験する仕事に目を輝かせながら毎日を楽しんでいました。

あなたが大企業の経理部門の一部署の経理担当者だとして、毎日何百枚という伝票処理に追われていたとします。
仕事をつまんなく感じているうちの目標というのは、おそらく、「いかにその伝票を早く処理し、いかに仕事を早く終えられるか」ということかもしれません。
そういう目標だと、伝票枚数が増えれば増えるほどストレスが溜まるでしょう。
たしかに、多くの場合、経理担当者には、伝票を早く確実に正確に処理することが求められます。
しかし、伝票は一枚一枚に情報が書かれています。
その情報は、自分がその会社のいろんな情報を知っていればいるほど多くのことを読み取れます。
あなたの前に営業部から回ってきた一枚の出金伝票、そこには顧客接待の旨が書かれ、顧客名、自社の同行者の氏名が記載されていたとします。
ところが、一緒に添付されていた飲食店の領収書を見たら、そこには、顧客接待には不向きな社内の関係者がいつも飲み会で使っているお店の名が。
ベテランの経理担当者なら勘が働くでしょう。
「ははぁ、こいつらは社内の飲み会費を会社経費で処理させようとしているんだな」と。

こういう例はどんな会社にも少なからずあります。
そして、どんな仕事からでもいろんな情報がとれます。
私は、かつて総務関係の仕事をしていた時、会社の警備員や掃除担当者と親しくなっていろんな情報を得ていました。
多くの人は、会社の入り口のところで警備員と挨拶を交わす程度かもしれませんが、彼らは意外と多くの情報を持っていたりするものです。
当の警備員は自分の職業を会社退職後に就いたしがない仕事だと思っているかもしれませんが、彼らが持っている情報は他人から見れば超面白いし、中には役立つものだってあります。
私は、現在、毎朝、大学生や専門学校生相手の朝食対応の仕事をしていますが、相対する一人ひとりの若者たちからたくさんの情報を得ていて、若者に関する情報をこんなにも効率的にたくさん得られる仕事はなかなかないよなと面白がっています。
最後に一言言いたいのは、「つまんない仕事なんてない!、他人が見れば超面白い!」ということですかね。

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログ

<br><br clear=
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
yoron at 11:29│Comments(0)仕事人の叫び 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
今は、たぶん、“嵐の前の静けさ”であろう仕事探しの情報収集ぐらいしておいたほうがよいのでは?