評価者の評価を気にして仕事をするか、自分が納得できる仕事をするか想定内ではあったが、勤務先(飲食店)の休業が決定!

2020年04月05日

「今がチャンス!」と考えている野心家もいるだろう

IMG_7251
(今は情報を集め、チャンスを伺う時かもね)
ピンチはチャンス!』という言葉もありますが、昨日、知人との会話の中で、「世間は今、新型コロナウィルス騒動で不景気になるとか先行きが暗い話ばかりが前面に出ているが、野心家は“今がチャンス!”と考えて、虎視眈々とビジネスチャンスをつかもうと準備をしタイミングを見ているだろう」という話が出て、お互いに考え方が一致しました。
以前の記事で、新型コロナウィルス騒動の後にはもっと深刻な経済危機が来ると悲観的なことを書きましたが、それはマクロ経済の話であってミクロな視点で個々のビジネスに焦点を当てれば、実は景気のいい明るい材料もあるでしょう。

株式や為替を扱っているビジネスは売り買いのタイミングを見計らっているであろうことは容易に想像がつきますが、それ以外の実業の分野でもいろんなことが考えられます。
例えば、私がいる飲食業界は今回の新型コロナウィルス騒動の打撃で相当数が営業不振に陥り倒産(廃業)に追い込まれると予想されています。
体力のない飲食店や新しいアイデアで危機を突破できない飲食店ががそうなるのはしかたのないことでしょう。
それは飲食業界にかぎらずどこの業界も同じだと思います。


では、この時期、経営がヤバくなった飲食店はどうするでしょうか。
自分ではもうどうにもできないと思った経営者は、最小のリスク(ダメージ)で廃業を考え、儲けにはならなくても事業譲渡をしたいと考えるかもしれません。
一方で、その情報を聞き付けた野心家は相手の足元を見て値切り交渉を行い、通常の相場よりもかなり安い価格でその事業を手に入れ自分の事業に組み入れるかもしれません。
世の中が不景気になった時は多くの業界で再編が起きやすいものです。
その動きをビジネスチャンスにできるかどうかは、それぞれの仕事人の感性や行動力にかかってきます。
そういう点では、何を隠そう、私自身もいろんな方面にアンテナを張って情報収集をしているところです。

若い頃、ある会社に勤めていた時の出来事です。
当時、四大証券といわれていたうちの一社である山一證券が破綻したことがありました。
その時、私の勤務先の親会社の社長が山一証券で顧客対応に追われまくっていた窓口の女性たちを大量に採用したことがありました。
なぜ、そんな行動をとったのか。
それは、当時窓口に殺到したお客さん対応で修羅場を経験した仕事人は自社で大いに使える!という判断が働いたのです。
また、こんなこともありました。
これも私の仕事絡みの出来事ですが、当時付き合いのあったある自動車部品メーカーが外資に買収されることになり、社員が大量に退職するのではとの噂が流れていました。
その時、知り合いの人材コンサルタントから連絡があり、その会社に知り合いがいれば紹介してほしいとの依頼を受けました。
つまり、人材が流出する時は人材会社にとってはビジネスチャンスというわけです。

今の時期、先行きが暗い話をするのは誰にでもできます。
悲観論ばかり述べる評論家は悪い材料ばかり取り上げます。
心理的に落ち込んでいる時はこういう話は受け入れやすいものです。
しかし、仕事人がそれであっては自分自身がダメになるだけです。
今こそがまさに前向きな思考を持つべきタイミングです。
「多くの人が景気の悪い(先行きが暗い)話ばかりしている。もしかしたら、今の時期だからこそ探せばどこかにビジネスチャンスがあるのではないか」と。
世界的に需要がひっ迫しているマスク。
でも、この新型コロナウイルス問題が終息すれば逆に作り過ぎたマスクが供給過剰として大量在庫になり投げ売りが始まるだろう、そしたら大量に買い取ってそれを売ろうとか、これは一例ですがいろんなことが思い付くのではないでしょうか。
さぁ、あなたはどんなビジネスチャンスを考えていますか?

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログ

<br><br clear=
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
yoron at 07:10│Comments(0)仕事人の叫び 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
評価者の評価を気にして仕事をするか、自分が納得できる仕事をするか想定内ではあったが、勤務先(飲食店)の休業が決定!