自分が正しいと思うことをやってみよ、うまくいけば他人はあなたを評価する今の仕事に関心を持とう、その仕事だからこそ経験できることもあるから

2020年02月16日

人は“自分の利のために他人を利用する”生き物であることを知っておくべし

両津勘吉像1(亀有)
(何らかの思惑で他人を利用するのは悪いわけではないのだけど、、、)
ある人が有名人と一緒に写真に納まったとしましょう。
その人が仮にその際、有名人に「記念に一枚、一緒の写真を撮らせてもらっていいですか?」と声を掛けたとして、あなたがその有名人だっならばそれは本当だと思いますか?
まず、断言できるのは、有名人に近づいた人の魂胆は、その写真を単なる記念にするつもりはなく、おそらく、利用できる場面では大いに利用したいということです。
事あるごとに他人の前でその写真を見せては、「どうだ、すごいだろう。私はこんな有名人とも親しく付き合っているんだぜ」と自分の大物ぶりをアピールするかもしれません。
ネット上でたくさんの人がそういうことをやっているのでこういう事例はわかりやすいのではないでしょうか。
きっとあなたにもそんな経験がありますよね(笑)。

まだ私が10代の学生だった頃、田舎で当時学校一番の秀才と目されていた人物が都会の有名大学を受験するということが話題になり、それが田舎で初めての出来事だったのでその話題は田舎中に広まったことがありました。
そうしたら、「実はあの人の家族とは親戚なんですよ」などと言い出す人が続出しました。
私の同級生の中にも「あの人とは親しい間柄なんですよ」と自慢気に話す人がいるぐらいでした。
しかし、それもその人が有名大学に見事に合格したという話を聞かず、時が経ちその話題が人々の会話にのぼらなくなると、その人の存在も忘れられたんなる昔話になっていきました。
こういうことはよくあることです。
つまり、人は他人を利用できる時は思いっきり利用する、もっと言えば、人は“自分の利のために他人を利用する”生き物だということです。


私も他人を利用したことが何度もありますし、自分自身が利用された経験もあります。
これまでの人生を振り返れば、仕事面では輝けるほど活躍したことはありませんが、プライベートではある程度周囲から注目される活動をしたことがあります。
異業種交流会を主宰してそこそこ大きな組織につくりあげたり、あるいはあちこちの飲み屋を飲み歩いてその世界での有名人になったり(笑)、と。
こういう時はいろんな人が近づいてきました。
そして、後から知ったことでしたが、近づいてきた人の中には、私とは一度しか会ったことがないのに、「私は彼とは懇意にしている間柄なんですよ」と周囲に吹聴していた人もいたようです。
行きつけの飲み屋などでは、私の名前を出せば店主やスタッフが歓迎してくれるので利用した人は多いみたいです(笑)。

人は“自分の利のために他人を利用する”生き物であることを知った上で、利用される側は気をつけておかなければならないことがあります。
それは、相手が利用する価値がなくなったと思った人の中には、自分が利用した人を貶める行為に走る人もいるということです。
極端な話、昨日までは賞賛してヨイショしていたかと思いきや、利用していた人が何かにつまづいて失敗したり周囲の批判にさらされる状況に陥ると、今度は手のひらを返して徹底的にバッシングをし始めたりとか。
他人の言動について、言いたいことがあってもしばらくは様子見をし、周囲の人たちの反応を見ながら大勢が定まったところでそちらへ自分の言動を持っていく、要するに後出しジャンケンをするようなタイプの人ですね。
本人は勝ったつもりでいるかもしれませんが、こういう時にその人の本性がよくわかるので、相手は以後はその人を信用しなくなるものです。

私は現在50代で、仕事はパートタイムを二つ掛け持ち収支ギリギリのところで生活しています。
そんな状態だからプライベートでもかつてほどいろいろできないので目立ったこともしていません。
言ってみれば、ただの冴えないおっさんです。
こういう状態にあると誰も私を利用しようとしません。
利用のしがいがないからです。
いや、ちょっとぐらいはあるかな(笑)。
それはさておき、個人的には、腹に一物みたいな人が近づいてこないので楽に生きられます。
と同時に、他人を観察していると相手を利用しようとしている動きがよくわかります。
冒頭で紹介した記念写真なんかはまさにいい例で、SNSつながりの人が自分の投稿にいろんな人たちと一緒に写っている写真をたくさん上げていればいるほど、「あー、この人はこうやって他人を利用しながら自分の存在感をアピールしているんだな」と思うわけです。
まぁ、この程度のことはある程度人生経験を積んでいる人ならわかることなんでしょうけども。

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログ

<br><br clear=
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
yoron at 09:23│Comments(0)仕事人の叫び 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
自分が正しいと思うことをやってみよ、うまくいけば他人はあなたを評価する今の仕事に関心を持とう、その仕事だからこそ経験できることもあるから