副業とて仕事だ、本業と同じ姿勢で臨むべし個人の目標はどんどん変えていいものである

2020年02月08日

ほーら、私が言っていたことがわかったでしょ?

業務マニュアル
(目の前の相手が言っていること、あなたはどれぐらい理解できていますか?)
人というのは、他人がいくらいいことを言っても、あるいはよかれと思ってアドバイスしてくれても、自分が同じ状況になってみないとそのことを(まったく)わからないということが往々にしてあるものです。
会社や組織に以前から明文化されたルールがあっても、それがなぜできたのか、その重要性に気付いていない人は邪魔くさく感じて故意に破ったり、軽視してしまうことがあります。
例えば、あなたはあなたの勤務先の就業規則をちゃんと守っていますか?
仕事上の業務マニュアルに従い業務を行っていますか?
それらは意味があり、必要性があって作られたものなのだから、仕事人なら基本的には従うのが義務だし、また問題があるならしかるべき人(部署)に対して問題提起(改善提案)をするべきでしょう。

以前、私が職場で他のスタッフにも活用してもらおうと自主的に業務マニュアルを作成し配布したという記事を書きました。
それから数ヶ月が過ぎましたが、それが他のスタッフの業務遂行においてどれぐらい活用されているのか、また私のやった勝手な行為に対しどれぐらいありがたく思ってくれているのかわかりません。
ただ、他のスタッフの動きを観察していて時々気付くのは、どうやら私が作ったマニュアルとは違ったやり方をしている人もいるようだということです。
私が作ったマニュアルは会社の公式なものではなく、言ってみれば私的作成物なので強制力はなく、あくまでも参考程度のものです。
だから、もしかしたら、他のスタッフにとってはやりづらい内容になっているかもしれず、そういう人は自分流のやりやすいやり方をしているのかもしれません。
まぁ、それはしかたがありませんね。


ところで、先日、職場(学生マンションの食堂)でこんな出来事がありました。
朝、責任者からスタッフに対し、ある学生は個人的事情で公式の食堂オープン時間内に食事がとれないので少し遅い時間帯にやって来ても例外的に対応してあげてほしいと指示がありました。
私はこの責任者がこういうやり方(いい悪いは別にして)をする人だと知っていたので指示通りの対応をしました。
ところが、責任者からの朝の指示の意味をよくわからないまま聞き流していた他のスタッフは、私が例外的に対応したのを気に食わず、「以前は、時間厳守で、遅い時間にやってきた学生さんへの食事対応はしないという方針だったではないですか?。こういう例外を認めたのでは他の学生さんも真似するかもしれず業務に支障が出ます。何時まで認めるのかルールをしっかり決めて下さい!」と強い口調で責任者に詰め寄りました。
責任者は、このスタッフと私の前で再度事情を説明しつつ、一応のルールを決めました。

このスタッフが言ったことはある意味正しいのです。
しかし、このスタッフがこんなことを言った背景には、この人自身が自分の業務に支障をきたしたという出来事がありました。
自分が困らなければおそらく何も言わなかったでしょう。
私が以前このスタッフに業務マニュアルを手渡した際に、「仕事にはルールが必要だし、またルールがあったほうが仕事がしやすいんですよ」と言った時は、「あー、そうですよねー」などと言いながら適当に受け止めていた感じでした。
実際、このスタッフの動きには私が作ったマニュアル通りやっていない動きもあり、この人はマニュアルの重要性の意味をあまりわかっていないんだなと思ったものです。

実は、このスタッフが経験した出来事は私自身も以前に経験したことでした。
時間が決まっていたにも関わらず責任者が例外を許してしまたっために私の業務に支障が出たのです。
その時も私が問題提起して対応のやり方を決めたもらったことがありました。
ただ、中小企業で責任者のマネジメント能力がいまいちな組織というのは、そういうことを厳格なルール化・文書化・周知徹底するというのに慣れていないため、その都度対応(その結果、同じ問題がまた起きてしまう)になってしまいがちです。
そういった事情も私の仕事人としての経験上知っていたので、早い段階で業務マニュアルを作成していたわけですが、、、

まぁ、こういうことってよくありがちなんですよね。
結局のところ、冒頭の話につきるかと。
自分が未経験のことに関しては、他の経験者が何を言おうともなかなか理解できず(何となくは理解できても本当の意味では理解できないとか)、自分が同じ経験をしてやっと理解できる、世の中とはそうしたものなのでしょう。
だからこそ、仕事人はいろんなことをどんどん経験し自分の中にたくさん引き出しを持ったほうがいいんですよね。

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログ

<br><br clear=
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
yoron at 06:18│Comments(0)仕事人の叫び 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
副業とて仕事だ、本業と同じ姿勢で臨むべし個人の目標はどんどん変えていいものである