嗚呼、勤め人。面倒だが必要な「承認・決裁」というステップたまには自分で自分を誉めてやりたい!>ブログ執筆

2019年12月07日

「この人は嘘つきだ!」と思って相手の言動を観察してみよ

新宿歌舞伎町一番街
(嘘も方便とは言うけれど、、、)
本当はお金をそこそこ持っているのに周囲の目を警戒して、「いやぁ、私お金なくってさー」と嘘をつく。
逆に、お金がないくせに見栄を張ってお金を持っていそうな言動をする。
仕事ではほとんど活躍できずずっと平のままなのに、たまに会う社外の友人や知人の前ではいかにもバリバリ活躍しているかのごとく語る。
実際のところは人間関係がうまくいかず退職を決めたのに、「この会社で吸収したいことはほとんど吸収したような気がするので、キャリアアップのために転職を決意した」と嘘をつく。
本当は付き合っている彼女・彼氏はいないのに、友人から聞かれるといるようなふりをする。
本音ではそれほど美味しいとは思わなかった料理なのに、ネットでは「とても美味しかった!」などという嘘のコメントをつけて写真をアップする。
その人と付き合いたくないのが本音だけどさすがに本音は言えないから、「ごめん、その日ははずせない用事(先約)があって行けないんだ」と言って相手の誘いを断る。

これらはほんの一例に過ぎませんが、私たち(もちろん私も含めて)は日常的に嘘をつきます。
人間である以上、「私は生まれてこのかた一度も嘘をついたことがありません」と言う人がいたらそれこそ嘘でしょう、ってなもんです。
このところ、私は仕事上(職場)ではよく嘘をついています。
あー、言い方が悪かったような気がしますので、言い直すと、仕事上での報連相(報告・連絡・相談)などは極力正しく行うように心掛けていますが、自分が著しく不利益を被りそうな時やプライベートなことに関し詮索めいた質問をされた時などには嘘をついてごまかすことも多いです。
私は現在飲食系の仕事でダブルワークをしていますが、それぞれの仕事先から「(私が就いている)他の仕事が休みの日はこちらの仕事をやってくれないか」とよく頼まれることがあります。
でも、それを引き受けてしまうとそれこそ休みなく毎日朝から晩まで働くことになってしまうので、自分の心身の健康を考えて、「あー、すみません、その日は先約があって仕事の時間に入れないんですよ」と嘘をついて断っています。
あと、飲食の仕事では、同僚たちがよく他人の噂話をしていて、ちょっと言ったことが職場内で広がることがよくあるので(そういうのをよく経験したので)、プライベートな事柄に関しては極力実態を知られないようにしています。


とはいえ、仕事では信頼関係が大事とよく言われますが、それはもっともなことで相手が信頼できないといい仕事はできないのも現実です。
そこは仕事であるということを肝に銘じ、成果を出すことを第一優先にして一緒に仕事をする人たちとの信頼関係を築いていくことが大事でしょう。
そういう点では、仕事上で大事な報連相などで嘘をつくのはまずいと思います。
アポイントや会議の時間みたいなものはしっかり守ったほうが相手からの信頼を得られるし、依頼されたもの(こと)を依頼通りにできそうにない場合は事前にその旨報告(連絡)したり、失敗やミスをした場合は正直に報告したほうが相手の信頼を得やすいものです。
しかしながら、現実の世の中を見ると、組織で働く人たちの間では自分が悪者にされるのが嫌だから嘘をついて責任を他人に転嫁するなんてことがよく行われています。
これもまた仕事人の悲しい特質というべきか、まぁ、しょうがない面ではあります。

結局のところ、“嘘つきは泥棒のはじまり”ということわざはあるものの、対人関係においては、「この人は嘘つきだ!」と思って相手の言動を観察するぐらいのほうが物事はうまくいくような気がします。
部下に頼んだ仕事で部下に進捗状況を聞いた際、「万事うまくいっています」と報告されたら、「もしかしたら遅れているかもしれない」とか、「もし何もやっていなかったらこういう対応をしよう」といったことを頭の中で思い浮かべておくといいかもしれません。
そうすれば、あとから部下が嘘をついていたことを知った時に慌てなくてすむはずです。
こういうのは部下を信頼しないというのとは違うスタンスです。
つまり、誰かと一緒に仕事をする際にはそういったシミュレーションやリスク対策はとても大事だということです。
こんな記事を書くと、「お前は嘘をつくことを勧めているのか」とか、「私は嘘つきは嫌いだ」とか反発する人もいたりしますが、そういう人はどうぞご自身の考え方で人生をお過ごし下さい、といったところです。
あなた自身、あなたのこれまでの(仕事人)人生において嘘をついたことは何度もありますよね?
また、相手に嘘をつかれ、以来その人が信頼できなくなったといった経験をしたことはありますか?

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログ

<br><br clear=
yoron at 06:32│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
嗚呼、勤め人。面倒だが必要な「承認・決裁」というステップたまには自分で自分を誉めてやりたい!>ブログ執筆