転職者からはいいところを学べ、批判はするな自分にリーダー、上司の器があるかどうかはここをみろ

2019年11月02日

べき論、批判ばかりの人は、「じゃ、お前やってみろ」という言葉を恐れる

六本木ヒルズ
(べき論、批判ばかりの人が恐れるものは・・・)
世の中には、とにかく、「こうあるべきだ」とべき論ばかり述べる人や他人の言動を批判ばかりする人がいます。
言っていることは一見まともに聞こえますが、こういう人たちにはある特徴があります。
それは何かと言えば、「「じゃ、お前やってみろ」と切り返されるのに弱いということです。
何を隠そう、私の若い頃はまさにこのタイプでした。
やたらビジネス書を読みまくっていた私は、いわゆる頭でっかちになり、自分が置かれている状況に対し現実的な認識・判断ができず、いつもビジネス書などで得た知識をもとにしたべき論をのべることが多かったものです。
きっと、当時の上司はそんな私の言動に辟易していたのではないでしょうか。
べき論は、「うちの会社(うちの部署)はこうあるべきだ。でもできていない。だからダメなんだ」という批判につながる傾向があります。

私はこれまで何度も転職をしいろんな仕事、立場を経験してきましたが、そういった経験のおかげなのでしょう、最近はこういうべき論や批判は極力慎むようになりました。
はっきりわかったのは、べき論であれ批判であれ、自分がそれを口にするなら自ら実行する覚悟と行動力が重要だということです。
「私はただ言うだけ、やるのは他人」では何の意味も効果もありません。
そりゃ、組織であれば偉くなれば他人に指示命令を出して他人にあれこれやらせることはできるでしょう。
でも、そういう人はそれを組織のおかげと認識していないと自分の真の実力や人望だと勘違いしてしまいかねません。


かつて、ネット上でビジネスコミュニティのメンバー同士がお互い匿名のままビジネス談義を展開するというのがあり、私も一メンバーとして参加していたことがあります。
その場の大きな特徴の一つに、お互い素性がわからないことをいいことに、自分自身の実際の仕事の現実は語らずにあるべき論や相手の言動に対する批判が多かったっというのがあります。
私はその中の何名かと面識を持ったことがありますが、こういう言い方は失礼かもしれませんが、名刺交換してみたら会社は名だたる有名企業でも本人はただの平社員だったというのがありました。
いや、何の権限もない平社員をバカにしているわけではなく、ネット上では経営者みたいな高次元の論理を述べていたのに、実際の姿は大きな組織の中で力を発揮できていないやや屈折した人間にしか見えなかったということです。
極論を言えば、ネット上でその人が述べていたような事柄をその人が行動に移していればきっとその人は組織内で出世していただろうなと。

世の中には、コンサルタントを名乗る職業の人がたくさんいます。
外部(第三者)からのアドバイスは時として有効なことがあるので必要な職業だとは思います。
彼・彼女らの職業の最大の特徴は、問題点を洗い出し、その問題の解決策を提示したり、こういう方向に進んだほうがよいというあるべき姿を案として示すことです。
それを受け入れるかどうかを判断・決断するのはあくまでもお客さん側にあります。
ただ、コンサルタントの中には、自分のほうが相手(お客さん)よりも知見があるとばかりに上から目線で話をする人もいます。
こういうコンサルタントは自分が考えるあるべき論を力説し、相手に半ば強要しておきながら、失敗すると(効果があまり出ないと)それは自分の責任ではないと言い逃れをしたりします。
私もコンサルティングの仕事をした経験がありますが、その経験から言えるのは、コンサルタントと付き合う際には何でもかんでも鵜呑みにしてはいけないということです。

長くなりましたが、本当にできる仕事人というのは、べき論を述べつつ、批判をすることがあっても、「じゃ、お前やってみろ」と言われたら、「待ってました!」とばかりにやってみせるものです。
違う言い方をすれば、自分はできる自信があるので自分が考えるべき論を述べるのであり、他人の言動を批判するのです。
とはいえ、できる仕事人は現実的な解や行動力を重視するので、空虚なべき論を述べることや何もメリットがないのに他人の言動を批判することに時間を費やさないものですけどね。
さて、あなたは、あなたが出した意見(べき論、批判)に対し、他人が「じゃ、お前やってみろ」と言った時、それを実行に移す勇気はありますか?

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログ

<br><br clear=
yoron at 09:15│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
転職者からはいいところを学べ、批判はするな自分にリーダー、上司の器があるかどうかはここをみろ