上に立つ(権力を持つ)者が心に留め置くべきことは、立場だけでも下の者や弱い者を委縮させるということ「降りてゆく生き方」と「落ちてゆく生き方」はまったく違うものだ

2019年09月28日

上司の言動を見て、「あー、サラリーマンだなぁ」と思う瞬間

『酒蔵かっぱ』(新橋)熱燗
(あなたが上司の言動に対して失望するのはどんな時ですか?)
私自身、かつては部下を持つマネージャー職を務めた経験があるので同様の立場の人の言動の背景にある心理がよくわかるのですが、上司の言動を見て、悪い意味で「あー、サラリーマンだなぁ」と思う瞬間ってあるんですよね。
自分よりも強い者、特に自分の人事評価をする権力者の前では、思っていることの半分も言えないというか、時には権力者の指示命令に納得できなくても、何も問題ないかのごとく(例え問題が起きても何とか解決できますみたいな感じで)「わかりました」と受けてしまうんですよね。
たちが悪い上司の場合は、受けた仕事を自分でやらず、そのまま部下に丸投げして部下に苦労を押し付けたりします。
そして、うまくいかなかった場合は部下のせいにする、こういう上司にいたってはもう最悪です。

私の勤務先の事例を紹介します。
勤務先はこのところ業績が悪く、職場のスタッフは減らされ、おまけにコスト削減を強いられているので、現状のスタッフだけで苦労しながら何とか仕事を回している状況にあります。
こういう会社にありがちな状況ですが、当然ながら現状スタッフはいなくなったスタッフが担当していた仕事も担わされているので仕事量は増え疲労度が増しています。
スタッフの間では会社に対する不平不満が増え、現場にいる責任者たちも同じように不平不満を漏らしています。
「いったい、会社を何を考えているんだ!」だの、「経営者にこの現状を訴えて知ってもらおう!」だのと強気の言葉も聞くことがあります。


ところが、、、
先日、職場でこんなことがありました。
経営者が職場視察にやってきました。
その際、経営者とマネージャーたちが何やら打合せをしていたのですが、私はその近くで仕事をしていたので、それぞれの口から出た言葉が少し耳に入ってきました。
経営者はマネージャーたちから報告を受けている中で現場の苦労を多少はわかったみたいですが、誰もそれほど強い口調で話していなかったせいか、経営者からはマンパワーは足りていそうだから仕事は従来通り支障なく回せるだろうといったコメントがされていました。
これに対し、あるマネージャーはこんな言い方をしていました。
「はい、人員は減りましたが、工夫したり、仕事の効率化をはかれば支障なくやれると思います」と。

この言葉を聞いて、「おいおい、待てよ。日頃はあれこれ不平不満を言い、経営者には強く言いたいみたいなことを言っていたじゃないか。本当に支障なくやれるのかよ!」と私は内心思いました。
これもまた、ところが、である、
経営者との打合せが終わり経営者が職場からいなくなった後、マネージャーが部下に言ったのは、「経営者は現場の苦労を全然わかっていないようだ。現場の苦労は改善されないが支障が出ないようにやりくりしてくれや」と。
部下たちの間では不満の声が漏れていましたが、私も飽きれてしまいました。
こういうのをに二枚舌とか言うんでしょうね。
まぁ、マネージャーを経験したので私もわかるのですが、自分の上司と部下に対しては言い方を変えるというのはありがちなことです。

ただ、少し長い期間で見れば、経営者に正しい情報が伝わらない、現場の本当の声が届かないというのは、経営者が正しい判断ができず誤った方針を出してしまう、その結果現場の不平不満がさらに募って仕事の品質が落ち、そして業績がさらに悪化していくという悪循環に陥る危険性があります。
ということは頭の中ではわかっていても、私も長年のサラリーマン人生で培われたサラリーマン根性ってやつで、上司に対してそういった大胆な指摘はしません。
陰で同僚たちと上司や会社の悪口などを言いながら日々の仕事を淡々とこなすだけ、そんな感じです。
現在のパートタイムという身分も、正社員に比べ責任感、使命感は低くていいんだという意識にさせてしまっているのかもしれません。

極端な話、経営者は業績が悪くなれば、会社の存続を第一に考えた行動をとります。
業績が悪ければ悪いほど短期的視点からの施策を打ちます。
例えば、100人の従業員を半分の50人にしたり、さらには10人にまで減らしても生き残りを優先します。
そんな施策を短期のうちに実施したら現場にしわ寄せがくるのは当然であり、これまた当然ながら負担がのしかかる現場からは不平不満の声が噴出します。
そのような環境下において経営者と現場の間の調整役を担わざるをえないマネージャーというのは本当に大変です。
経験した人ならわかるはずですが、調整というのは言うのは簡単でも実際やるのは大変なんですよね。
他人、特に責任者の言動を見て、「あー、サラリーマンだなぁ」と論評しているのは気が楽でいいなぁと思う自分がいる、と気付く今日この頃であります。

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログ

<br><br clear=
yoron at 07:57│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
上に立つ(権力を持つ)者が心に留め置くべきことは、立場だけでも下の者や弱い者を委縮させるということ「降りてゆく生き方」と「落ちてゆく生き方」はまったく違うものだ