自分とは違う仕事(働き方)をしている人と付き合え、そのほうがいい刺激を得られる雇う側と雇われる側の“できる人”に対する考え方の違い

2019年09月18日

人生の先輩たちの後姿を見て、「いつか自分も」と想像することは大事なことだ

農道一本道
(老人笑うな、己もいつか行く道)
かつて同じ会社で働いた人生の先輩(70代)が、その人の友人(同世代)の父親が死んだという報を聞いた際に、「次は私たちの番だね」とポツリと漏らしました。
他人の訃報に接すると「ご愁傷様です」、「謹んでお悔やみ申し上げます」などと哀悼の意を表することが世間一般の慣習ではありますが、年がいっている人ほど内心では他人の死を自分の死に置き換えて考えているものです。
だから、先輩が漏らした言葉はまさに本心といったところでしょう。
そして、私もまた先輩の言葉を受け先輩の次は私の番だと思いました。
私は現在55歳ですが年々還暦に近づいており、還暦という地点を過ぎれば時は容赦なく過ぎていくので死はますます身近な問題になっていきます。

実のところ、私は数年前から私なりの終活を始めています。
私は都会で独身一人暮らしなのですが、自分が死ぬ時はなるべく周囲に迷惑をかけたくないと思い、持ち物類を極力減らしていこうと日々断捨離に努めています。
かなりいろんな物を捨てたので今は部屋がかなりすっきりしています。
今後とも不要と判断した物は捨てていく予定で、それこそ体力気力的に仕事人を引退せざるをえない環境になった時には、日常生活を最低限営める程度の持ち物が身近にあればいいと思っています。
布団(毛布)、冷蔵庫、食器、少しの衣服類、いくばくかのお金、その他必要な物。。。

20代、30代のような若い頃は死が近づいているような遠い将来のことまでは考えないものかもしれませんが、でも、例えば、20代の人であれば30代の先輩、30代であれば40代の先輩という感じで少し上の世代の人の後姿を見ながら自分の人生の参考にできる部分を取り入れることはできるはずです。
40代以上になれば、組織で働いている人であればさらに上の先輩たちの後姿から自分の行く末もある程度は予想できるでしょう。
そして、ほとんどの組織では定年制を設けていますから、定年に達し組織を去った先輩たちのその後の人生は自分が組織を去る時の参考になると思います。
現在仕事人として働いている人も、いつしか働けなくなり、そして最終的には肉体的・精神的衰えとととも死にゆく運命です。
それが人間の一生であるのだから、人生の先輩たちの後姿を見て、「いつか自分も」と想像することはとても大事なことだと思うわけです。

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログ<br><br clear=
yoron at 15:29│Comments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 人間バンザイ! 

この記事へのコメント

1. Posted by フムフム   2019年09月21日 03:50
こんにちは(^^♪
ブログランキングから来ました
今から終活されているのですね。
終活は今の自分と向き合うことでもありますね。
私も始めようと思いました。
2. Posted by ヨロン/竹内富雄   2019年09月21日 14:27
>フムフムさん

コメントありがとうございます。
そうですね。
終活に取り組んでいると、自分の周りの無駄なものがけっこうたくさん発見でき、なかなかいいもんだと実感しています。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
自分とは違う仕事(働き方)をしている人と付き合え、そのほうがいい刺激を得られる雇う側と雇われる側の“できる人”に対する考え方の違い