自分ができることを着実に、確実にやることが幸せへの道忙しい仕事人ほど意識的にリラックスタイムを設けることが必要だと思う

2019年09月15日

40代以上の勤め人の市場価値は現状の半値以下、最悪の場合は売れない

大手町2
(中高年のあなた、自分の市場価値はどれぐらいか知っていますか?)
ある雑誌にこんな記事がのっていました。
ある40代の中年サラリーマンが勤め先が実施した早期退職制度に応募して退職したら、当時800万円だった年収が400万円の再就職しかできなかったと。
記事の趣旨は中高年が安易に退職・転職をするとこんな悲惨な現実が待っているというような感じでしたが、私に言わせりゃ、半値で売れたのだからむしろラッキーだったと思うべきでないかと。
私は現在50代ですが年収は200万円台なので400万円の年収をもらっている人は高所得者に見えます。
夕方スーパーの総菜コーナーへ行くと半値、あるいはそれ以上に値引きされて売られていることがよくありますが、スーパーにしてみれば大幅に値下げしても売れるなら儲けになるからラッキーで、売れなかったらただのゴミになり、ゴミとしてして捨てることになれば有料で逆にお金を取られてしまうので損失になってしまいます。

人材も年齢という側面で見ると同じようなものです。
年収ベースだけで見ると、私の仕事人人生においては40代前半が最高でした。
それを機に転職する度にどんどん下がっていきました。
ただ、私の場合は、自分なりに先読みをしていて、仕事人は年をとればとるほど特に勤め人は売れなくなるだろうから、早いうちに少しでも売れるノウハウ・スキルを身につけておこうと考えて行動を起こしたのでした。
だから年収が下がることは覚悟の上でしたし、今は年収200万円でも暮らしは成り立っているし、そして自分の中で確かなノウハウ・スキルが身についていっているのを実感しているので仕事人としては満足しています。


勤め人、特に経営に安定感のある大企業(実際は大企業も生き残りは大変なのだが)に長く勤めた人ほど自分の市場価値をわかっていないので(自分の実力を過信しているので)、勤務先を辞めた後は現実の壁にぶち当たり悩むことになるでしょう。
私のように50代になると、勤め人として再就職して働く場合、年収が前職以下でもそれなりの値段で売れる人(再就職できる人)は恵まれているほうでまったく売れない人も多いのが現実です。
事務職数十年のキャリアを持った人が同職種で再就職しようと思っても雇ってくれる企業は皆無に近いといっても過言ではありません。
事務職よりは売れる技術者であっても持っている技術が古くて役立つ分野が少ない場合は同様です。

長年勤めた勤務先を退職後は仕事をしなくても資金面、やることの面で何も問題ない人はいいでしょうが、そうでない人が仕事がなかったら毎日が日曜日状態でやることもなく毎日ぶらぶらして過ごすだけの世界が待っています。
そんな境遇の人がいくら立派なことを語っても、周囲の仕事人たちは「あー、この人は暇なのね」としか受け止めてくれません。
それぐらいで済めばいいのですが、中には過去の栄光(勤め人時代の自分の活躍)にすがってもの言いが上から目線的になっている人もいて、そういう人は周囲から付き合いを避けられがちです。
仕事をしていない人はとにかく低姿勢、謙虚、親切、そんな感じのほうが周囲から好感を持たれ付き合いの輪が広がるのです。
40代からは「売れたらラッキー!」と思うぐらいのほうがちょうどいいような気がします。

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログ

<br><br clear=
yoron at 07:34│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
自分ができることを着実に、確実にやることが幸せへの道忙しい仕事人ほど意識的にリラックスタイムを設けることが必要だと思う