“ちょっとした”夢、理想、目標でいいんだと思う。だって凡人だもの今の環境、今の仕事からできるだけ多くを学ぶべし。それが経験になりノウハウになるのだから

2019年05月15日

会社(組織)というところは、第三者的にみると実にバカバカしいことが多い

六本木ヒルズ
(あなたの会社での言動、部外者が見たらどう思うでしょうか?)
あなたがもしどこかの会社(組織)の社員だとしたら、社内で“顧客志向(顧客のため)”とか“現場が大事(現場主義)”などといった言葉やスローガンを聞いたり、見たり、あるいは自分自身が使ったりすることがあるのではないでしょうか。
たぶん、この言葉やスローガン自体は文字通り受け止めれば素晴らしいことなのでしょう。
しかし、仕事が本当にその通りに回っているのかといえばはなはだ疑問であり、回っていない現実があるからこそいろんな問題が発生し、その都度それらの問題への対応を求められるというのが多くの会社(組織)に共通しているのかもしれません。

こういうのって、自分が会社(組織)の中にいてその会社(組織)の風土の影響を受けているとなかなか気付かないものです。
一方、自分が一旦中の人を経験した後に外の人になって第三者の見方をしてみると、実にバカバカしいことが多いということに気付きます。
その昔、友人と飲んでの帰り途、ある公衆便所に入ったら、同じ会社の社員同士と思われる人たちが数名で用を足していたのですが、その人たちはだいぶ酩酊していたようで大声で会話していました。
若い人が年輩の人に向かって、「部長、さすがですね〜。ああいうのは部長しかできません〜」などと思いっきりヨイショしているのを横で聞きながら、「まったく心にもないこと言ってんな」と思いつつ、同時に「人目をはばからずこんな公共の場所でそんな大声でそんな会話すんなよ」とも思ったものです。


私は、現在ある会社でパートタイムの従業員をしています。
正社員と違って責任がそれほど重くなく、仕事も単純なものが多いのですが、その立場からその会社の正社員の言動やその会社の取引先の社員の言動を観察しているとあまりもバカバカしいことが多くてガッカリします。
現場が大事と言いながら、現場から問題点としてあげた事項を一切解決しようとせず、また、現場が効率をあげるために欲しいと要望している物品を購入してくれないのです。
100円ショップで100円で買える商品一つで仕事が大幅にはかどるのに、社内の稟議で承認されないと買えないと言われ、かつその承認がいつされるのかもわからないと告げられると現場はやる気を失くすだけです。

そんな会社の社員が、例えばその会社のお偉いさんが現場視察に来るというと、「ここで(自分の)株を上げなきゃ!」とばかりに張り切って同行し、そのお偉いさんの前では「問題なく現場は順調に回っています」なんてなことを平気で言ったりします。
こんな言葉でも聞こえてきた日にゃ、「こいつアホか」、「こいつ、サラリーマンやりやがって」、「このお偉いさんも気の毒だな、こんな大嘘つきが部下で」、などと思ってしまうのです。
と思いながらも、自分自身のこれまでの仕事人人生を振り返れば、私も同様のことをしていたような気がします。
顧客志向、現場重視と口は言いながら、本音のところでは自分志向であり自分重視だったのかなと。
まぁ、結局、会社(組織)というところは、第三者的にみると実にバカバカしいことが多いのが実状なんでしょうね。

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログ

<br><br clear=
yoron at 12:38│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
“ちょっとした”夢、理想、目標でいいんだと思う。だって凡人だもの今の環境、今の仕事からできるだけ多くを学ぶべし。それが経験になりノウハウになるのだから