2017年08月07日

雇われ人と事業家(起業家)の違いは、思考と行動でわかる

池の鯉
(雇われ人と事業家(起業家)、あなたはどっち向き?)
今日は月曜日、仕事が休みの日なので一日のんびり過ごす予定です。
なのですが、休みの日はなぜか早く目覚める若い頃からの習慣、解放感があり楽しいこと(ができる)を想像する日は早く目覚めてしまうものなのでしょうか(笑)。
こんな日の朝はブログの記事を書くことからスタートします。
文章を読んだり書いたりするのは好きなので、これも自分の気持ちを高めてくれます。
趣味だと夢中になってしまう、そんな人の気持ちと似たようなもんですかね。

さて、今日の内容はと、、、
私はこれまでいろんな業界、会社で雇われ人として働き、いろんな仕事をし、そこでたくさんのいろんなタイプの人と付き合ってきたので、その経験を踏まえ、「雇われ人と事業家(起業家)の違い」について書いてみます。
一言でその違いを端的に言うと、“思考と行動”に違いがあるということですかね。
例えば、ある現象をビジネスチャンスととらえることを話題にある二人の仕事人が会話したとして、一人が大手企業の勤め人でもう一人がベンチャー企業の経営者(トップ)である場合、大手企業の勤め人は「なかなか面白い話だ。我が社でも機会があれば検討してみよう(上司や関係部署等に提案してみよう)」ぐらいの思いを持つかもしれませんが、ベンチャー企業の経営者のほうはお金になると判断すれば会話の相手と別れた直後からビジネス構想を練り始めたり、すぐ行動を起こし始めるでしょう。
大企業の一員では立場によっては権限もなくすぐに動けないし、それに自分にとってのメリット・デメリットも考えてしまい思考や行動が鈍るのに対し、事業家(起業家)は全権を持っているし、日頃から損得計算をするクセが身についているので判断・行動のスピードが早いのです。

事業家(起業家)は誰かに出会った際、相手と付き合い続けることにメリットを感じなければすぐに付き合いを辞めます。
もちろん、「あなたとはもうお付き合いしません」などと言葉にはせず、逆に「今後ともお付き合い下さい」ぐらいのことは言うかもしれませんが実際はその後コンタクトしないということです。
こういった事業家(起業家)の思考や行動は、身近にそういう人がいるとわかるようになります。
しかし、そこそこ大きな会社の一員で自分の身の周りには雇われ人しかいなかったら、ビジネスチャンスうんぬんといった会話を日頃からしていてもそれはたんなる言葉遊びで、ほとんどの人はその会話が終わればまた再び自分の日常の仕事に戻っていくだけです。
私のようによくビジネス書を読むタイプの人は、自らは行動しなくてもビジネスネタでの話はいくらでもできます。
しかし、事業家(起業家)はビジネス書など読まなくてもちょっとしたヒントを得たらすぐ行動に移します。
行動すると身を持ってわかることが経験上わかっているからです。


大企業の一勤め人だった若い頃、個人で参加した社外のある異業種交流会で一人の事業家に出会った際、その人は当時私が勤めていた会社の事業に興味を持ったようで、事業提携ができないかと翌日には私のもとを訪ねてきました。
ただ、当時私は何の権限もない平社員で相手の会社は名もないベンチャー企業だったので、適当な言い訳をして門前払いをしたことがあります。
きっとその人は腹の中でこう思ったことでしょう。
「なんだ、こいつは先日は口ではできそうなことを言っていたのに、ただの何もできない勤め人だったのか。がっかりした。この人に会って無駄な時間を過ごしてしまった」と。
また、以前に勤めた個人経営の居酒屋のオーナーは、お店の目玉商品に四国産の生麺うどんを出したくて、取引してくれる製麺業者を求め電話帳片手に片っ端から電話しまくったそうです。
そして取引してくれる業者を見つけたのだとか。

自分の仕事(関わっている事業)を自らの手でお金にできるかどうかはその人が持つ能力によっても違いますが、確実にお金にしようという執着力みたいなものは、やはり事業家(起業家)のほうが上ですね。
雇われ人(ずっと雇われ人でその思考から抜け出せない人)は、口ではあれこれ言うものの実態は一円も稼げていないというのはよくあります。
私はこのブログを10年以上続けていますが、当初はこれも一つのビジネスツールに使いお金儲けすることを考えていました。
しかし、今日に至るまで1円の稼ぎにも結び付いていません。
本音のところでは趣味みたいなもんだからお金にならなくてもいいやという思いがあり、真剣にブログをお金に換えようという模索もしてきませんでした。
お金儲けをしようとしているのがわかるブログもありますが、そういうのを見かける度に、「あー、この人はブログも自分のビジネスツールとして活用しているんだな」と思い、こういう点一つとっても、雇われ人と事業家(起業家)の違いを感じます。

人にはいろんな性格があり、人生経験からくるいろんな思いもあるので、「私は勤め人人生がいい」という人もいれば「他人に雇われるなんてまっぴらごめんだ、事業家(起業家)人生がいい」という人もいます。
どちらの生き方を選択するかは個人の自由ですが、他人から見たらその人はこっちのほうが向いているというのはあるでしょう。
私の経験上は、雇われ人と事業家(起業家)では先程言ったような違いがあるように思うので、それに当てはめてみると自分がどっち向きなのかは多少はわかるのではないでしょうか。
ちなみに、私の場合は、事業家(起業家)を目指しつつも、長い間の雇われ人人生ゆえか、はたまた元来の性格ゆえか、なかなか雇われ人思考から抜け出せずいまだに雇われ人人生を歩んでいるという感じですかね。

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログ

<br><br clear=
yoron at 08:58│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字