2017年06月28日

こんな自分でも必要としてくれる、仕事人としてとても嬉しいことだよね

夜明けの風景(船倉海岸)
(一夜が明けた朝、今日も頑張ろう!という気分で)
「私は何をやらせても(どんな仕事をさせても)うまくできる自信があるんだ」という自信満々の人は別でしょうが、人は、「こんな私でもうまくやれるだろうか」、「私の能力・実力はどこまで通用するだろうか」とやや不安に思っているところに、「ぜひあなたにお願いしたいんです」とか、「ぜひあなたのお力をお貸し下さい」なんて言われると嬉しいものです。
いい例えではないかもしれませんが、例えば、あなたは今70代で、仕事人としてバリバリ活躍していたのはもう遠い過去のことだったとしましょうか。
そんなあなたは昔を懐かしみながら、「ああ、私の人生も終わりに近づくのか。もう私なんかの出番はないなぁ」と、来る日も来る日もそんなことばかりが脳裏に浮かんでいたとしましょう。
そんなあなたの口からはいつも後向きな言葉しか出てこないかもしれません。

そんな時、ある人があなたの目の前に現れて、先程のような言葉を掛け、その人に真摯な姿勢を感じたとします。
現実的には老いた自分は大したことはできないとわかっていながらも、心の中では喜びを感じとても嬉しいはずです。
そして、こう思うかもしれません。
「こんな自分でも必要としてくれる人がいる。こんな私でもまだ活躍できる場面がある。よしっ、いっちょ頑張ってみようか」と。
こういう気持ちというのは人を前向きにさせます。
その日以来、あなたの口からは以前と違い前向きな言葉のほうが多く飛び出すかもしれません。

今朝はふとこんなことを思ったわけですが、なぜかといえば、私は今日から新しい仕事に就きます。
50代の私を雇ってくれる人がいて嬉しく思っています。
雇用条件など欲を言えばキリがありませんが、とにもかくにも働ける場所を与えてもらえたことには素直に感謝しています。
40代の頃の転職活動で多くの会社から不採用通知をもらって落ち込んでいた時に、「仲間になって一緒に会社を盛り上げてくれませんか」と声を掛けてくれ採用してくれた会社に出会えた時の喜びを思い出します。
もちろん、まだスタート地点に立ったばかりです。
活躍できるかどうかはすべて自分次第。
今月も今週で終わりですが、今月は私の誕生月でこんなタイミングで新しい仕事のスタートを切れることに運命のようなものを感じます。
さー、頑張るぞー!

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログ<br><br clear=
yoron at 06:59│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字