2017年06月27日

環境、目指すものが違い過ぎると話は噛み合わないもの。わかり合える仲間のネットワークが大事だ。

かつて、大企業を辞めて無職生活を送っていた頃、従業員数が10名未満の小企業の社長から仕事を手伝ってくれないかと声を掛けられたことがありました。
この社長とはそれ以前に少し面識がありました。
私も小企業の事業に興味があったので一度この社長とじっくり話をしたことがあります。
ただ、この社長は私の話を聞きながら自分の会社向きではないと判断したのでしょう、仕事を手伝う件は立ち消えになりました。
うろ覚えですが、当時、私はこの社長にやや上から目線で(大企業の視点から小企業の実力を侮る態度で)、会社経営はこうあるべし、経営戦略はこう立てるべし、事業遂行には綿密な計画・仕組みが必要、社内ノウハウの文書化は必須、などと偉そうなことをとうとうと語ったように思います。
たしか相手は私より一回り以上年長だったでしょうか。
きっと、相手は私の話を聞きながら呆れたんだと思います。
そして、その場ですぐ判断したのかもしれません、この人はまったく使いものにならないと。

その後、何社か大企業勤めした後、創業間もないベンチャー企業(私が事業参画当時のスタッフ数3名)含め数社の中小零細企業に勤めましたが、その経験から先程例に出した社長の気持ちがよくわかりました。
はっきり言って、経営資源、いわゆる人・物・金・情報などに恵まれている大企業に比べ、それらに圧倒的に恵まれず日々の資金繰りに四苦八苦している小企業では、求めれる仕事のし方がまったく違うんですよね。
大企業であれば社命に基づき組織の中で与えられた仕事を周囲の協力も得られながら仕事ができますが、ないないづくしの環境のベンチャーなどの小企業では、仕事そのものを自分で創って収益化しなければならない状況もありえます。
大企業では経理部門の一部署に所属して経理機能の一業務だけを担当していればよかったかもしれませんが、管理業務を一人でやらなければならない小企業では、経理担当者といっても他に人事総務やら広報宣伝やら社内のIT化業務などもこなさなければならないし、場合によっては自分で営業して注文を取ったり、後工程の成果物をつくる仕事まであったりします。
最初に一人で起業した人などはこれらすべてを一人でやっていたりするものです(もちろん、外部のネットワークをうまく利用する場合もありますけどね)。


私はこれまで複数の業界、職種、またいろんな規模の会社で働いてきた経験があるので、自分が経験してきた範囲内であればアドバイスしたりコメントしたりすることができますが、未経験のことについては一般論を述べることぐらいしかできません。
一般論や誰かの受け売りの言葉では人の心はなかなか動かないですけどね。
基本的には、環境、目指すものが違い過ぎると話は噛み合わないものです。
そういうことを考えると、仕事において何かをやろうとする時や自分の仕事上のヒントを得ようとする時は、わかり合える仲間のネットワークがいかに大事かということがわかると思います。
例えば、私は現在は飲食業界に身を置き、働く職場の環境はスタッフ数名程度というのが多いのですが、わかり合える仲間のネットワークという点で言えば、現在つくりたいネットワークは業界に関係のある人、同職種の人たちです。
まったく無関係の他業界人の話というのは正直なところほとんど参考になりません。
ビジネス書などには、他業界の取り組みは参考になることも多いみたいに書かれていることもありますが、実際のところは状況によっては多少参考になることもある、といった程度のことです。

話変わりますが、最近流行のSNSに私もいくつかメンバーとして参加しています。
私が友としてつながっているメンバーにはいろんな人たちがいます。
男女の性別は言うまでもなく、年齢は20代から80代まで、現役の仕事人からリタイア組まで、現役仕事人の業界・職種はバラバラ、各自の関心分野はバラバラ、といった感じです。
こういったいろんな人たちの動向をネット上で観察していると気付くことがあります。
それは、当たり前かもしれませんが、それぞれ自分の目指したいものに向かって動き、似たような環境の人とは話が盛り上がっていることです。
一事業家として常に自分のビジネスに関心のある人は、決定権のない一勤め人などととりとめのない会話をするより、同じ思考ですぐ対応し行動してくれそうな人との会話を楽しむ傾向があります。
仕事よりもグルメなど自分の趣味にしか興味がない人は同様の人とのやりとり、情報交換などを楽しんでいます。
現役仕事人を卒業し引退生活をしている人は同じ環境にいる人と話が盛り上がるようです。
これらは、冒頭の例にも共通することですが、環境、目指すものが違い過ぎると話が噛み合わないから、噛み合う者同士、つまり、わかり合える仲間のネットワークをつくっているということなんですよね。
ことわざに『類は友を呼ぶ』というのがありますが、私があれこれ言ったことはこのことわざに集約されるのかもしれません。

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログ

<br><br clear=
yoron at 06:48│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字