2017年06月26日

現実のリーダー業は泥臭く難しいもの、理想論のようにはなかなかいかないものだ

書店に足を運ぶと、理想のリーダーについて書かれた本をたくさん目にすることでしょう。
これはきっと、それだけ多くの人が理想のリーダーを求め、あるいは職場その他で何かしらリーダー的役割を担うことになりどう振る舞うべきか参考にしたがっている人が多いということなのかもしれません。
また、それらの本を読んで将来のリーダーを目指して今からその訓練をしようと考えている人や、リーダーとしていろんな困難な問題にぶつかりそれらの本に解やヒントを見出そうとしている人も多いということなのでしょう。
リーダーに関する本があふれている背景には何があるにせよ、リーダーというものに関心を持っている人が世の中にたくさんいるということだけは間違いありません。
自分の職場に目を転じれば、「うちの課長、まったくリーダーの資質ねーよなー」だの、「うちの会社はリーダーが無能だから業績が悪くなるんだ」だのといった陰口を耳にすることもあるのではないでしょうか。
私自身、過去の仕事人人生を振り返れば、自分の振る舞いは棚に上げ、リーダーかくあるべしというような持論を偉そうに述べてきたこともあります。

偉そうにと反省気味に言ったのは、実際自分がリーダーとしての立場に立った時、頭の中だけで考えていたような自分の理想論に基づくリーダー業が実践できない場面も多かったからです。
「リーダーならこういう場面ではこうすべきだ」、「リーダーは決断・行動力が大事だ」などと言葉で言うのは簡単ですが、いざ自分が当事者としてそれをやらなければならなくなると躊躇してしまう、逃げてしまう、自分を正当化し言い訳がましいことを言ってしまう、一度はやってみるものの痛い目に遭ったのでその後は用心してやらなくなる、そういう事例は自分自身を含め身近にあふれていました。
人というのは本当にわがままなもので、自分が困るとそれを助ける役割をするのがリーダーの役目だと思うところがあります。
もちろん、自分がそのリーダーのもとにいるのならそれもリーダーの役目の一つではあるかもしれませんが、「そんなことぐらい自分で何とかしろよ」といったレベルまで持ち込まれてしまう、そういうことも現実的にはよくあります。


仮に、たくさんの部下を抱えつつ、多くの課題・問題をこなさなければならないリーダーがいたとして、彼・彼女の日常業務においては、正直言って部下一人ひとりをしっかり見てあげることはできないでしょう。
冷静になってふつうに考えればわかることですが、一人の人間ができる範囲というのはそれほど広くありません。
それなのに、リーダーよりも狭い範囲の仕事しかしていない、責任も軽い立場であっても、自分が困ればどんなことであれリーダーは手を差し述べ、自分がそのことを口にして訴えなくてもリーダーは察して何とかしなければならない存在、などと自分に都合よく受けとっていたりするものです。
今の総理大臣はリーダーに相応しくない、今の社長は経営者に相応しくない、今の部長は部門トップに相応しくない、今関わっている組織の責任者は責任者に相応しくない、、、不満を口にする人は世の中にあふれていますが、まぁ、たいがいそういう人たちはその人たちにリーダーの資質がない人たちです。
そういう人たちは反論するかもしれません、「いや、私はリーダー(責任者)ではないのだから、リーダー(責任者)の任に就いている人がやるのは当然だ」と。
他人にはやれと言いながら、一方では相手を困らせ足を引っ張る言動をする、こういう人たちとも向き合わなければならない、それがリーダー業なのです。

リーダーという言葉から、かっこいい、力強いイメージだけを抱いてしまう人もいますが、現実のリーダー業は泥臭く難しいもので理想論のようにはなかなかいかない側面もあります。
違う観点から言えば、泥臭いリーダー業を経験をし、かっこ悪いリーダーも経験してみれば、それがその人を一層人間味あふれる人間にし本当のリーダーに相応しいリーダーにしてくれるともいえるかもしれません。
本当のリーダーなんて言うと、「本当のって何だ、本当のリーダーの定義は?」といった指摘も出てきそうですが、それはもう、自分でいろいろ経験していくうちに自分が考える本当のリーダー像というのができてくるよとしか言えません。
そうなんです、結局のところ、リーダー像というのは100人の人がいれば100通りのリーダー像があるんです。
美しい言葉を使ってあるべきリーダー像をまとめてしまえばそれが理想のリーダー像になるのかもしれませんが、先程も言ったように現実のリーダー業は泥臭く難しいもの、理想論のようにはなかなかいかないもの。
あなたの身近にいるリーダーをよく観察してみて下さい。
ほら、「なんだ、ガッカリしちゃった」、「それ、リーダーの仕事じゃないでしょ」って感じる時あるでしょ?
でも、それもまたリーダーのある一面なんです。

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログ

<br><br clear=
yoron at 08:17│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字