2017年06月22日

人材不足の背景を知り、考え方を変えないと人材は採れない

今、多くの業界で人材不足がいわれています。
現場では、「一日も早く優秀な人材を採ってくれよ!」と会社に、関係部署にお願いしているかもしれません。
人材不足に陥るのは当然の成り行きだったような気がします。
日本社会はもう何十年も前から少子高齢化の流れになり、それに伴い生産年齢人口は減っていくばかり。
企業がもっとも欲する若者の人口の減少は言わずもがな。
こういう世の中の変化をわかっていれば人材採用が難しいというのはわかるはずです。
そうなると、従来の考え方を変えない限りますます人材の確保は難しくなるでしょう。
人材業界でも働いた経験を踏まえていうと、今後はさらに人材確保が難しくなり、優秀な人材はをめぐっては企業間、業界間でし烈な争奪合戦が繰り広げられると予想しています。

かつて人材会社に勤務していた頃、こんな仕事をしていたことがあります。
企業から人材採用活動の業務の一端を委託され、まずは人材の募集と書類選考・一次面接を行うという業務でしたが、人材の募集においては、数多くの人材紹介会社から人材の紹介を受けるという方式をとっていました。
当時勤務していた会社は他社で人事採用系の業務を長く経験したベテランスタッフばかりでした。
顧客企業が要望した人材の中には転職市場の現実からいってなかなか採りにくい要件の人材もいました。
それでも各人材紹介会社は苦労して自社のデータベースから何とか探して紹介してくるわけです。
それに対し、例えば私がさらに選考を行って厳選の上で顧客企業に紹介するという流れでした。
こう言っては何ですが、それなりのプロの目を通った人材を紹介するわけなので、紹介した候補者については少なくても面接して可否を判断して欲しいと思っていました。
ところが、ある大手企業などは担当者レベルで書類を見ただけですぐ不採用の連絡をしてくるところがありました。


これは想像ですが、その会社は自社は知名度もあるし応募者なんていくらでもいるから採用には困らないと考えていたのかもしれません。
そして、社内的には現場からいくら懇願されていても、「いやぁ、こちらも頑張っているんですけどね。人材不足でなかなか要望の人材が採れないんですよ」なんて言い訳していたかもしれません。
当時、こちらは転職市場をわかっている立場でしたから、こんなことしていたら欲しい人材なんて今後採れないよ、この会社は将来性ないなと思ったものです。
一事例にこんなのがありました。
ある東南アジア出身の若者を面接したことがあります。
私が面接した印象では、日本語はかなり堪能、母国語はもちろん、英語もある程度能力のある人で、業務遂行能力も高そうでした。
それに何といってもその企業に入社したいという強い意欲がありました。
人材を依頼してきた顧客企業は海外進出を大きな課題にしていたので最適な人材だと考えて紹介したのですが、結論は外国人なのでNGというこちらとしては理解しがたい回答でした。

外国人の例に限らず、なかなか採れない求人案件に対して、高齢者だがその道のベテラン人材を紹介したところ年齢を理由にNGとした会社もありました。
転職市場では人材がどんどん枯渇していっているのに、従来の考え方から抜け出せないために人材が採れない、これでは企業の成長はおろか存続さえ危うくなるでしょう。
以前働いた飲食店は、オーナーが30代の人でしたが、なぜ私のような50代で経験不足の人間を採用してくれたのか聞いたところ、「飲食業界の人材不足は深刻な問題だ。年齢、国籍、性別に関わらず働けそうな人を積極的に採用するぐらいでないと死活問題だ」と言っていました。
これぐらいの現状認識がある経営者であれば人材採用戦略はうまくいくかもしれないなと思ったものです。
労働市場での高齢者の活躍が課題と叫ばれてはいるものの、現実はどうかと言えば、極論を言えば、50代・60代の応募があったら書類は即ゴミ箱行きみたいな状況です。
やっとありついた仕事は、月収数万円とか十数万円とか、それでも仕事に就けただけまだまし、というようなのが実態なのです。

比較的最近の話題ですが、森下仁丹というわりと有名だけど中堅規模の会社が50代の人材を積極的に募集するという求人広告を出したら、採用枠は数名にも限らず応募者が殺到したそうです。
応募者側からするとし烈な競争ということになります。
こういうのが話題になるのが今の労働市場の現状です。
多くの大企業がこういうことをするのであれば日本社会も変わっていくのでしょうが、現状では圧倒的に若者志向なので中高年の再就職が難しい状況はなかなか変わらないでしょう。
これは採用する側の意識の問題でしたが、一方で労働者側の意識の変化も必要です。
かつて、ある人材紹介会社の知人の人材コンサルタントに聞いた話ですが、その会社にはアジア系の企業から日本企業を退職した技術者に対する求人案件がけっこうきていたそうですが、該当する人たちにその案件を勧めても日本から離れたくないと断るケースが多かったのだとか。
気持ちはわからなくもありませんが、仕事に就きたいのであれば自分の中の選択肢を増やす努力も必要かもしれませんね。
何にしろ、労働市場で今後ますます人材不足が予想されるにおいては、採用する側、職を求める側双方の意識の大胆な切り替えが重要になってくるような気がします。

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログ<br>


<br><br clear=
yoron at 06:50│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字