2017年05月11日

仕事(会社)つながりの人間関係を縁と思って大事にしたいか、つながりがなくなれば断ち切りたいか、は人それぞれ

世の中には、仕事(会社)つながりの人間関係を縁と思って大事にする人もいますし、利害が絡んで煩わしい関係なのでつながりがなくなればすぐにでも断ち切りたいという人もいます。
それがもっともわかりやすいのは、仕事(会社)を辞めた後にお互いの付き合いが続くかどうかですかね。
私個人のことでいえば、30代ぐらいまでは仕事(会社)つながりの人間関係を大事にしたいと思っていたので、会社を辞めた後も仕事で付き合いのあった人には毎年年賀状を送ったりしていました。
たまにですが、在職者の飲み会にも誘われて参加していたこともあります。
しかし、40代になってからはピタッとそういう付き合いをやめました。
過去に勤めた会社の人たちとの年賀状のやりとりも一切やらなくなりました。
ただ、よく一緒に飲みに行ったりして特に親しかった人とは今でも付き合いが続いているケースはありますけどね。

私はお酒が好きということもあり誰かと一緒に飲みながら語り合うのが好きでしたので、正社員で会社勤めしていた頃は職場の同僚とよく飲みに行っていました。
飲みながら大いに仕事談義をし、それがお互いの仲間意識を高めているように思っていました。
でも、仕事談義といっても、中身は愚痴、不平不満の類が多く、冷静な頭でその時間を振り返るとなんか非生産的な時間を費やしただけに思えてくるのでした。
そんなこともあって、40代になってからは会社以外の人との付き合いを増やしていきました。
仕事帰りに同僚から飲みに誘われても用事があるからと断って、実は社外の人との飲み会に参加したり、個人的な行きつけのお店で一人で飲むなんてことがよくありました。
この頃からは、仕事(会社)つながりの人間関係をあまり大事にしなくなっていたように思います。
お酒を飲むのでも、利害抜きの社外の人と飲むのは社内の人と飲むのより何倍も楽しかったのです。

これまで転職でいくつかの会社に勤めてきましたが、勤め先の退職を機に付き合いが終わった人間関係は多いですね。
多くはそうなんですが、唯一例外的なのは、創業間もないベンチャー企業で一緒に仕事をした人たちとは比較的付き合い(SNSなどのネットつながりとか)が続いていることでしょうか。
海のものとも山のものともわからないベンチャーに飛び込んだ時は仕事に対しやる気満々で同僚もそういう人ばかりだったので付き合いやすいというのがあったんでしょうね。
前向きな姿勢の人とは付き合っていてこちらも気持ちいいから、こういう場合はそれこそ縁を大事にしたいと思いました。
あなたは今、仕事(会社)つながりの人間関係を縁と思って大事にしたいと思っていますか?、それとも、つながりがなくなれば断ち切りたいと思っていますか?

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログ<br><br clear=
yoron at 17:40│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字