2017年04月22日

職場環境に合わせた会話力は必要。環境によって仕事以外の話題って変わるんだよね。

【クントゥグンジュ】全体風景1
(場に応じた会話力は大事!)
私は現在、パート勤務で中学校の給食調理の仕事に就いています。
正社員以外のパート勤務者の大半は子育て真っ最中の40代の女性。
私はこの人たちと一緒に休憩をとったり、昼食をとったりしています。
こういう環境に身を置いて感じるのは、仕事中はもちろん仕事絡みでの会話が多いのでいいのですけど、仕事時間以外での会話の時は話題についていけないことが多いことでしょうか。
現在の話題で多いのは、例えば、TVドラマに関すること(ストーリーに関すること、登場する役者のことなど)、子供のこと、子供が通っている学校のこと、家庭のこと、買い物のこと、日々の食事のこと、好きなお菓子のこと、等々。
私はといえば、TVがないのでドラマは見ていない(ネットでたまに見ることはあるけど)、結婚はしていないし子供もいない、あまりお菓子を食べない、といった感じで他の同僚たちとあまり共通点がないのです。
なので、お互いの会話が始まり盛り上がり出すと、相槌を打ったり、うなづいたり、そんなパターンが多いですね。

以前働いた和食店や居酒屋の時は、下ネタが多かったですね。
特に居酒屋の時は責任者が下ネタ大好き人間、お客さんにも好きな人が多かったので、この話題に適当についていけないとノリが大事な職場だっただけに仕事に支障をきたす感じでした(笑)。
飲食業に就く前の会社勤め時代も会社の職場ごとにいろんな話題が飛び交っていましたが、今ほど話題についていきづらいということはなかったように思います。
おそらく、自分のキャリア形成に一貫性があってその延長で転職していた頃は、自分が選んだ職場に似たようなタイプの人も多く、それゆえ共通の話題も多かったのかもしれません。
まぁ、私の場合は、どんな環境でもそこそこ周囲の人たちに合わせていく処世術のようなものは身につけているので大丈夫なんですけどね。

そういえば、以前今と同様にパート勤務をしていた職場に、出勤してから仕事終えて帰るまでほとんど無言の男性同僚がいました。
食事中に職場の責任者や他の同僚が気を遣って話しかけても、「はい」と返事するとか、話題によって少し反応するとか、苦笑いするだけで何も話さないとか、そんな感じでした。
さすがにその人だけを気にしているわけにはいかないので、話題についていける人が中心になって会話は進んでいきましたけどね。
その人は3、4ヶ月経った頃にその職場を去っていきました。
この間彼はどんな気持ちでいたのでしょうか。
仕事と割り切って仕事に専念するのもいいとは思いますけど、あまりにも周囲の人たちとコミュニケーションをとらないのも(とれないのも)仕事を続けていく上では辛いのではないかなぁなんて思うわけです。
これまでの転職経験を通して感じることは、環境によって仕事以外の話題は変わるので、職場環境に合わせたある程度の会話力は必要ということでしょうか。

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログ<br>
<br><br clear=
yoron at 08:16│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字