2017年04月01日

企業・組織がおかしくなる時、内部にはその予兆を感じていた人がいるはずだ

今日は4月1日。
今日から新年度という会社・組織も多いのではないでしょうか。
そんなタイミングにこんな記事もどうかとは思いながら書いてみます。
世間で名の知れた企業や組織が問題を起こしたり、おかしくなると、その現象しか見えない外部の人は、「なんでそうなったんだ」と驚くか、実状をあまり知らない外部の人間が流す情報を鵜呑みにして、「そんな企業や組織だから問題を起こすんだ(おかしくなるんだ)」と知ったかぶりでものを言ったりします。
それは何の予備知識もない状態で受けるからそうなってしまうのは当然で、そのことをどうのこうの言うつもりはありませんが、個人的な関心の観点から言えば、そういう情報に接した時は、内部の人間、特に内部情報に精通しているような人間の話しを聞きたいなと思います。
なぜかといえば、自分自身の長年の仕事人経験も踏まえて言えば、企業や組織が問題を起こしたり、おかしくなるにおいては、必ずずっと前からそうなりかねない事象が既に内部に出ていて、その危険性というか予兆を感じている人がいるはず、と思っているからです。

例えば、社員がお互いに元気に挨拶を交わし合い、上下の隔てなく風通しが良い、コミュニケーションが活発な風土の会社・組織で働いていた人が何らかの事情で他社・他組織に転職したとします。
そして、新しい会社・組織は以前の勤め先とは真逆の風土で、お互いの挨拶はなく、上下の関係は風通しが悪く、全般的に重苦しい雰囲気が漂っていたとします。
そうすると、転職者は当然のことながらその雰囲気に違和感を感じ、こんな風土は絶対良くないから変えるべきだと思うことでしょう。
しかし、障害が多過ぎて自分の力だけではなかなか変えられないことがわかり、かつ、再度他社・他組織に転職しようにも何らかの事情で容易にそれができない場合は、甘んじてその環境に身を置かざるをえないこともあります。
そうなると、処世術としては、本音を隠して(おかしな風土に気付きながら)適当に周囲に合わせるしかなくなり、それが長くなるとだんだん正常な感覚も麻痺していくのです。


企業経営がおかしくなった時に、「経営者にものを申す人は社員にはいなかったのか」などと外部から批判する人がいますが、経営トップが創業者でワンマンタイプの人だったりするとほとんどの社員はただ従うしかないのが実態です。
自分や家族の生活がかかっているのですから、首を覚悟でもの申す、特に反対するなんてことはふつうの人はやりません。
それでも、経営者のやり方や言っていることが間違っている、おかしいと腹の中で思っている人はいるのです。
私がこれまで勤めた会社・組織の中には消滅したり、縮小してしまったところもありますが、そういうところは在職時代に何かしら問題を感じていました。
かといって、当時の私にはそれを具申して火の粉を浴びる勇気もなかったので、様子を見ながら機を見て去るしかありませんでした。
去った後でその会社・組織に関する情報に接した時、「あー、やっぱりなー」という思いを抱いたものです。

かつて、社員数千人の大手建設会社が会社更生法の適用を受けた際、当時の取引先だったこともあり債権者集会に出席したことがありました。
その会社がおかしくなった原因は、本業以外の事業に多額の投資をしたことにありました。
なんと、本業では順調に黒字経営なのに本業以外に手を出した事業で大赤字を出しそれが経営の足を引っ張ってしまったのです。
まぁ、当時は同業他社の中にも同じようなことをしていたところはあったので、事業多角化の視点からそういう経営判断をしたのかもしれません。
後から、外部からあれこれ批判するのは簡単ですが、こういうのは結果論ですからあまり意味がありません。
それよりも、もしかしたら、この会社の内部の人間の中には、その多角化経営を危惧し、またその新事業をどんどん拡大する方向性にリスクを感じていた人がいたかもしれないということに関心があります。
収支を見れば利益が出ていないどころか赤字で、それがどんどん膨らんでいる、勇気をもってその事業を止める、縮小するという決断をすべき、とそう思った人もいたのではないでしょうか。
そういう人の話しを聞けば、きっと自社・自組織の運営に、また自分の仕事人としての生き方に大いに参考になる部分が多いのではないか、そう思うわけです。

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログ<br>


<br><br clear=
yoron at 06:31│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字