2017年03月31日

便利なネット社会、しかし、勤務先(企業、組織)はあなたのネット活動を監視している

便利なネット社会にあって、SNS、メール、その他いろんなネットサービスを活用して有意義なネットライフを送っている人はたくさんいるでしょう。
中にはネットなしでは生活できないというぐらいはまっている人もいるかもしれません。
職場においては、今や一人一台のPCが与えられそれぞれのPCはネットでつながれているという環境というのがかなりふつうになっています。
これまで勤めた会社は、飲食系の会社を除けばすべてそういう環境でした。
インターネット利用に特に制限がない会社の時は、就業中でもわりと平気で仕事に関係ないサイトにアクセスしていたこともあります。
また、自分自身がPC、ネットが好きな人間だったので、自作のホームページを作ったり、ブログを作ったり、いろんなSNSでコミュニティを作って運営したり、誰かが運営するメーリングリストに参加していたりしました。
ネット上での書き込みの数はそれこそ数え切れないほどでしょう。

ところで、私はある時気付いたことがあります。
それは、従業員が自由にインターネットを利用している環境において、一見従業員の行動を野放しにしているように見えて実は会社側は密かにそれらを監視しているという事実を。
当たり前かもしれませんが、ネットにつながっているPC、しかも会社側のシステムで結ばれているPCであれば、利用者もすぐ特定できるし、情報もすぐ収集できるんですよね。
勤務先の場合はPCは会社資産なので、会社側が資産保護(現物管理、外部ウィルスの侵入防止等)の観点から、あるいは従業員の不正行為を防ぐ(情報漏洩防止、勤務態度の監視等)といった意味でそういうことをするのは理解できます。
しかし、今や勤務先だけではなく、勤務先の会社・組織がネットにつながった個人までも監視している世の中なのです。
以前自分のホームページの外部からのアクセス状況を知りたくて監視ソフトを入れたことがあったのですが、明らかに勤務先の組織が定期的にアクセスしている痕跡がありました。
私の場合は勤務先の同僚たちに自分のネット活動の情報を漏らしていたので、もしかしたらそのあたりから勤務先による監視対象になったのかもしれません。


個人のネット活動を勤務先に知られたくないためにネット活動を匿名にする人も多いのですが、企業や組織によってはいろんな手段を使って情報収集を行うところもあります。
親しい間柄だと信じ込んでいた同僚が他の同僚に伝えることにより、勤務先であなたの情報が拡散されていることだってあるのです。
私がかつて人事採用担当者だった時は、いい応募者に出会えた時は必ずネットで氏名検索をしていました。
そうすると、無防備な人はfacebook等で多くの情報を見ることができ(しかもプライベートの姿そのまま)、そういうのも多少参考にしたことがあります。
おそらく、多くの企業の採用現場ではそれぐらいのことは今やふつうかもしれません。
私の場合は堂々と本名をさらしてネット活動をしていますが、過去にそれで不利益を被った経験もいろいろあり、もはや達観の域に達しているので特に問題はありません。
変な話、初めて会った人でも本名がわかればネットで氏名検索をやるような人はいると思うので、そう考えれば、自分のネット活動を他人に知られたくない、知られるとそれによって受ける不利益が怖いという人は匿名のほうが無難でしょうし、ネット上の書き込みも当たり障りのない書き込みをするのがいいでしょうね。
そういえば、ネット活動を積極的に行っていた知人が、初対面の人から「あなたのことはよく知っています」と言われ驚いたことがあると言っていたのを聞いたことがあります。

自分の知らないところでネット監視されているというのは気分がいいものではありませんが、一方で積極的なネット活動を評価しようとする企業もあります。
転職活動であるインターネット系の会社に応募した時、その会社には、ブログ等をやっている人は自己PRで紹介する項目がありました。
たしかに、ブログの作り方や更新のし方などを見れば、その人の人物像の一端を見ることができますからね。
まぁ、こういう企業はまだ日本には少ないでしょうけどね。
現状においては、企業や組織内にはりめぐらされたネットは監視・管理のために活用されているケースが多いでしょう。
職場のPCがワープロや表計算ぐらいの機能でしか使われていなかった時代なら、従業員の勤務態度は目に見えるところでチェックしていたかもしれませんが、今は自分のPCをどういうふうに使っているかというところで容易にチェックできるのです。
本人は何も考えず気楽にいろんなサイトにアクセスしたり、面白がって投稿しているかもしれませんが、監視・管理する当局はそのデータをしっかり蓄積し人事評価に反映させるかもしれません。
ネットが発達した現代は、便利なことも多い反面そういう環境でもあるということを仕事人は知っておいたほうがいいような気がするのです。

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログ<br>


<br><br clear=
yoron at 07:24│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字