2017年03月09日

真面目、正直なのはいいことだ。しかし、仕事人の世界はそれだけではうまく渡れない

自分の信条として、真面目に生きたい、常に正直でありたいというのはとてもいいことだと個人的には思います。
ただ、世の中は、正直者がバカを見るではありませんが、それだけではうまく渡れないことも多いものです。
仕事人ならば、おそらく、いろんな場面でそういうことを痛感する経験を何度かしているのではないでしょうか。
私はここ数年の間に、アルバイトやパートの雇用形態で働く経験を何度かしていますが、同じ形態で働く同僚たちの働きぶりを見ながら、「ほんと、皆んな真面目に、正直に働いているよなぁ」とつくづく思っています。
パートで働いた時の同僚は年輩の主婦の方々が多かったのですが、皆さん、自分よりもとずっと若い正社員の人たちの指示を受けながら、一生懸命メモなどを取りつつ働いていました。

私は自分が正社員の経験が長く、かつ、いろんな企業において経営者のそばで仕事をした経験があるので、経営者の考え方・行動次第で会社の仕事は大きく変わるということを知っています。
だから、例えば、アルバイトやパートなどの非正規社員は、会社側の判断・決断次第で雇用が簡単に打ち切られる可能性だってあるのです。
これは、非正規社員に限らず正社員も同様でしょう。
もし、事務部門のコスト削減を狙い、会社が事務処理の仕事を海外に完全移管などすれば、事務部門の人は仕事を失うことだったありえます。


かつて勤めた会社で経営企画の仕事をしていた頃、経営者の命を受け、各部門の仕事の分析や人員状況などの調査を行っていましたが、それは、経営者が事業展開をしていく上で、どの事業にどれだけの資源を割り当てるか、また事業上マイナスになっているものはないかなどを見るためのデータでした。
「あなたの毎日の仕事はどんな仕事ですか?」、「それぞれの仕事にどれだけの時間をかけていますか?」といったような調査項目のアンケートを現場に書いてもらうと、それも仕事の一環なので全員真面目に回答してくるわけですが、経営者はそれらの回答内容を踏まえ、「この人は付加価値の低い仕事しかしていないな」、「この部門の仕事は全部外注(アウトソーシング)したほうが効率がいいな」といったような判断もするわけです。
現場は真面目に正直に回答したのに、それが仇になって自分が切られることになってしまったなんて笑えない話も現実的にあるのが仕事人の世界です。

私は自分自身を真面目で正直を好む人間だと思っていますが、かつて、ギャンブラーのようでお調子者タイプの上司に仕えた時に、「あー、世の中を渡るにはこういう一面も持っていたほうがいいんだろうなぁ」と思ったことがあります。
常に環境が変わり、うかうかしていると他者に吞み込まれてしまうビジネスの世界では、真面目、正直だけが取り柄では厳しい局面もあるのかなと。
それでも、世の中がどうあれ、仕事人の世界で自分が不利益を被る状況があったとしても、自分は真面目、正直に生きたいという意思を貫く生き方もあるんでしょうけどね。

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログ<br>


<br><br clear=
yoron at 17:15│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字