2017年03月07日

40代までと50代からで何が変わったのだろう、私の場合

私個人に限っての話ですが、40代までの生き方や考え方と50代になってからのそれは何が違うのだろうと考えてみた時、明らかに違ってきているように思います。
簡単に言ってしまうと、40代までは上昇志向が強く、まだまだいける、まだまだいってやるみたいな思いが強かったのなかと。
組織内であれば力を発揮し組織から認められたいとか、ベンチャー企業であれば創業メンバーの一員として成長に貢献したいとか、そんなイメージですかね。
その頃まではキャリアップなどという言葉に敏感に反応していたと思います。

しかし、50代に入ってからは、40代までのような上を見る思考は弱くなりました。
もちろん、自分が関心を持って取り組んでいることでは上手くなりたいとか、成果を出したいと思うものの、それは誰かライバルと競争して勝ってとか、そういうのではなく、あくまでも自分の中の目標に対してです。
それに、『起きて半畳、寝て一畳。天下取っても二合半』という言葉に込められているように、一人の人間の存在はその程度(どんなに広い家に住んでも、人間が起き上がっているには半畳のスペースがあれば十分だし、寝るのにも一畳あれば十分である。また、いくら天下を取っても、一食に二合半以上の飯を食うことはできない)のものだと悟るようになりました。

体力が落ちているのは自分でも自覚しているので、なるべく落とさないようにできることから努力しようとか、今後生きていく上では健康は大事だから、食べるものには気を遣ったりとか、睡眠はしっかり取ったりとか、お酒の飲み過ぎには気をつけるとか、、、何と言うんでしょうかね、自分を小さく守る姿勢が強くなってきたかもしれません。
人生80年として仮に80歳まで生きられるとしても、今52歳ですから、あとたった28年しか生きられないのです。
しかも、体力、気力がどんどん衰退していく一方なので、あとはできるだけ長続きするような生き方、考え方をしようと。
まぁ、とりあえずは、一日一日を大切に、そんな感じで生きているのが今の自分かなと思う次第です。

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログ<br><br clear=
yoron at 17:07│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字