2017年02月10日

上司、リーダーになった時もっとも心掛けるべきことは、自己責任の意識を強く持ち、前向きの姿勢を貫くこと

あなたが、仕える上司やリーダーに対し、もっとも幻滅する(がっかりする)のはどんな時ですか?
人それぞれに答えは違うかもしれません。
私の答えは、それは「上司、リーダーが、うまくいかない時に他人のせいにしたり、他人の批判をしたり、他人の悪口を言う時、また部下の前で後向きの姿勢を見せる時」です。
実は、過去において私が部下を持った時は、部下に幻滅ばかりさせていたのではないかと反省することが多いのですが、自分のことは棚に上げて言うとそう思うわけです。
かつて勤めた会社で、毎朝仕事を始める前に部署単位のミーティングがあったのですが、内容は、まず上司から会社(組織)の決定事項や動きに関する情報が伝えられ、あとは各自の業務報告があり、そして何か討議すべき事項があれば討議するというものでした。
で、ある上司の時、その上司は優柔不断なタイプでしたが、よく部下から突き上げられていました。
なぜかと言えば、部下が仕事上困って相談したことや問題提起したことをなかなか解決せず、問い詰めると「いやぁ、上(関係部署)には伝えてあるんだけどなかなか動いてくれなくてねぇ」などと責任逃ればかりしていたからです。

自分が部下を持つ立場になった時、この上司の気持ちがわからないわけではない経験をよくしました。
たしかに、解決に時間を要する事項ほど、上や関係部署に話しても遅々として進まず、部下に状況を伝える時はそういうふうにしか言いようがない時もあるのです。
しかし、部下にしてみれば、そんな事情は関係なく、現場の最前線で仕事に支障がある以上一刻も早く問題を解決して欲しいので、どんな困難があろうと上司やリーダーには解決力を期待するわけです。
若い頃から酒を飲むのが好きだった私は、酒好きの上司だった場合誘われて飲みに行く機会も多かったのですが、酔いにまかせて上司が会社や他人の批判ばかりするのを聞くと酒の場とはいえ目の前の上司に幻滅したものです。
利害関係がありこちらが弱い立場にいたので上司の前では、「課長もご苦労が絶えませんねぇ」などといかにも同情するふりをしながら内心では軽蔑していました。

面従腹背』(意味:うわべだけ上の者に従うふりをしているが、内心では従わないこと)ということわざがありますが、組織の中では、立場上強い弱いの関係がある時は、処世術として多くの人がこういう姿勢をとっています。
上司、リーダーはある程度こういう面を見抜く力がないと部下やメンバーの力を見誤ってしまうことがあるので気をつけなければなりません。
ただ、やはり、組織、チームとしての成果・業績という点でいえば、上司やリーダーの与える影響が圧倒的に大きいのは間違いないでしょう。
だから、部下やメンバーのモチベーションを高め自分たちの目標を達成する上で、上司、リーダーの心掛けや姿勢は大事なのです。
私自身の経験も踏まえながら言えば、上司、リーダーになった時もっとも心掛けるべきことは、自己責任の意識を強く持ち、前向きの姿勢を貫くことかなと思う次第です。

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログ<br><br clear=
yoron at 08:16│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字