2017年02月01日

仕事人ならば、自分(自社)の利益を考える力は必要

ある中小企業で働いていた頃、社長の身近で仕事をしていたのですが、社長の代わりに社外のいろんな人に会う機会がよくありました。
社長のもとには売り込みの電話がよくかかってきていましたが、社長はすべてを断ることはせず、会社や用件によっては自分が直接対応しなくても他の人に対応を依頼することがしばしばありました。
例えば、当時、私は人事採用の仕事をしていましたが、人材系の会社から社長に売り込みがあると、社長は私にこういう依頼をすることがありました。
「相手のビジネスのやり方を聞くと同時に、今の雇用市場の状況や企業採用の最新動向に関する情報も聞き出しておけ」と。
つまり、相手のペースで一方的な売り込みを受けるのではなく、こちらも相手から何かを得ろ(自社に役立つことを引き出せ)ということです。

これまでいろんな会社のトップと会ったり、トップのそばで仕事をする機会がありましたが、彼らの思考・言動を観察していて感心するのは、彼らは常に自社の利益を考えており、何をどうすればどれぐらいのコストがかかりどれぐらいの利益が出るか計算していることです。
特に自分(自社)にとって相手と組む、相手と付き合うことが大きな利益になると思えば、すぐ行動を起こします。
私は雇われ人だから社外からの売り込みは対応が面倒くさくて即断るケースが多かったのですが、経営者の考え方は私とは大きく異なりました。
経営者は自ら自社の商品(製品)・サービスを売り込むトップセールスを行っているので、他社(他人)からの売り込みから自社に取り入れられるものは何かないかと考えるんですよね。
一方で、自分が直接関わるのが無駄だと判断した事柄には極力関わらない姿勢を取ります。
何かの会合への招待を受けた時、自分で出席するまでもないが会社として多少付き合いが必要だと思ったら、代わりの者を出席させたり、そういうやり方をします。

私は現在ある個人経営の飲食店で働いていますが、お店のオーナーは一代でお店を創り上げた人です。
さすがに創業者オーナーだけあって、利益感覚は研ぎ澄まされていますし、いろんな状況を想定した利益シミュレーションも頭の中だけでパパッとやってしまいます。
理想論で言えば、仕事人ならこういう自分(自社)の利益を考える力は必要だと思うわけですが、私自身もそうだし、これまで身近で見てきた仕事人たちもここまではできない人のほうが多いような気がします。
相手が自分(自社)の利益を考える力が強くこちらが弱ければ、ペースは完全に相手ペースになりこちらは利用されるだけ、損するだけになってしまいます。
自分(自社)の利益を考える力は日頃から考えるクセをつけておかないとなかなか身につかないものです。
単純な話、「これは儲かるのか儲からないのか(役立つか役立たないか)」をすぐ考えられるかどうかです。
あなたは、仕事を意識して誰かと会う時、打合せをする時、相手とのやりとりから自分(自社)の利益を考えることができていますか?

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログ<br><br clear=
yoron at 13:46│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字