2017年01月26日

仕事も私生活も自分のペースに持ち込めれば気分的に楽だしやりやすい

IMG_6587
昨年は、3月に約1年勤めた和食店を退職し、4月から半年間無職生活を送り、10月下旬からパートで居酒屋の仕事に就いて現在に至っています。
現在の仕事は昨年の12月までは休日を除いてはずっとあったのですが、その間の私のパフォーマンスの問題もありこの1月は仕事量が減り週に2、3日の勤務となっています。
時給制のパート勤務なのでこれに伴い収入は大きく減ることになり生活費的には苦しくなります。
そういうこともあって、現在の仕事と兼務できる仕事を別途探しているところです。
一方で、私は自由な時間がとても好きな人間なので、仕事をしていない日は伸び伸び楽しくいい気分で過ごしています。
facebookやmixiなどのSNSで私とつながっている人は気付くはずですが、私の日課は、朝起きて窓を開け、近所の猫たちの行動を観察することから始まります。
近所に猫好きの人が多いのか、現在の住まい周辺には野良猫が多く(といっても地域猫が多い)、その猫たちの好きな場所が私の部屋からよく見えるので、窓を開けると自然に猫たちの姿が目に飛び込んでくるのです。

50歳直前から新しい仕事に挑戦し現在に至っていますが、この年齢になると好きなように生きようという思いが強くなり今まさにそんなライフスタイルです。
転職を考える上では、日本の雇用風土からすると一般的には転職回数はあまり多くないほうがいいのですが、50代になれば転職回数なんかよりも年齢の壁のほうが高いので、もはや短期間で勤め先を辞めることを気にしなくなりました。
むしろ、そう割り切ることができたことで多くの仕事を経験することができ、それがある面で充実感になっているところがあります。
この4年ぐらいで3社に勤めており、前2社の勤務期間はそれぞれ約1年です。
半年間の無職期間もありましたが、その間は特に焦って仕事探しをしていたわけでもなく自由気ままに過ごしていたので、言ってみれば仕事スタイルもマイペースといった感じでした。

こんな生き方をしながらつくづく思うことは、仕事も私生活も自分のペースに持ち込めれば気分的に楽だしやりやすいということですね。
それを今実践中なので実感しています。
仕事は自分が主体的に組み立てることができればやりがいがわくしやりやすいですよね。
他人からあれやれこれやれと強いられると辛いと思いますけど。
新人で何もわからない状態の時はしかたがないかもしれませんが、仕事人として経験を積みある程度仕事を自分の裁量で回せるようになったら、どんどん自分のペースに持ち込めるような仕事のし方を習得したほうがいいかもしれませんね。
仕事人経験は長いのにいつまでも誰かから強いられている感覚で仕事をしていたら、その仕事を辞めることになった時その後の生き方に戸惑いが生じるのではないでしょうか。
できるだけ仕事も私生活も自分のペースに持ち込めるよう努める、これが人生を楽しむコツじゃないかと思うわけです。

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログ<br>
<br><br clear=
yoron at 09:49│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字