2017年01月14日

自分のいる業界(会社・組織)のやり方を世の中共通のものと思い込んではいけない

私はこれまで、電機業界、建設業界、IT業界、セキュリティ業界、人材業界、飲食業界を経験し、職種としては、総務、広報宣伝、経営企画、秘書、人事、経理、営業管理、品質管理、営業、調理、接客サービス等を経験しました。
勤め先の数でいえば、かれこれ8社になります。
新しい仕事に就く度に最初に突き当たる壁が、その業界(会社・組織)のやり方です。
その業界(会社・組織)で長く働いている人にとっては当たり前のことで半ば常識になっていることが、新しく入ってきた人にはちょっとしたことでも違和感を感じることがあり、人によってはその違和感がなかなか解消できず、それが原因で力を発揮できないまま終わるなんてこともあったりします。
Aという会社では大活躍していた人がBという会社にヘッドハンティングされて入社したら予想外に活躍できなかたということがしばしばあるものですが、それはA社とB社ではやり方が違うというのも要因の一つです。

例えば、時間効率よりも長時間働くのが当たり前になっている風土では、言葉では効率重視と言いながら実態はまったく逆ということがよくあります。
ITは業務効率化のツールというのを最大の売りにしていながら、当のIT業界(企業)では長時間働くのが当たり前になっていたり、ここまでいくとブラックユーモアとしか言いようがありません。
不思議なことに、長時間労働が風土になっている業界(企業)に入ると、自分では効率的な働き方をして早く帰りたいと思っていても周囲の無言のプレッシャーを感じることがあります。
仕事が終わったから帰るだけなのになぜか仕事をあまりしていないような見方をされたり、中には、あからさまに「いいね、早く帰れて」なんて嫌味を言われたり。


転職したばかりで慣れていないうちは、「お前、そんなこともできないのか」とバカにされたり、怒られたりすることがよくありました。
電話の対応一つとっても、電話をとって名乗ることはできても、相手からあれこれ話をされると内容によってはどう対応していいかわからないことがあります。
その時の狼狽している姿を見られて、周囲の人から「あなた、電話対応もまともにできないのですか。何年社会人やっているんですか」と嫌味を言われたところで、新しい仕事のことをよくわかっていない状態で、業界(企業・組織)のやり方も知らない状況では適切な対応はできっこないんです。
そういうことを慣れていない新人などは身をもってわかるのですが、その業界(会社・組織)で長く働いていて慣れている人にはわからないのです。

言葉や表現は、たしかに世の中共通のものがあります。
私がこれまで経験した職種も多くの企業・組織で一般的になっているものがたくさんあります。
しかし、実際の仕事の現場ではやり方がかなり違う、微妙に違うということが往々にしてあります。
転職する際はそういうことを予めわかっておいたほうがいいでしょう。
予めわかっているとゼロベースでその業界(企業・組織)のことを学ぼうとする姿勢になりますが、今までのやり方を世の中共通のものと思い込んで他の業界(企業・組織)でも同じやり方をすると失敗する確率が高くなります。

慣れることは上手にやることにつながるのでいいことですが、一方で感覚を麻痺させ弊害を生んでしまう面もあります。
その最たるものが、自分のいる業界(会社・組織)のやり方を世の中共通のものと思い込んでしまうことです。
そうならないためには、常に世の中の動きに対しアンテナを張り、他業界(企業・組織)の仕事人と付き合い、広く情報を集める習慣を身につけておくことが大事かなと思うわけです。

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログ

<br><br clear=
yoron at 10:01│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字