2017年01月12日

仕事を面白く感じる時があるはず、もしなければ仕事を変えたほうがいいと思う

映画『RAILWAYS』
(仕事って面白いよね?)
長年仕事人をやっていると、仕事を面白く感じる時もあればつまらなく感じる時もあり、結局その繰り返しのような気がしています。
私の場合は、どちらの期間が長かったかといえば、つまらなく感じた時のほうが長かったかもしれません。
そう感じたのは、おそらく、やらされ感で働いていたからでしょう。
自分からこうしたいとか、自分で考えて動くとか、主体性の部分が少なく、上司、偉い人や先輩などからの指示で仕事をしていたからでしょうね。
今就いている仕事も上司や先輩の指示で動くことのほうが多いのですが、若い頃と違って今面白く感じることができているのは、今の仕事に就いた目的が明確であることと日々の仕事を通して吸収できていることが多いからです。

先日、仕事人にとってマンネリや惰性は危険という記事を書きましたが、こういう状態になると仕事に面白みを感じずつまらないという感覚のほうが勝るでしょうね。
それでもいいんだという人はそれで自分の人生を送ればいいと思いますが、ただ、それではあまりにも人生がもったいないような気がするんです。
どんなことをするのでも「面白い!」と感じられればわくわくするし、やる気が出るし、人生楽しいではないですか。
そう感じた人は自然に表情が生き生きするので周囲からも好感が持たれ、いろんな面で得をすることが多いでしょう。
逆に目の前のことを「つまらない」と思って日々を過ごしている人は、何となく表情が暗めで、周囲に陰気臭い印象を与え、いろんな面で損をすることが多いでしょう。

自分自身の仕事人経験を踏まえて思うのは、仕事をしているとどんな仕事でも少しは面白さを感じられる時があるはずで、それは例えば、新しいことを吸収できて「勉強になる!」と思えている時とか、自分で考えて動き、自分のやりたいように仕事が回せるなど主体性が発揮されている時などかなと。
毎日淡々と日常業務をこなす中にも、疑問を持つことができたり、自分で勉強したことを生かすことができたり、創意工夫ができたりすると面白さを見出すことができるものです。
以前にも記事で書いたような気がしますが、まったく何の面白さも感じられない状態なら仕事を変えたほうがいいかもしれません。
仕事を変えるのはそれなりのリスクもありますが、その気になれば自分の意思でできることであり、仕事を変えることによって仕事に面白さを感じることができれば、それはもうリスク以上に得たものが多いことになります。
あなたは今、自分の仕事に面白さを感じることができていますか?

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログ<br><br clear=
yoron at 07:27│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字