2017年01月02日

悔しい思いをしたという経験は大切だ

これまでの人生において、悔しい思いをした経験があるという人は多いのではないでしょうか。
ライバルに負けて悔しい思いをした、他人にバカにされて悔しい思いをした、できると思っていたことがやってみたらできず悔しい思いをした、自分の予想に反して低い評価をされ悔しい思いをした、信じていた人に騙されて悔しい思いをした、自分は悪くないのに一方的に責任を問われた(叱られた)、、、悔しい思いをした出来事、場面はいろいろあると思います。
私自身の例をあげれば、例えば、仕事人人生を振り返ってみた場合、自分では一生懸命頑張ったつもりなのに、上司など他人の評価がそれほどでなかった時は悔しかったですね。
仕事の成果に対する評価は他人がするものというのは頭の中ではわかっていても、それでも実際の評価が自分の期待(予想)に反して低いものだったりするとガッカリすると同時にやっぱり悔しかったですね。

こんな例もあります。
私はこれまで何度か転職しましたが、大企業から初めて中小企業に転職した時にこんなことを経験しました。
当時、退職前に勤めていた大企業から転職先の中小企業に転職するにおいては、年収が100万円近く下がる条件でしたが、私の中では仕事内容が希望に近いものだったので年収面は妥協して転職を決意しました。
しかし、それは初年度だけの条件だけで(面接ではそんなことは一言も言われなかった)、二年目からはさらに100万円ぐらいの年収ダウンになりました。
その会社に私より先に転職で入社した他の同僚に聞いてみたところ、私同様二年目から大幅に年収が下がったとのことでした。
要するに、その会社はなかなか人材が採用できないので入社時の条件だけはよく見せておき、一旦採用したら条件を落としていくというやり方をしていたわけです。
この時も騙された気がして悔しい思いをしたものです。

3年前にまったく経験のない飲食業界に飛び込みましたが、この業界の風潮なのか、とにかく、素人やできない人を徹底的にバカにする人が周囲に多く、バカにされる度に悔しい思いをします。
ただ、私の場合、他人にバカにされると、「何くそ、今に見ていろ。そのうち見返してやるぞ!」と心の内で闘志を燃やすタイプなので、こういう環境は逆にいいのかなと思ったりもします。
悔しい思いをしてそのまま落ち込んだり、自分をダメ人間と思い込んで沈んでしまっては意味がありませんが、悔しい思いは頑張るきっかけになることも多いので、悔しい思いをした経験は大切だと思うのです。
直近の例でいえば、大学卒業以来フリーター生活を続けている弟が長く企業の正社員の地位にいた私より貯蓄額が多いのを知り衝撃を受け悔しい思いをしているところです。
今、「これから頑張って弟を抜くぞ!」と闘志を燃やしているところです(笑)。
あなたはこれまでどんな悔しい思いをした経験がありますか?

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログ<br><br clear=
yoron at 09:55│Comments(1)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by まだまだ頑張れる!   2017年01月02日 15:31
5 私も似たような経験を12月にしました。すごくくやしい気持ちばねにして、ばりばりやってます。お互いがんばりましょう!サイトしてるんで、よければ、コメントください!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字