2016年12月17日

落ちた時、退く時こそ気持ちの切り替え、次への挑戦心が大事

若い頃、定年間際の人、出世コースからはずれた人、降格(降給)させられた人や会社から去っていく人などと話をするとやる気のないような話をよく聞かされた記憶があります。
「うちの会社は真面目に頑張った人がバカを見る会社なんだ」だの、「無理して頑張っても会社は面倒なんか見てくれないよ」だの、「仕事なんかほどほどにして趣味でも楽しんだほうがいいよ」だの、「うちの会社にいても将来性はないから若いうちに転職したほうがいいよ」だの、「仕事は適当でいいんだ、体を壊さないことが肝心だ」だの、「組織なんて、結局ゴマすりのうまい人が出世するところさ」だの。
もちろん、すべての人がそうだったわけではなく、中には定年後の第二の人生プランを既に持っていて、仕事に100%集中しないまでも何となく生き生きしている人もいましたけどね。

こういう言い方をするととても後向きなイメージがありますが、ただ、自分自身でも経験してみてわかったのですが、落ちた時、退く時というのは、気持ちの切り替えができなかったり、次に何か挑戦するようなものがないと気持ちが暗くなりがちでそれが言動に現れやすいんです。
とにかく会社を辞めたいという気持ちだけが強く、実際に辞めることが決まった時に辞めるその日までどんどん仕事に対するやる気がなくなっていく過程を経験したことがある人なら、私がここで言っていることをわかってもらえるかもしれません。
やる気のなさを他人の前で見せても何もいいことがないばかりか逆にマイナスなのですが、これは自分の中に潜在的にずっとあった不平不満の憂さ晴らしみたいなものなんだと思います。

私はこれまでいろんな業界、会社を渡り歩いてきましたが、ある時から、落ちた時、退く時こそ気持ちの切り替え、次への挑戦心が大事ということに気付き、努めてそういうふうにするようにしています。
「落ちてもこれで人生が終わるわけではない」、「ここで退くのは次の夢(目標)に向けてのステップなのだ」と。
人間、不思議なもので、うまく気持ちの切り替えができたり、次に挑戦するものがあると、新しい良き出会いがあったり、自分の可能性を信じることができるようになります。
私の知人に、70代にして若者のように目をキラキラ輝かせながらビジネスの第一線で活躍している人がいます。
活躍といってもビジネスで成功して大儲けしているとか出世しているとかそういうわけではないのですが、とにかく好奇心旺盛で表情が生き生きしているのです。
この人と話をすると前向きな姿勢を強く感じます、人生を最後まで充実させるんだみたいな。
こういう人に出会うとこちらも刺激を受けるので、残りの人生はこんな生き方をしたいと思う今日この頃です。

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログ<br>
<br><br clear=
yoron at 06:25│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字