2016年12月14日

立場が変われば考え方が変わることだってあるものだ

勤め人時代は、経営がおかしいと経営者を批判したかもしれない、雇用者側の評価は無視して自分は労働者として当然の権利を主張しているだけだと思っていたかもしれない、しかし、自分が起業して会社の経営者になり従業員を雇ったら従業員の働きに満足できない、働きが悪いと評価した従業員は給料を低めに抑えたい、働きが悪いわりには言いたいことだけ言う従業員には我慢できない、などと思うことがあるでしょう。
他人の財布の金なら気にせずいくらでも使えるが、自分の財布の金になると計算が働き使うのも慎重になる、人間というのはえてしてそういうものです。
だからといって首尾一貫していないと責めてもしかたがないことで、人間は立場が変われば考え方が変わることだってあるものなのです。
一部下の立場から部下を持つ上司の立場になった経験をしたことのある人ならきっとわかるはずです。

以前大企業で働いていた時、経営トップに近い部署で働いていたことがあり、何かの折に経営トップを交え少人数で飲む機会がありました。
その時、経営トップがポロっと本音を漏らしたことがあります。
「うちは他社に比べ給料が安い、労働が過酷だと声高に主張する従業員がいるけど、そんなにうちに不満があり嫌ならば、さっさと辞めて他社へ転職すればいいじゃないか。うちは従業員の働きに対してはできる範囲内で最大限に報いているんだ」と。
組織というところは、使う側と使われる側では立場も違うので考え方に相容れない部分があるものですが、経営を批判する従業員に対する考え方は、おそらく、どこの組織のトップも似たようなものかもしれません。
建設的な意見、批判であれば積極的に考慮しつつも、経営の苦労も理解しようとしない、しかも自分自身では何もせずに批判のための批判だけしているような従業員はさっさと辞めてもらいたい、これが組織側の本音です。

よくこんなことが言われます、「成長したかったら、上司の立場になったつもりで仕事をしろ」と。
なかなか難しいことではありますが、たしかにその通りでしょう。
一般論で言えば、上の立場に立つ人は下の人に比べ広い視野を持っています。
上司が部下の仕事のやり方に満足できないのは、部下の視野が狭く、与えた仕事の本質を見抜けず重要な仕事を後回しにして些末なことに追われていたりするからです。
上司の立場に立って仕事ができていれば上司から高く評価されるのは間違いありません。
立場というのはそれほど視点に影響するものなのです。
私は現在飲食店のスタッフとして働いていますが、かつて自分が一客としてお店を利用していた時に見えたお店の風景と逆の立場で見えるお店の風景はかなり異なります。
ほんと、これは実際に経験してみないとわからない面白い事実ですね。
「あの人急に変わったね」などと噂する時、噂の人は立場が変わったのではないでしょうか。
あなた自身、立場が変わって考え方が変わったという経験があるのではありませんか?

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログ<br><br clear=
yoron at 08:57│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字