2016年11月22日

知らないほうが幸せな時もあるけど、組織はいろんな思惑が絡み裏がある世界だ

組織の裏の世界とか社内政治については、人によって関心度が違うものです。
「そんなものどうでもいいや、私は自分の仕事を究めたい」という人もいれば、自分の出世や利のため、あるいは興味半分で関心を持ち、できれば自分も当事者として関わりたいと思う人もいます。
立場上、否が応でも関わらざるをえないという状況もありますね。
私のこれまでの経験だけで言うと、技術系の職種の人はそういうのに関心が低く、事務系・営業系の人は関心が高いような印象を受けます。
また、立場という点で言うと、肩書の低い人よりもマネージャークラス以上の肩書の高い人のほうが組織に振り回される傾向があるような気がします。
私は人事総務系の仕事が長かったので仕事柄関心が高かったのですが、まぁ、こう言っちゃなんですが、組織の裏世界や社内政治の駆け引きなどは知らないほうが幸せな時もあるんですよね。

私が経験した中からいくつか紹介しますと、、、
取締役ポストというのは組織人にとっては成功としての一つの名誉であることは間違いないでしょう。
大手の会社であればいろんな役得が付くかもしれません。
人によっては部長や事業部長あたりから取締役に昇進するとそれまでと言動が変わる人もいます。
ところで、自分の管轄する部門に対しては絶大な権限を持つ取締役も、経営者グループの中ではあまり力を持っていないことがあります。
担当部門の部下の前では、「私に任せておけ」などと勇ましいことを言っておきながら、社長に対しては何も言えず社長の言いなりになってしまうとか、取締役会ではほとんど発言しないとか。


ある会社の取締役会で組織改正とマネージャークラスの人事異動の審議があり、私は事務局特権でただ一人その場(会議室の隅っこ)にいてこの様子を見る機会がありました。
各取締役同士の駆け引きがあったり、個人名が出てきてボロクソの評価コメントが飛び出したり、なかなかすごい世界でした。
できる人を自分の管轄部門に配置したいと思う人同士はもっともらしい理由を付けて自説を主張し、逆に使えないと評価した人に対しては、「彼はただ机に座っているだけの人間で重要なポジションであるあの部門の部長職には相応しくない」などと辛辣なコメントが飛び出したりしました。
本人が聞いたら相当落ち込むだろうなと思ったものです。
その後本人に会う機会があると、その時の場面が脳裏に浮かび、「気の毒だけど、知らぬが仏だよな」と思ったりもしました。

それなりの規模の会社の人事や組織は、それなりのあるべき論がベースにありますが、ただ、実際の運用になると、権力者の恣意的な思惑で動く場面も多々あります。
公正な人事評価と言いながら、実際は好き嫌いで昇進昇格や人事異動が決まったりとか。
私も何度か経験がありますが、部門の責任ある立場の人が何人か集まった飲み会で人事異動の話題になり、そこである人物の異動の話が出て、それがそのまま公の人事発令になったこともありました。
「彼にあの部門のあの仕事は荷が重すぎるな。他に適任者がいるから彼は他部署へ移ってもらおうか」、「そうだな、あそこの部署のあのポストは担当者が今年定年でいなくなるからその後任者にしよう」などといった会話がなされ、その場にいたいずれかのメンバーから人事に伝えられて、人事は部門の意向に従うのでそのまま人事異動が決まるみたいな流れですね。
もちろん当の本人はそういう事情は知る由もありません。
上司から本人に異動が伝えられる時はもっともらしい理由を付けられるのがふつうです。

ある会社で、ある有望な若手が自分のキャリアップのため社内の制度を使って他部門への異動を申請したことがありました。
ところが、それを知った所属部門の部門長は、その人に抜けられると戦力ダウンになるし、自分の評価にも傷がつくと思ったのか人事部門に裏から手を回しその申請を無効にさせてしまったのです。
なぜ私がその事実を知っているのかといえば、その部門長が自席から他の場所に移ってこそこそ電話しているのを聞いたからです、もちろん内容も。
この若手は、自分の異動が叶わなかったので前途に絶望しすぐに会社を去っていきました。
会社にとっては優秀な人材を失ったわけで、一人の権力者の保身が残念な結果を生んでしまったのです。
最近は、かつてと違ってこういう世界にはあまり関心を持たなくなりました。
そういうのも組織ではもう働きたくないという今の思いにつながっているのかもしれません。
あなたは、自分の所属する組織・会社の裏の世界を知りたいと思いますか?

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログ

<br><br clear=
yoron at 09:48│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字