2016年11月20日

他人の視線を気にしながら生きるなんてバカバカしい、自分の価値観で生きれば気分は楽だ

私が住んでいる東京都北区という街は、一説によれば独自の価値観を持つ人が多く住んでいる街なんだとか。
そんなことを知らずこの街に引っ越してきたのが今年の5月で居住歴はかれこれ半年になりますが、この説を聞いて何だか嬉しくなりました。
なぜなら、今の私にはピッタリだからです。
男52歳、独身、一人暮らし、転職を繰り返し、低収入の仕事で貯金も少なく貧乏生活、他人から見たらやや哀れな生き方に見えるかもしれませんが、本人はささやかな幸せを感じながら日々生きています。
かつては何かにつけ他人の視線が気になったものですが、最近はほとんど気にならなくなりました。
学生時代の友人の多くは、結婚し、子供の親になっている人も多く、仕事も安定し、一見人並の生活をしています。
そんな友人の中には、私にこんなことを言う人もいます。
「お前も結婚しろよ」、「安定した仕事のほうが将来のためには賢明だぞ」と。
若い頃なら私もこの考え方を受け入れ、そういう方向で人生を歩みたいと望んだかもしれません。
しかし、今はそんなのはどうでもいいじゃん!って感じです。

そもそも、私の知る限りにおいても、結婚したけど離婚したり、結婚生活も長くなるにつれくたびれてしまっている人がいたり、夫婦仲がうまくいかず不倫に走ったり、子供のことで気苦労が絶えないとボヤく人がいたり、勤務先で活躍できず悶々として日々を送っていたり、安定していたはずの勤務先をリストラされてしまった人がいたり、会うと仕事上の不平不満ばかり口にする人がいたり、自分より立場の弱い人を見下す態度をとる寂しい大人になっている人がいたり、、、どう見ても、幸せな生き方をしているようには見えないような人たちもいます。
想像ですけど、そういう人たちは、人並の生活をする、あわよくばそれ以上の生活をする、というのを目の前の目標にして生きてきたのかもしれません。
そして、その先にあったのがそういった人生であったなら、もしかしたら後悔の念もあるのかもしれません。
たまに私にこんなことを言う人もいます。
「私もお前のような生き方がしたいよ、やりたい仕事をやってさ、独身で自由気ままな生活をしてさ」と。
冗談半分で何気なく言った言葉だったにしても、少し本音の部分もありそうな気がします。

今はどうか知りませんが、かつて、日本企業は村社会だと言われたことがあります。
村社会なので村の掟があって、村の慣習があって、それに従うことがよしとされ、少しでもはみ出たことをすると村八分の目に遭い、そんな窮屈な世界が日本企業だったわけです。
一方で、それに慣れるとお互い似たような価値観なのでやりやすいことも多いし、そこを飛び出さないかぎりは生活もそこそこ安定したのです。
そういう場に息苦しさを感じて飛び出した人間は、その後、うまくいく人もいれば、私のように不安定な生き方をする人もいます。
ただ、飛び出すような人間はどこかで他人の視線を気にしながら生きるなんてバカバカしいと思っているので、自分の価値観を大事にしています。
自分がそういう人間だから、他人がどう生きようがそれは他人が決めることだと考えており、だから他人の生き方についてはとやかく言いません。
逆に、見ていると、他人の言動を気にする人ほど、自分の生き方には何の関係もないはずの他人の生き方にまであれこれ口をはさんでいるような気がします。
まっ、何であれ、自分の価値観で生きれば気分は楽なんだなとつくづく思う今日この頃です。

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログ<br><br clear=
yoron at 08:22│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 人間バンザイ! 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字