2014年11月22日

40代からの食の勉強と料理作りのススメ

人間なら誰でも生命を維持するためにやっている習慣。
それは食事をすること。

世界には満足に食事ができない貧しい国々・地域もありますが、私たち日本人が住む日本という国は、ありがたいことに食の環境は大変充実しています。
世界を見渡せばそのありがたさがわかるはずなのですが、今の環境が日常的で当たり前だと思ってしまうと、食事が気軽に摂れることへの感謝の念も薄れてしまいがちです。
特に、ある程度のお金が稼げて食事にもお金がかけられるようになると、美食志向になり、美味しいものを何でも食べたいと思うようになるかもしれません。
それはそれで個人の考え方であり、ライフスタイルだから他人がとやかく言うことではないと思います。

ただ、私は自分自身の経験を踏まえて思うことがあります。
それは、一言で言うと、食習慣は健康的生活が送れるどうかに大きく影響するということです。
もっといえば、日々健康を意識した食生活を続けていると健康を維持できる可能性が高いが、乱れた食生活、つまり健康を意識しない食生活を続けていると、後の人生に悪影響を及ぼす可能性が高いということです。
正直に申しますが、40代までの私の食生活は本当に乱れていました。
お酒が好きだった私は、ほぼ毎日お酒を飲み続け、仕事が終わるとハシゴ酒をしたりして、健康的生活とは真逆の生活を送っていました。
そういうライフスタイルも影響したのか、40代の半ばに大病を患って生死の境を彷徨い、長期の入院生活を経験しました。
この経験をしてからは、さすがにお酒浸りの生活はやめようと思いました。

私は自分の食生活を見直すため、食について改めて勉強しようと昨年10月に調理専門学校に入学しました。
学び出してから約1年が経ちましたが、私自身にとって役立つことがたくさんありました。
学校では、料理作りの勉強だけでなく、食、特に健康に関係する事柄をたくさん勉強します。
栄養学、食品学、食品衛生学、公衆衛生学、食文化など。
私の人生において、これだけ本格的に食について勉強したのは初めての経験です。
今さらですが、こういう勉強をもっと早くやっておけばよかったなぁと思っています。
当たり前ですけど、健康が嫌だという人はいないでしょう。
逆に、健康を失って初めて健康の大切さに気付くという人は多いかもしれません。
中高年になると、体力の衰えを感じ、健康をより意識する人は多いでしょう。
そういう点で、40代以上の方には、食の勉強と料理作りをお勧めしたいですね。
長寿社会の到来という現実の前で、健康的な食生活を送って健康的に長生きするというのは多くの人の理想ではないでしょうか。

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログランキングへ<br><br clear=
yoron at 08:31│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 元気&感動話 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字