おかげさまで、ブログ『ビジネスピープル共和国』は10周年を迎えました。自分の本当の力は、組織を離れ個人になった時に試される

2014年07月05日

中高年からの転職で失敗する典型的なケース

私はこれまで4回転職し5社に勤めました。
これまでの転職の中には、社内の雰囲気になじめず、周囲とのコミュニケーションもあまりうまくいかず短期間で辞めてしまったのもあります。
まぁ、転職で失敗したケースですね。
私と同じような失敗をした他人のケースもこれまでたくさん見てきました。
特に、周囲とのコミュニケーションがあまりうまくいかず辞めるケースは、中高年からの転職で失敗する典型的なケースかもしれません。

はっきり言いますが、中高年の転職者を温かく迎え入れてくれる企業、職場はほとんどないのではないでしょうか。
採用する側は中高年者に即戦力を期待しますが、同僚になる人たちは、「この人、どの程度の仕事ができるのかな」という感じで、どちらかといえば冷ややかな見方をします。
高いポジションで入社してくる転職者にいたっては最初から風当たりも強いかもしれません。
仕事人歴の浅い若い人なら周囲が気を使って手取り足取り教えてくれるかもしれませんが、中高年者の転職者に対してそういうことをしてくれる人はなかなかいません。
せいぜい直属の上司が教えるぐらいでしょうか。


中高年の転職者はそういう厳しい環境に身を置くわけですから、待ちの姿勢ではまったくダメで自ら積極的に周囲とコミュニケーションをとり、一日も早く周囲から受け入れてもらえるよう努力する必要があります。
一旦周囲から仲間意識を持ってもらえれば後は楽になります。
自分が仲間に入れたかどうかを知るには、周囲のどれだけの人が自分に話し掛けてくれたかをみればわかります。
気軽に雑談をされたり、相談されたりするようになればもうすっかり仲間の輪に加わったという証です。
周囲とは仕事上の必要最低限のコミュニケーションしかないということであれば、それは周囲とのコミュニケーションそのものがうまくいっていない証です。

中高年者は経験が豊富なのでどこかでプライドを持っています。
本人は意識していなくても周囲がそれを感じることがあります。
転職においては、そのプライドが障害になることも往々にしてありがちなので要注意です。
中高年からの転職を成功させるには、とくにかくひたすら謙虚な姿勢で、周囲との良好なコミュニケーションを最優先することが肝心です。
生き方が不器用な人もいるかもしれませんが、新しい職場に飛び込んでいくにはこういうことは意識しておいたほうがいいでしょう。
中高年者で今転職活動をされている方、転職をお考えの方には、こういったコミュニケーションの失敗をしてほしくないものです。

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログランキングへ

<br><br clear=
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
おかげさまで、ブログ『ビジネスピープル共和国』は10周年を迎えました。自分の本当の力は、組織を離れ個人になった時に試される