2013年09月08日

2020東京オリンピック開催決定と私の特別な思い

本日、2020年のオリンピックの開催都市が東京に決定しました。
まずは、ここに至るまで招致活動にご尽力された関係者の皆様、本当におめでとうございます、ありがとうございました、そしてお疲れさまでした。
日本でのオリンピック開催に対しては、歓迎・賛成した方、批判・反対した方、あるいは特に何の思いもなかった方、いろいろいらっしゃると思います。
自由に自分の意思を表明できるのが民主主義の良いところです。
結果が出た以上は、日本国民の一人としてオリンピックが成功してほしいと思いますし、この盛大なイベントが日本の発展に役立ってほしいと願っています。

実は私は前回東京オリンピックが開催された1964年の生まれです。
鹿児島県最南端の島「与論島」という小さな島で、9人兄弟姉妹の7番目としてこの世に生を受けました。
自分が生まれたのが日本で初めて(アジアで初めて)オリンピックが開催された年で、自分が生きているであろう間に再び日本で開催されるわけなので、これはもう感慨ひとしおです。
日本は1964年の東京オリンピックを一つの起爆剤として経済発展を続けてきたわけですが、私の人生の歩みはこの経済発展の歴史に重なります。

私は現在49歳で来年50歳になります。
この節目の年齢を迎えるにあたり、意を決して、自分の人生の方向性を大きく変える決断をし、今後進む方向に向かって行動を起こし始めました。
仕事人人生において、思い切ってキャリアチェンジをすることにしました。
これまでの仕事人経験を生かしながらも、人生を後悔しないために本当に自分がやってみたかったことに挑戦してみることにしました。
そういう決断・行動をしたタイミングでの今回の2020東京オリンピック開催決定だったので、否が応でも特別な思いを抱きます。
決めたこと、決まったこと、あとはそれに向かって突き進んでいくだけです。
頑張れ日本!、頑張れ自分!

この記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログランキングへ

yoron at 07:19│Comments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 元気&感動話 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 斎藤朋矢   2013年09月08日 07:42
39年生まれは、まさに、これから主役です!
2. Posted by ヨロン/竹内富雄   2013年09月09日 10:58
>斎藤さん

いやぁ、まったくです。
その意気でお互い頑張りましょう!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字