2011年07月27日

仕事人の視点で世の中を見極めろ

女子サッカーのワールドカップでなでしこジャパンが優勝した時は、世の中の風潮同様私も絶賛の記事を書きました。
その出来事自体は大変素晴らしく、感動で自分自身の胸を打ったからです。
一方で、その後のメディアの報道などを通して関連情報を得ていたら、「あれ、何かおかしいな」とか、「何らかの思惑が入っているな」ということも出てきました。
例えば、ある選手がプライベートな飲み会で監督批判をしたということがその場に同席した人のtwitterで暴露され、本人がメディアの前でそれは事実とは違うといったコメントを出していた場面がありました。
でもね、私はそれは事実だったにちがいないと思っています。
優勝という偉業に世の中が浮かれ、彼女たちに清楚、可憐、品行方正な乙女像を抱いている人もいるかもしれませんが、いろんな面を持っていて表に出ないところでは好き勝手なことをやっているのがふつうの人間です。

組織の中で働いたことがある人ならわかると思いますが、性格も考え方も違う人たちと協力し合いながら仕事をするというのはなかなか骨の折れることです。
上司が自分のチームを引っ張ろうとしてもうまくいかないこともしばしばです。
上司の面前では大人しく従順な姿勢をとりながら、裏に回ると部下同士で悪口を言っているなんてのは日常茶飯事です。
仕事人経験、社会人経験が未熟な人ほど感情面から物事を強く意識するのはしょうがないことです。
かつて勤めた会社のあるトップは、対外的には有名人で社外の人との付き合いでは好感を持たれていたようですが、社員の中には不満を抱いている人がたくさんいました。
そういった仕事の現場での人間関係を経験している人なら、なでしこジャパンの選手が個々人ではいろんな考え方を持ち、いろんな言動をすることは当然だと考えるはずです。


ふつうの人なら誰かを批判したりすることがあるのはむしろ自然なはずなのに、なでしこジャパンの監督と選手の人間関係では一切そんなことはないと考えるほうが不自然です。
凱旋直後の出来事だったから大きな話題になったのでしょう。
私から見れば面白可笑しく騒ぎ過ぎじゃないかと思います。
仕事人の視点、大人の視点で、「それがどうしたの?。選手が監督批判をする場面があってもいいんでは?」というぐらいに軽く受け流せばよかったのではないかと。
もっとも、自分の言動がもたらす影響を考慮せずにtwitterに書き込むほうも書き込むほうですが、まぁ、これだけネット社会になり情報が瞬時に伝播する世の中になると、そういうのを覚悟した言動を心掛ける必要があるのかもしれません。

現在は世の中全般的に不景気です。
特に産業界は自社商品・サービスが売れずに困っています。
そんな状況下でのなでしこジャパンの活躍です。
煽るだけ煽って何とか商売につなげたいというのは率直な本音だし、売れる時に売るのは商売のコツなので企業は現在の雰囲気を持続させようとあの手この手を使います。
なでしこジャパンの選手の多くはプロではないようですが、ある面企業の広告宣伝に利用されているのかもしれません。
仕事人の視点で見れば、一般国民として喜んでいるだけでなく、こういう世の中の雰囲気を利用して自社商品・サービスの商機を見い出すべきでしょう。

仕事人は、自分が日々仕事の現場で経験していることを踏まえて世の中を見極める力を持っています。
但し、その力を持つためには日頃からの問題意識が重要です。
問題意識があれば、何かの出来事に対して、その背景、裏事情やからくりなどが知りたくなったりするものです。
だから、仕事をするにあたってはただ漫然と仕事をするのではなく、問題意識を持ちながら真剣に取り組み、そこから何かを学び、そこで得たノウハウや知識を世の中を見る時に活かしていく必要があるのです。
なでしこジャパンをめぐる世の中の動き、仕事人のあなたの目にはどう映りましたか?

今日の記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログランキングへ

yoron at 06:26│Comments(3)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 世の中を斬る! 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 新橋のサラリーマン   2011年07月27日 17:39
本心は語る(話す)ものではありません(>ε<)

また、他人の本心もわかりません(>_<)

サラリーマンは、「まっ、いいか。」で適当に(´Д`)
2. Posted by Sin   2011年07月27日 20:49
顕著な結果を出す人ほど、
一癖も二癖もあるのが普通だと思います。

結局そこが、週刊誌の格好のねたになり、
その内容を鵜呑みにしてしまう人たちによって、
バッシング→葬り去られる、
がいつものパターンですよね。

情報の受け手として、
1)結果を出したことは、人間性とは別に、
きちんと賞賛され続けるべき

2)結果を出せる人なのだから、
癖があって当然、という見方をすべき

以上の二点をきちんと留意し、
マスコミの誘導に安易に乗らない姿勢が
必要かと思います。
3. Posted by ヨロン/竹内富雄   2011年07月28日 10:38
>新橋のサラリーマンさん

組織内を泳ぐ処世術ですかね(笑)。

>Sinさん

まさにその通りですね。
おっしゃる通り、評価という視点でみるなら、人間性うんぬんではなく、結果を重視すべきでしょうね。
もちろん、結果を出すプロセスをみることも重要ですが。

マスコミは、犬が人間を噛んでもニュースにしないが、人間が犬を噛むとニュースにするという一面もあるので、マスコミの報道の内容が世の中を反映しているとは思わないほうがいいかもしれませんね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字