2011年05月30日

孫正義はやっぱりすごい人だ!



ソフトバンクグループのトップ・孫正義氏(53歳)。
これまでビジネスの分野においてずいぶん世の中の規制に挑戦し続け風穴を開けてきました。
その彼が、今度は福島原発の事故をきっかけにエネルギー分野へも挑戦しようとしています。
彼の言動は派手で目立つので批判もたくさんあります。
人々の度肝を抜くような大胆な構想を打ち出したりするので大法螺吹きの人間だと見られている面もあるでしょう。
かつて、NTTが独占していた通信業界に殴り込みをかけた時は、威勢のいい言葉とは裏腹に事業面では品質の弱さを指摘され多くの顧客からクレームも出ました。

今回の彼の自然エネルギー進出計画についても、パフォーマンスだけではないのか、売名行為ではないのか、自社の儲けのためではないのか、いろいろ批判する人はいるでしょう。
しかし、彼が通信業界に挑戦してくれたおかげで電話代等通信費が大幅に安くなったのは事実で、そういう点では利用者に大いにメリットをもたらしています。
パフォーマンスだろうが、売名行為だろうが、自社の儲けのためだろうが、結果的に多くの人にメリットがあるものであれば大いに歓迎すべきことでしょう。

孫氏の著書などは前から読んで共鳴するところが多々ありましたが、日本にもこういう人がいることが嬉しいですね。
何かもっともらしいことを語るだけの人より、有言実行タイプのリーダーのほうが信頼性があります。
彼の構想に賛同し一緒に取り組みを始めた政治家や各自治体の首長もいるようですが、本来その人たちがやらなければらない役割を一民間企業の人間がやるというのも変な話ではあります。
逆に言えば、彼がそれだけすごい人だということの証なのでしょう。
多くの企業が“ビジョン”や“企業理念”を掲げていると思いますが、ただ掲げているだけではなく、トップ自ら常に社員に向かってそれを訴え、組織の末端まで浸透させているかどうかは疑問です。
危機の時、将来不安が世の中を覆っている時こそリーダーが何をするのかがもっとも重要ではないかと思うのです。
あなたは、あなたの会社のビジョンや企業理念を知っていますか?、理解していますか?

今日の記事に共感いただけましたら、以下アイコンのクリックお願いします。
人気ブログランキングへ

yoron at 06:31│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 世の中を斬る! 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字