2008年08月08日

閑さや岩にしみ入る、、、真夏ですな

21454cc6.jpg閑さや岩にしみ入る蝉の声』(松尾芭蕉

最近は朝起きると自宅周辺から蝉の泣き声が聞こえてきます。
蝉の声を聞くと、「あ〜、夏(しかもかなり暑い夏)だな〜」と思います。
子供の頃、よく蝉取りに出掛けたものです。
子供の頃も夏は暑いと感じたものですが、大人になってからのほうが「うわぁ、この暑さには耐えられん!」という思いがあります。
きっと、エアコンに囲まれた生活に慣れ過ぎたせいでしょうね。

蝉の声は夏の風物詩ですが、夏で連想するものは他にもいろいろあります。
海水浴、プール、スイカ割り、花火、かき氷、アイスクリーム、怪談、、、
子供の頃は、実家のすぐそばが海だったのでよく海水浴に行きました。
あなたは、夏といえばどんな思い出がありますか?

聴く歌でも夏のイメージに合うものってありますよね。
夏に合うミュージシャンといえば、サザンオールスターズなんかは代表的でしょうか。
あとは食べ物とか。
真夏は夏バテしやすいので、こういう時期こそ栄養分のあるものをしっかり摂る必要がありますが、現実はどうしても偏った食事になりがちですね。
夏の食べ物で好きなのは、冷やむぎ、冷やし中華、鰻、こんなところかな。

子供の頃は、夏といえば、線香花火が好きでした。
友達と一緒に自宅近くの野原とか海辺に行ってよくいろんな花火を楽しんだものです。
今年の夏も暑いですが、昔の思い出に浸りながら夏バテしないようになんとか乗り切りたいと思います。
(写真は郷里「与論島」の夏の風景)


yoron at 06:51│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 歴史&思い出 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字