2007年08月11日

年齢とともに守りに入っていくのは

私は今40代(前半)。
20代、30代を経てこの世代になり変わってきたのは何かといえば、仕事面でも私生活面でもだんだん守り重視になってきたということでしょうか。
頭の中だけでは、「あー、これじゃいかんな」と思うこともあるのですが、実際の行動面ではどうしてもそうなってしまいますね。

これは何も私ばかりでなく多くの人が同じことを実感しているのかもしれません。
なぜなら、それが年をとるということだと思いますので。
自分が今より若かった時は、上の世代の人たちが守りの姿勢をとっているのに不満を感じ、許せなかったこともありました。
上司に対して、「こんな保守的な課長だから、この部署は、この会社はちっとも変わらないんだ」と毒づいたりとか。

自分も同じ世代になってやっと気づくようになりました。
今の若い人たちの言動を見ながら、「私もこの人たちと同じ年齢の時はこんな感じだったなぁ」などとしみじみ思ったり。
若い人の特徴というのは、あまり多くの経験がないゆえ、知らないことが多いゆえ、多少無鉄砲(?)なことでもやってしまうことでしょう。
あと、疑問に思うことに対しては「なぜ?」と素直に聞いたり、おかしいものはおかしいと感じたり言えたりすること、かな。

経験が増え、年齢が高くなると、どうしても過去の経験で物事を考えたり、現状の自分の生活を守り維持したいと考えがちです。
時々、若い人の素朴な疑問・意見に対し、「いやぁ、うちの会社ではそんなことしたって無駄だよ。昔っからそういう社風なんだ。私も以前やったことがあるけどダメだったね」と理由にならない理由で若い人を丸め込もうとする年輩者がいますが、それはつまり、その人が動きたくない、自分自身にとって居心地のいい環境を変えたくないだけなのです。

中高年者が組織の中で悪い意味でのブレーキになるのか、あるいはいい意味での潤滑油になれるかはこのあたりの意識が大きいでしょう。
一般的に年齢の高い人が、守り重視、フットワークが悪いという傾向があるのは、
・先が見えてきているので、今後の自分の進路を含め落としどころを考えてしまう。
・自分がこれまで長い間かけて築いてきた環境、スタイルを変えたくない。
・過去の経験で蓄積されたものが多く、判断基準をそこに求めがちである。

といったことが理由かなと思っています。
最近のあなたはどんな感じですか?


yoron at 08:58│Comments(2)TrackBack(1) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び | 仕事人の叫び

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 年齢、世代  [ 一語で検索 ]   2007年08月19日 16:55
年齢、世代での検索結果をマッシュアップ。一語から広がる言葉のポータルサイト。

この記事へのコメント

1. Posted by 匿名希望男性   2009年02月25日 23:40
体力的にも精神的にも無理がきかなくなった年代にはいってしまうと人間の肉体は守る方へと傾く。それを無理して攻める方へと身を起こすと、体の無理が利かなくなっている以上病気になってしまう。私も30代以上になりそのことがよくわかりました。もう10代のころのようには無理はきかなくなってしまいました。
2. Posted by ヨロン/竹内富雄   2009年02月27日 06:22
>匿名希望男性さん

私はそれを強く実感したのは40代になってからですね。
10代、20代の頃はむちゃやりました。
人間、病気にならないよう健康管理が大事ですよね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字