2007年06月08日

仕事人人生、苦あればこそ

仕事が難行苦行だとは思わないものの、苦しいことや辛いことが多いのも事実。
仕事が楽しくって楽しくってしょうがないという人はめったにいないでしょう。
勤め人(宮仕えってやつですか)であれば、ある程度の仕事を任され権限も与えられるようになってやっと仕事を面白く感じ始めることも多いと思います。

私が若い時、ほとんどパシリみたいな仕事をしていた頃は、とにかく仕事が早く終わることだけが願いでした。
仕事を終えて上司や先輩たちから解放され、気の合う仲間(同期のやつらとか)と一緒に飲みに行くのが唯一の気晴らしだったかな。
とにかく下っ端でしたから上から言われたことをやらざるをえず、悶々とした日々を過ごしていたような気がします。

その後、ちょっとした肩書きがついて仕事の幅も広がり、ある程度の仕事を自分の考えに基づいて回せるようになると、多少は「仕事って面白いなぁ」と思える部分もでてきました。
仕事って、自分の思い描いた通りにいけばいくほど面白さを感じますよね。
ただ、いかんせん、仕事を一から覚えてその領域に達するまでは、苦労を重ねなければなりません。
そういう意味では、仕事人人生は、どちらかといえば苦労する期間のほうが長いような気がします。

最近しみじみ思っていることは、苦労している時は「早く楽になりたい!」と感じるものですが、しかし、そうやって思い続けてやっと一瞬だけでも楽になれた時こそがもっとも幸福感を感じるのではないかと。
若い人の中には、仕事で苦労するのは人生の無駄とばかりに早め早めに楽を先取りしたがる人も多いように見えますが、果たしてその若者たちはその後の人生をそれ以上に楽しむことができるのでしょうか。
水戸黄門の主題歌じゃありませんが、楽もあれば苦もあるのが人間の人生であり、どちらか一方だけしかないというのは人生ではないと思います。
むしろ、私は苦が多いからこそ楽のありがたさを身にしみて感じることができるのではないか、そんなことを思うわけです。


yoron at 23:31│Comments(2)TrackBack(1) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 人間バンザイ! | 人間バンザイ!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 人生の/人生の  [ なるほどキーワード ]   2007年06月09日 01:02
人生のについて悩みを解決するには、まずは人生のについての正しい知識が必要です。そこで、人生のについての情報を集めました! 人生のについて調べて、人生のに関する悩みを解決しちゃいましょう! 人生の 関連のアイテム 人生の1/3は睡眠時間ですその大切な時間...

この記事へのコメント

1. Posted by 裸眼   2007年06月15日 02:43
「つまんないこともなくちゃ、楽しくねぇよ」
て最近よく思います。ちょっとズレてるかもしれませんが。こういう一見矛盾してるように聞こえる言葉遊びみたいのが好きなんですね。
ヨロンさんの日記(記事?)興味深く拝見させてもらっています。僕のやってることなんて学生のかたわらのバイトですが、読んでいて納得したり共感したりする部分も多いです。
今度またお酒の席などでお会いする機会があれったら、そのへんの話も出来たらなぁと思います。
2. Posted by ヨロン/竹内富雄   2007年06月16日 11:12
裸眼さん、こんにちは。ヨロンです(^_^)。
お久しぶりです。

そうですね、そうですよね。
例えば、自分の勤務先では辛いことが多くても、他社に勤めている人と飲みの場でそんな話題を共有し合えば、お酒の場が楽しくなることってありますものね。
ぜひ今度飲みながら一緒に盛り上がりましょう。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字